スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひぐらしのなく頃に 第16話 『目明し編 其の壱 初恋』

?アニメ ひぐらしのなく頃に 第16話 『目明し編 其の壱 初恋』 について?
※一部、原作を基に記していますので原作未プレイの人はご注意下さい。

【 目明し編 】
砂漠にビーズを落とした少女は泣いた。
少女は百年かけて砂漠を探す。

砂漠でなく海かもしれないと少女は泣いた。
少女は百年かけて湖底を探す。

海でなくて山かもしれないと少女は泣いた。
本当に落としたのか、疑うのにあと何年?


―――Frederica Bernkastel―――
【 彼女の決意 ?運命に あらが りし独りの少女? 】

―――彼女は姉とはまた違った過酷な運命を背負いし者。
彼女と姉は一卵性の双子…彼女という存在は園崎家にとって忌避すべき存在。
本家に代々伝わるしきたりによれば、跡継ぎに双子が生まれたならば、産湯に浸ける前に絞め殺すことになっている。
だが実際、彼女は今こうして生きている…何故か…。
鬼婆こと現園崎家頭首のお魎は彼女を産湯うぶゆに浸ける前に絞め殺そうとしたらしいが、
何のやり取りがあったのかは判らないが、お魎は彼女の命を見逃してやったのだという。
結果的に、先に母親のお腹から出た姉は??の一字を入れさせられ、
鬼の血を受け継ぐ園崎本家を継ぐ者として認定された。
そして、彼女は??の一字を入れさせられ、やがては出家させて寺に閉じ込められる者として認定された。
彼女は、2年間も閉じ込められていた全寮制のお嬢様施設(私立学園)を抜け出し、一つの運命に抗った。
彼女は各界の要人のご令嬢を預かる学園からの堅固な警備体制を潜り抜ける為に様々な努力を半年間もの間、続けてきた。
そして、それがようやく実った瞬間…学園を抜け出せる瞬間が彼女に訪れた。
しかし、彼女は何も知らなかった。
久しぶりに吸った娑婆しゃばの空気とは裏腹に、これから起きる全ての運命が惨劇の舞台になろうとは…
彼女自身でさえも予想だにすらしなかった。
やがて、彼女は姉の了承を得て、姉の姿となり、興宮おきのみやや雛見沢を堪能していくことになった。
そうするのには理由があった………園崎家に露顕されないようにする為だ。
ばれたら最後…彼女はそれ相応の覚悟を持って、あの脱出劇を果たしたのであった。
実際は、あまり園崎家に対する危機感を持っていなかったのは確かだが…。
彼女は興宮で独りの少年、悟史と運命的な出逢いを果たし、彼の優しい眼差しに見惚れた彼女は初恋をする。
だが…それも儚い一瞬の恋物語に終わってしまう…。
最後に彼女は嘆く。
私の人生はどこから狂ってしまったんだろう…。
悟史くん…悟史くん…悟史くん…悟史くん…悟史くん……………私も貴方の所へとちゃんと行けるかな…?



【 義郎叔父さんとの再会 ?連続怪死事件? 】
≪重要なキーワード≫
◇オヤシロさまの祟り 
◇綿流しの夜…古手神社の神主 (古手 梨花の父親) が奇病、原因不明の急死を遂げる。
          その妻 (古手 梨花の母親) が神主の後を追うように沼に飛び込んで原因不明の自殺を遂げる。



詩音は親類の義郎叔父さんから自分が居ない間…施設 (学園) に幽閉されていた時に起きた怪死事件のことを知った。
いずれも?綿流しの夜?に起きている。
 ・一年目…昭和54年6月にダム工事の現場監督がバラバラ殺人に遭う。(⇒祟り?)
 ・二年目…昭和55年6月にダム計画の凍結が決定していたにも拘らず、ダム推進派の北条夫妻が謎の転落事故を遂げる。
  (⇒祟り…?)
 ・三年目…昭和56年6月に古手神社の神主の突然の急死、そして、その妻が沼に飛び込むという原因不明の自殺を遂げる。
  (⇒祟り…!?)

