スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ARIA The NATURAL 第15話 『その 広い輪っかの中で…』

?アニメ ARIA The NATURAL 第15話 『その 広い輪っかの中で…』 について?

【 過去から現在に至る未来への輪 ?マンホーム?灯里?アクア? 】
◇灯里とアイのメールでのやり取り(始)◇
灯里 『 アイちゃん? ネオ・ヴェネツィアはこの所、毎日が夏真っ盛りって感じです♪
    朝の合同練習は、いつも通り午前中に終わって、アリスちゃんは学校。
    いつもなら、この後、午後も藍華ちゃんと二人で練習するんだけど、
    今日は藍華ちゃんがお買い物の予定があるってことで、午後はお休みです。
    そして、アリア社長はというと…。
    猫好きのお客様のご指名で、アリシアさんと一緒にお仕事。
    という訳で、今日の午後の私は珍しく、一人っきりでランチしてます♪ 』

灯里は、独りで午後のティータイムを楽しんでいると、胡桃くるみパンを買った晃から突然、声を掛けられたので、
?自然の流れ?により、一緒にお昼を楽しむことにした。

灯里 『 空って…いつまで観ていても全然、飽きないですよね? 』
 『 うん。 』
灯里 『 でも、ずぅ?っと観ていると、空の真ん中に独りで居るような気持ちになって、
     少し…心細くなってしまいます…。 』
 『 (灯里のおさげを掴みながら) モ…ミ…コ!!! 』
灯里 『 はひっ!? 』
 『 恥ずかしい台詞、禁止だ! 』
灯里 『 ぇ???。(><) 』


何と、暁までもが兄から頼まれたという時計の修理の用事により、灯里の所を偶然にも通りかかったというのだ。
その後、仕事道具のパーツを買ったアルまでも…灯里の所へと偶然にも立ち寄る。
灯里の周り (テーブル席) にはだんだんと、小さな輪が出来始めていた…そう、ごく自然にと…。
当然のことながら、晃と暁はいつものように馬が合わず、睨み合いをし始める。
アルはそんな彼らの様子を見ると、昔から変わらないと言って、灯里に暁たちの過去を話し始める。

【 暁 VS 晃 ?アクアの平和の為に? 】
それは過去のお話。
暁とウッディが公園で滑り台で遊んでいた時のこと、晃とアリシアが彼らの元へやって来て、暁の遊んでいる様子を
観ていたら、遊び心に火をつけたのか、晃は暁に?俺たちも混ぜてくれ!?と仲間に入れてもらうように促した。
だが、急に失礼な奴であると暁はその無礼な晃の頼みを断り、ブランコの所まで行き、今は特訓中で忙しいと
突き放した。
特訓と聞いた晃は余計に面白くなってきたと遊びに対する好奇心が強まり、自分もブランコで遊ぶことにした。
暁たちは絶句した…。
晃はオバケのような顔をしながら?ケケケケケケケッ!?と叫びながら、立ったまま、超高速でブランコを
揺らしているのだ。
そして、最後は決まったポーズで空高くジャンプし、見事に着地に成功する。
暁は勝負という名の熱い魂が宿ったように、晃に挑戦状を叩きつける。
?どちらがアクアの平和を守るに相応しいか勝負?
晃は暁の言っている意味がさっぱりな顔であったが、いいだろうと了承した。
勝負は一本勝負…。
滑り台でより速く、より格好良く滑って、フィニッシュ出来た方を勝ちにするという簡単なルールであった。

晃は全くブレーキもかけず、速い速度のまま滑り、その勢いで格好良くジャンプし、見事なまでに滑り台を制覇した。
暁も負けずにブレーキなしで滑り台を滑る。
?俺には正義のマントがある…俺は飛べる!!!?とウッディの応援もあったおかげにより、
暁は決死の覚悟で滑って行くことが出来た。
これも不運と言うべきか…ジャンプした所までは良かったが、その後の空中で暁はクルクルと回転してしまい、
着地など出来るはずもなく、うつ伏せになって着地を失敗してしまった。
そんな暁の燃え上がる闘志を垣間見た晃は素直に自分の負けを認め、その男意気に敬意を表した。

だが、暁はそんな晃の戯れ言に耳を傾けることは出来ず、勝負後の公園雑談会で自分の負けであることを
晃に主張した。
そして、暁は晃に言った…?アクアの平和はお前に任せる!?と…涙ぐみながら。
しかし…晃は暁に返した…?俺様の為に、このアクアがあるんだ!?と…腕を組みながら。
一同は晃の発言に歓声をあげた。
暁は、そんな晃の男意気に心を打たれ、?兄貴と呼ばせてくれ!?とお願いした。
晃は断るとすかさず言い、この元気で無邪気で遊び心の魂が宿った物語は終焉を迎えた。

アルが灯里に暁たちの過去の思い出を話して、早くも数時間。
景色は茜色に輝く夕暮れ空へと変わっていた。
そんなアルの話をいつの間にか耳にしていた暁は、?アイツこそ男の中の男?であると懐かしがっていた。
暁は、過去のアイツが??であることを未だに知らなかった…。
そうこうしていると、突然、灯里たちのテーブル席に座っている一人の声が響いてきた。
『 あらあら、懐かしいわねぇ?♪ 』
そう、アリシアだった。
彼女もまた、偶然にも仕事の帰りに灯里たちの姿が見えたからと言って、立ち寄っていたのであった。
灯里はアリシアに何故、懐かしいと言ったのかと訊ねた。
アリシアは晃の方へと振り向き、昔の過去を楽しそうに話し始めた。
暁は驚愕した…まさか、あの時の?俺様師匠?が??本人だったとは…と。
晃はその思い出の記憶が全く無いようで、真顔でアリシアにそんなこともあったのか?と訊ねるくらいの様子であった。
暁は今の晃に、あんなに逞しかった兄貴が今や、こんな女装趣味の優男に落ちぶれていたとは…と