三年目の神主病死と妻の飛び込み自殺…これにも?祟り説?に合致する部分があった。
神主はダム推進派の北条夫妻を敵視せず、あくまで日和見主義を貫き通した。
園崎家にとっては、同じ御三家の人間で反ダムのシンボルであるオヤシロさまを祀る神社の神主がそれを容認したことに
いささか納得が出来なかった。
だが、鬼ヶ淵死守同盟の中心にそびえ立つ一本柱であり、雛見沢村の大黒柱である御三家間でトラブルを起こしたくないことより、
神主への糾弾は一切、行なわれなかった。
しかしながら、一方で人々は異論を唱える日和見主義の神主に対し、きっといつかオヤシロさまの祟り、バチが当たると
陰口をヒソヒソと呟いていた。

三年目だけは、詩音が知らなかった事件だったこともあり、彼女自身は三年連続も起こったことに驚いていた。
詩音は、この時から?祟り説?というものに興味を持ち始めていた…。

【 詩音 & レナ ?経験者=体験者? 】
≪重要なキーワード≫
◇詩音による沙都子への恨み
◇オヤシロさまの祟り経験者
◇レナの凍えた目
◇ 『 悟史君が経験していることは、全てオヤシロさまの祟りの前触れなの。
(レナ)

悟史はバイトをし始め、コツコツとお金を貯めていた。
何故、悟史はバイトを突然し始めたのか…それは、沙都子が欲しがっていた?おもちゃ屋のショーケース?に飾られていた
?高額の巨大なぬいぐるみ?を誕生日にあげる為である。
そう、それが沙都子に対する唯一の癒し…慰めになるだろうと悟史は思っていたのである。


レナは悟史に直接、相談を持ちかけられていた。
悟史もまた…レナと同じような経験に今現在、遭っていたのである。
?ヒタヒタとずっと足音がついて来て…夜は枕元にまで立たれて見下ろされる…経験…?
レナは彼が雛見沢村から逃げたがっていたから、オヤシロさまがそれを許さなかったと詩音に言い放った。
このレナの?経験?は彼女が雛見沢に転校する前のこと…そこに起因している。

【 悟史 & 詩音 ?虐待という名の傷? 】
≪重要なキーワード≫
◇ 『 助けて! 助けてよ、にーにぃ???!!! (沙都子)
◇ 『 泣けばいいと思うな!!! 悟史くんに縋れば済むと思うな!!! お前さえ居なければぁぁぁ!!!!! (詩音)
◇ 『 沙都子を苛めないでなのです! 沙都子は可哀想なのです! 苛めては駄目なのです! (梨花)
◇ 『 沙都子が何をしたよ…僕たちが何をしたよ! 何で…いつも苛められなければならないんだよ!
   父さんや母さんを村ぐるみで追い詰めて、散々苛めて…そして、今度は僕たちが!!!
   それが園崎家のやり方なんだろう!?!?!?
(悟史)


悟史と沙都子は意地悪な叔母に、毎日のように叔母の手となり足となりながら苛められていた。
沙都子はもうこの時から既に周囲が全て叔母に視えるという一種の精神的ストレスから来る心の病気を引き起こしていた。
詩音は沙都子の実態を直接、目にすると、彼女の堪忍袋の緒がはち切れ、沙都子の頭を鷲掴んで投げ飛ばした。
そして、暴言を吐き、悟史に対する想いと混じり合いながら、我を忘れて沙都子を追い詰めていく詩音。
そんな沙都子を親友の?古手 梨花?がすかさず彼女の庇いに入った。
?何故、こんなことをするのです? 私たちは…私はただ一日一日を楽しんで過ごしたいだけなのに…!?
梨花はそんな隠れた想いをも宿した目で詩音に対し、強い眼差しで睨み続けた。
だが、詩音は我に返らなかった。
その時、沙都子を?苛めている?光景を目撃した悟史は、詩音に飛び掛かり、力いっぱいロッカーに叩きつけた。
詩音を睨む悟史の目は…表情は…恐ろしい程までの鬼の形相だった。
?私は…何をしているんだろう…。 悟史くんの大切な妹に…八つ当たりをしている…。 幼稚園児並の行為そのものだ…。?

【 詩音 ?悟史への想い…そして、祟りに縋る? 】
≪重要なキーワード≫
◇ 『 そう…初めて逢った時から私を拒絶するような目で睨んでくれたら、私は悟史くんに近づこうとは思わなかった…。
   私は願った…。 今年の綿流しで叔母と沙都子が消えてしまえばいいのにと…。


詩音は思い知った…。
悟史と沙都子の兄妹愛という絆…そして、園崎家との因縁関係…。
詩音は泣いた…。
しかし、同時に祟りに縋ってしまった。
オヤシロさまの祟り…。
?悟史くんを苛める意地悪な叔母と悟史くんを無差別に苦しめる沙都子の二人が居なくなれば…
私は悟史くんと一緒に居られる…!?
彼女の狂気は…既に…運命の歯車の中でうごめき始めていた…。
そう…祟殺し編での圭一の狂気の?発端?と同じように…。


(終)


【 悟史の苦痛 ? ?にじんだ日記? 】
※以下、反転すると見れます。 見たい人だけどうぞ。

沙都子は僕の背中に隠れ、しがみ付いて泣いていたので、
涙と鼻水で僕の背中は酷く濡れてしまっていた。
深夜の午前1時になっても、ヒステリックな叔母の暴言が続いていた。
だが、叫び続ける体力が続かなかったのか、ようやく矛を収めてくれた。
沙都子は叔母が居なくなっても、まだ自分が解放されたことに気付いていなかった。
だから、僕は優しく沙都子の頭を撫でながら、言ってやった。
 『 終わったよ…沙都子…。 もう、叔母さんの小言は終わったよ…? だから、ね…寝よう? 』
沙都子はやっとのことで生気を取り戻したが、再び僕にしがみ付き、声を殺しながら再び泣いた。
そんな妹の微かに震える背中を見る度に、沙都子は僕が護らなければならない…
僕以外に誰も護ってくれないことを思い出す。
 『 さぁ…歯を磨いて、それから布団を敷こう…。 そして、ぐっすり休もう…。 』
沙都子は弱々しい素振りを見せながらも、笑顔で頷き返してくれた。

頭がくらくらする。
全身の緊張が解けると同時に、突発的な睡魔が襲い掛かる。
沙都子が洗面台を使用している間、僕は用を足す為に便所に居た。
じょぼじょぼじょぼ…と、自分の小便が便器に注ぎ込まれるのを見て、僕は放心していた。
気を許すと、小便が便器から外れそうになる…いや、自分自身が便器に吸い込まれてしまう
錯覚に陥るような感じになっていた。
もう思い出すことも出来ない…。
今日の叔母は…何がきっかけで怒鳴りだしたんだっけ…???



【 悟史の苦痛 ? ?くしゃくしゃの日記? 】
※以下、反転すると見れます。 見たい人だけどうぞ。

いつものように永遠と続くヒステリックな叔母の小言がようやく今日も終わりを告げた。
時刻はまたしても深夜の午前12時を過ぎていた。
沙都子は緊張の糸が途切れると、ストンと崩れ落ち、僕の裾を掴んだまま、眠りに入ってしまったようだ。
僕は沙都子を背負って寝室に行き、布団を敷いてあげる。
 『 ほら、沙都子。 布団が敷けたよ…? 布団に入りな…。 』
沙都子は芋虫のように這って布団に潜り込むと、そのままぐっすりと眠りの境地へといざなわれていった。
それを見ると、僕も同じように布団に早く潜り込みたいという欲求に駆られた。
でも…まだ寝る訳にはいかない。
叔母さんにさっき頼まれた買い物…歯磨き粉のチューブを明日の帰りに忘れないように
買って来ないと…。 おそらく、メモして置いておかないと忘れてしまう…。
それから、電気釜に明日のお弁当用のお米をセットする…タイマーも忘れずに…。
そうだ、あと小言のきっかけになった洗濯場のタオルの山をちゃんと積み直しておかないと…
叔母にまた怒られる。
叔母は指摘事項がすぐに直っていないことが判明すると、とても怒るのだ。
あぁ…あと何だっけ。
そうだ、明日は八百屋さんの手伝いのバイトを入れて貰ったんだっけ…。
うん、エプロン持参って言われてたな。
あれ…うちにエプロンなんて…あったっけ…? 見たこともないや…。
叔母さんは登校の時間には寝ているから、もう聞く暇が無い。
どうしようどうしよう…せっかく魅音に紹介してもらったバイトなんだから先方を怒らせちゃ不味いのに…。
エプロンは…明日登校したら、魅音辺りにでも相談してみようかな。 きっと貸してくれるはず。
あぁぁぁぁぁ…まだ他にもあったっけ…? んぅ????んんんんんん。
寝床でぐっすりと気持ち良さそうに寝ている沙都子が羨ましい…。
そう思う…自分が…何だか悲しい………。



<感想>
リリカルマジカル」 のnanajigoさんも言っていましたが、tvkの最初の冒頭シーンの字幕には苛立ちました!(ぇ
もう解っていることなのに、わざわざ出す所が何ともやるせない気持ちになります。(T▽T) ⇒ 
さて…そんなことより、ひぐらし記事の仕様を変更してみました。
いかがですかね…概要をほとんど無くした分、私のオリジナルな部分を強調したので、スッキリしましたよね?(ぇ
特に問題が無ければ、こういう記事で今後はやっていこうと思います。
それに、少しだけ作業時間が短縮されたような気がします。
そういえば、あの不良三人組の意味不明な言葉遣いが原作並みで良かったですよ?。
そして、詩音の世話役の葛西の声が立木 文彦さんだったので渋かった!
>原作未プレイの方々へ
推理と心理描写での感動…どちらも楽しんでひぐらし世界を堪能していきましょう!
それだけが、私の望みです。
それと一応、感動を提供するように記事作成を心がけています。
上手く伝わらないかもしれませんが、そこの所はご理解頂けますよう…よろしくお願い致します。

次回タイトルは、 『 目明し編 其の弐 ケジメ 』 です。
詩音が園崎家としてのあるケジメをつけなければいけない運命に…。
これがまた痛々しいです…いや、本当に…肌で感じるものですからね!( ̄ー ̄;

<次回予告>
右手で左手を包む。
「あれが大丈夫なように見えるのかよ!」
遠くに雛見沢村のある山がみえている。
「だから、せめて一日くらい遊ばせてやりたいんだ」
走ってゆく後姿の幻影が、暗闇の中に消えていった
ウインドウには、あの巨大なぬいぐるみはなかった。
「参るも参らんもなぁんね。 三度あっちゃんは四度あるっちゅこっちゃなあ」
震える右手を器具の上に持ち上げる。
「口呼吸にするんですよ。 まあこうゆう匂いは目でも嗅げちゃうかな、なっはっはっ」
彼らは壁にぶらさげてある拷問器具の一つを、そこに置いた。
向かいの路上まで駆け抜け、悟史の肩をポンと叩く。


<ひぐらし内CM放送 ?DVD第一巻?>


スポンサーサイト

きろうさんまで、感謝です♪

>きろうさん

どうも~、きろうさん!

>次回予告の解読
労いの言葉、非常にうれしゅうございますぅ!w
初めてなんで、嬉しいですねぇ~。(多分w)

>TIPS
もう、これなくしてひぐらし世界は語れませんよね!w
確かに詩音が客観的に描かれているのが多いですよね…この先が不安になりますね;
ということで、え…私にTIPSを任したと?w
いやいや…ありがたいお言葉ですが、さすがに詩音のノートを全部載せるのは辛いですねぇw
まぁ、重要な部分は載せるつもりですが…。(何)
きろうさんも補完すれば…なお良いかと思います!(T▽T)

>次回
詩音のケジメ…。
確かに放送コードに引っかかりますわねw
中途半端には放送してもらいたくはないですが、まぁ…それなりに期待しますか!

>沙都子のアレなシーン
これって次回なんですか?w
後々のアレですよね…あの惨い…所…。
あぅあぅあぅ;

>激励
もう~、大感謝です!!!
皆がついている…この言葉を聴いたら、嬉しさで涙が溢れますよ~w
でっかい励ましの言葉、ありがとうございますです、にぱ~☆
[ 2006/07/24 17:27 ] [ 編集 ]

ありがたや~です!

>arurururuさん

どうも~、arurururuさん!
こちらこそ、TB返し&コメントありがとうございます!

今回も気合入っていると言われるだけで嬉しいです^^
詩音の寺の意味はアニメでも語って欲しかったですねぇ…。
悟史の日記ですが、おお…読んで下さって、ありがとうございます!
しかし、その文章からレナに愚痴をこぼした理由を見出すとは、さすがです!

>人の想いの掛け違い、惨劇
まさにその通りです…。
ひぐらしもさながら、現在の世の中にもそれは言えますよね。
本当、人間というのは特殊で何をしでかすか解らない生物ですよね;
だからこそ、自分で自分を規制しなければいけない…しかしながら、これまた難しいもので…。
最後はその人に宿る人間性が頼りになりますね。(ぇ

>オヤシロさまの祟り
叔母は一体、誰に殺されたのか…。
まだ厳密には明らかにされていない部分ですが、あ~…もうすぐでしたね…
祭囃し編でそれは明らかになるんでしょうね。
オヤシロさまは複数の人の意思で出来ている…。
ほうほう、なかなか鋭い指摘なのではないでしょうか。
全ての鍵は梨花ちゃんですなぁ~。

>冒頭シーン
う~ん、どうでしょうかね。
私もいきなりかよ!って思ったくらいですから…;
まぁ、視聴者に最初に見せておいて、更に混乱させるような想いにさせたかったのかもしれませんね。(ぇ

>追伸
相互リンクですか!!!大歓迎ですよ!!!
では、貼っておきますね~、よろしくお願い致します~!
[ 2006/07/24 17:07 ] [ 編集 ]

こんにちは!

>一歩さん

どうも~、一歩さん!

>詩音が生かされた理由と悟史の前触れと冒頭シーン
どれも気になりますよねw
でも、冒頭シーンはさすがにいきなりっ!という感じの描写でした…。
あのシーンは目明し編の最大の明かし所でしたからw
彼女は彼女を連れてどこに向かっているのか…それは、綿流し編をおさらいすれば解る筈です。

>沙都子
もう、可哀想可哀想…ですよね!!!(;;)
彼女が一番、不幸を味わっているのかもしれませんw
まぁ、でも…他のキャラたちだって…実は同じなんです…色んな意味でw

>原作未プレイ
私の記事を楽しみにして下さり、ありがとうございますです!(ぇ
何とかして、感動させるような記事を目指したいと思います!(何)
アニメでは伝えきれない所を伝える…何か胸が高鳴りますよ。(T▽T)

>次回
痛い痛い痛い…そんなものじゃないのかもしれませんw
どんな描写をしてくれるのか…私も楽しみにしておりますw
一歩さんは詩音が大好きですか! グッジョブですねぇ~w
結構、詩音が好きな人は多いのかな?かな?
私は言うまでもなく…にぱ~☆こと梨花ちゃん!w
[ 2006/07/24 16:51 ] [ 編集 ]

ありがとうございます!

>寂漣さん

初めまして~、寂漣さん!
TB返し並びにコメントありがとうございます!

>TIPS
そうでしたか~、ひぐらしが今は入っていない状態ですか;
やっぱり、TIPSでフォローしたいですよね~。
まぁ、あまり皆さんには好まれないのかもしれませんが、TIPSは載せていこうと思います!(T▽T)
これからもよろしくお願いします。
[ 2006/07/24 16:38 ] [ 編集 ]

こんにちは~無限さん。
いつもあの次回予告の解読ご苦労様です。

とうとう始まった解答編。
詩音が客観的に描かれてるのが激しく怖いと思うのですが。
そして、この編はTIPSとか必要ですよね。
悟史の日記とか詩音のノートとか。
でも、アニメでやらなくても無限さんが補完してくれるからまぁ良いか(ぇ

次回の詩音のけじめとか、沙都子のアレなところとか放送コードに引っかかりそうですよね。
どこまで放送してくれるのか。

ではでは。
無限さん、皆が貴方についている!
[ 2006/07/24 12:50 ] [ 編集 ]

TBありがとうございます。

こんばんは。
この度もTBありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

今回の記事も気合が入っていますね。
アニメでは語られていないような細かい点
(詩音の詩には「寺」が入っている・脱出の準備期間)など、
なるほど…と読みながら納得しています。
悟史の日記の部分で、レナに沙都子のことで愚痴をこぼした理由もわかりますね。
人の想いの掛け違いが惨劇を巻き起こすという【ひぐらし】同様に、
現在でも悲しい事件が後を絶ちませんからね。


叔母がいなくなるというのは、結局は誰が望んだ祟りだったのか…。
オヤシロ様は複数の人の意思でできているんでしょうかね。
あと3週間後には祭囃し編が手に入って判明しているのか(笑)

あとは冒頭のシーン、あれが何を意味していたのか、
あのまんまのオチだったら最初からネタバレしすぎで違うように思いますがはてさて…。

それでは、また~。

追伸・相互リンクなどしていただけると嬉しいのですが、いかがでしょうか?
[ 2006/07/23 22:45 ] [ 編集 ]

こんばんはw

目明し編第1話見ましたw
綿流し編の解決編ということで楽しみですw
となると、アニメの綿流し編の冒頭シーンも関わってくるのかなぁと思ったりしてます。

なぜ詩音は生かされたのかと、レナの言う「悟史の受けるオヤシロ様の祟りの前触れ」というのが気になりました。
それと最初の詩音(?)がズルズル魅音とお魎さんを引きずってどこかに行くシーンも気になります。
それにしても、祟殺し編のときもそうでしたが、あの沙都子を見てると胸が痛みます・・・

自分は原作未プレイなので、無限さんの感想はいつも楽しみにさせていただいてますw
アニメだけでは伝わりきれていない部分を補足してくださっているので、とてもありがたいですw

>次回タイトルは、 『 目明し編 其の弐 ケジメ 』 です。
>詩音が園崎家としてのあるケジメをつけなければいけない運命に…。
>これがまた痛々しいです…いや、本当に…肌で感じるものですからね!
痛々しい描写ですか・・・(;・∀・)
ひぐらしの描写はハンパなく怖いので今から少し緊張気味です・・・(ぁ
しかも、個人的にひぐらしの中で一番好きなキャラは詩音なので・・・楽しみなような怖いようなです・・w

それではw
[ 2006/07/23 22:05 ] [ 編集 ]

TBお返しします

無限さま
TBありがとうございます。
こちらからもTB返させていただきましたのでご確認ください。

うちのブログでも対応したTIPSの一部ををフォローしたいと考えていたのですが、
PCを新しくしたため、いま「ひぐらし」入ってないのでできなかったので、
載せているブログさまがあって安心しました。
これからも、良ければTBお願いいたします。
[ 2006/07/23 21:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://infinite3cosmos.blog66.fc2.com/tb.php/71-f5e5e0c0


★ひぐらしのなく頃に 第16話 「目明し編 其の壱 初恋」

【公式】冒頭、魅音か詩音かどちらかがどちらかを運んでる図。というわけで、目明し編
[2006/07/25 23:04] URL 48億の個人的な妄想

ひぐらしのなく頃に 第16話 「目明し編 其の壱 初恋」

沙都子… 悟史…orz
[2006/07/24 10:35] URL ブログ 壁

ひぐらしのなく頃に 第16話

「目明し編 其の壱 初恋」今回から解決編らしいです。声優目当てで見ているから別に...
[2006/07/24 05:33] URL アニメは声優 しゃっふる

ひぐらしのなく頃に 第16話

■ひぐらしのなく頃に■
[2006/07/24 04:22] URL King Of ヘタレ日記

ひぐらしのなく頃に 第16話 「目明し編 其の壱 初恋」

今回から解答編ですが、その初回からほどよく詩音が暴れまくっていますw以下、感想です。
[2006/07/24 01:27] URL 海ねこ&ムツゴロウ Continue!

ひぐらしのなく頃に 第十六話

 今回から解答編。  冒頭はお魎を縛って、魅音を引きずっている詩音?  当主の資
[2006/07/24 00:30] URL ぶろーくん・こんぱす

ひぐらしのなく頃に 目明し編 其ノ壱「初恋」

さて、今回から解答編ですね綿流し編の解答となる目明し編、主役は詩音。圭一が雛見沢に来る1年前の話かな、これは。
[2006/07/24 00:17] URL 黒たま放送部

ひぐらしのなく頃に 第16話「目明し編 其の壱 初恋」

ひぐらしのなく頃に 第16話「目明し編 其の壱 初恋」 今週から目明し編です。詩音ちゃんを中心にお話が展開していくようです。
[2006/07/23 23:56] URL 恋華(れんか)

ひぐらしのなく頃に 目明し編 第1話「初恋」

初のひぐらしアニメ感想ですw目明し編第1話見ました。すごく緊張してます・・・
[2006/07/23 22:35] URL Another Close Game ~一歩の気楽ブログ~

ひぐらしのなく頃に 第16話「目明し編 其ノ壱 初恋」

目明し編に入ります。詩音がメインの話みたいですね。予告どおり、伝説の人「悟史」が登場しますよ。そしてまた吹っ飛ばしシーンありw
[2006/07/23 22:15] URL ~MUDAI"無題"POWER~「アニメとか模型とかのブログ」

ひぐらしのなく頃に 第16話『目明し編 其の壱 初恋』

↑どこのお店の方ですか?
[2006/07/23 22:12] URL 魂の萌哮

ひぐらしのなく頃に・第16話

「目明し編 其の壱 初恋」 なるほど…今回は、詩音の視点で描かれる話なのか。 え
[2006/07/23 22:09] URL たこの感想文

ひぐらしのなく頃に 目明し編 其の壱 初恋 感想

ええっーーーーーーーーーー!!!!!!????? 暇潰し編終わってるよ!!ぬか
[2006/07/23 22:07] URL 幻想領域

ひぐらしのなく頃に 第16話 「目明し編 其の壱 初恋」

第16話 目明し編 其の壱 初恋
[2006/07/23 21:57] URL 二次元空間

ひぐらしのなく頃に 目明し編 其の壱 初恋

思い込んでしまった詩音が、大暴走する予感がしますね。
[2006/07/23 21:34] URL 猫煎餅の斜め下ブログ

ひぐらしのなく頃に 第16話

目明し編 其の壱「初恋」 学園から脱走を図る詩音。 「お勤めご苦労様です、詩音さ...
[2006/07/23 21:07] URL Todasoft Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。