今や、灯里の周りには5人 (うち、アリア社長一匹も含む) も集まり、まるで…彼女の周りに行かなければ、
想い出が語れない程の賑わいを見せていた。
灯里は、そのアクアでの過去の輪に入ることが出来ず、自然とテーブルの席から外し、自分はマンホームでの輪に
しか入ることが出来ないと呟いた。
そんな灯里に晃は、 『 今はもう、一緒にクルクル…輪っかの内側じゃん! 気付いてなかったのか? 』 と灯里を
真ん中に誘導させ、暁たちのテーブルへと一歩、近づかせた。
暁も、アルも、アリシアも、アリア社長も…皆、灯里の存在はもう既にアクア色に染まっていると言っているかのように、
自然と小さな輪の中へと歓迎していた。
灯里は笑顔で、 『 そうですよね…。 』 と皆の優しさの想いをそっと心に仕舞い込んだ。
いつしか…それは自然と…彼女は…アクアの星によって、温かく包み込まれていた…。

―――過去からの想いと共有し、現在の想いを形にし、
そのイメージを未来へと繋げていく。

   灯里は自然の想いを…星と星との想いを共有させた
?自然な心?を持っていた。―――


【 灯里 & アイ ?灯里の想いメールはアイを包み込んで…? 】
◇灯里とアイのメールでのやり取り(終)◇
灯里 『 アイちゃん? 独りぼっちの休日だった筈なのに、
    気が付くと私は、皆の輪の中に包まれていた…。
    それは、アクアに居る私を包んでくれる…
    とても広くて、とても素敵な輪っかだったんだよ♪ 』

アイ 『 素敵な話だねぇ♪
   灯里さんを包んでいる輪っかは、マンホームにも届いていて、
   私も包んでいるのかなぁ?
   灯里さんは、?二つの星の輪っか?を繋いでいるんだねぇ?♪ 』



(終)


【 想いのメロディ ?未来は自分の想いで出来ている? 】
―――過去の灯里を包み込んでいるのは母なる星 マンホーム。
現在の灯里を包み込んでいるのは水の星 アクア。
そして、未来の灯里を包み込んでくれるモノは…何だろう?
それは、決して言葉で言い表すことが出来ない。
なぜなら、灯里の未来は灯里の想いが奏でるメロディそのものだから。
さて…貴方は、どんなメロディを奏でるの?―――


【 灯里を包む輪 ?でっかい簡略図?? 】
間違っているかもしれませんが、こんな感じでしょうか?( ̄ー ̄;
でっかい簡略図

<感想>
今回のアリアのお話…とにかく凄かったです。(ぇ
なぜなら、幼い頃の晃のケケケ顔が 「ひぐらしのなく頃に」 の綿流し編の魅音に何故か観えてしまったり、
幼い頃の暁が 「I can fly?!」 と叫んでいるかのように飛んでいたからであるw
暁はまぁ、エウレカセブンのレントン役の人、三瓶由布子さんだったから、余計に…。( ̄ー ̄;
そういえば、今回の話の?輪?を何となく簡略したものですが、作ってみましたw (こんな所?)
いや?話はさすがに素晴らしい…。
個人的に嬉しかったのは、前回の灯里の想いを焦点に充ててくれていた所です。
スタッフさんの誰かが私の前回の記事を読んでくれて、それを参考にしてくれたのだろうか!?
(訪問者数なども含め、色々な意味でそれは絶対にありえない!)
それ以前に、もうこの話は制作されていますね、はいw (以上、でっかい戯れ言でした)
灯里は、マンホームとアクアの二つの星の輪を繋いでいる…でっかい名言です!
いや…アイちゃん、恐るべしw
だが…野望は捨てない…恥ずかしい台詞 (文章) 対決で、いずれ、アイちゃんに勝ってみせる!!!(ぇw

さて、来週のアリアさんのタイトルは…
『 その ゴンドラとの別れは… 』
藍華 『 ……………………………。 』
アリス 『 ……………………………。 』
灯里 『 どうして、そこで二人とも黙っちゃうの? あれ…私…何で…涙を流しているんだろう…!? 』

スポンサーサイト

どうも~。

>AGASさん

どうも~、AGASさん。
いつも感謝です!!!

確かに最後の方では作画が酷かったですね…。
アリシアさんが怖かったですw
ほう、作画監督・作監協力会わせて5人も居ましたか。
う~む…相当、厳しい現場になっている模様ですねw

>作画崩壊は命取り
はい、でっかいその通りです。
ARIAの世界は作画がしっかりしていなければ成り立たないでしょうね~。
ARIAの癒しの雰囲気がキャラの出来具合に影響し、それが上手く調和されてこそ、本当の癒しが体感できる作品となるのでしょうw
何はともあれ、スタッフの方々には頑張って欲しいですね。
[ 2006/07/15 15:20 ] [ 編集 ]

TB失礼します。

灯里の周りに皆が集まってくる・・・
今回、非常に良い話だっただけに、ラスト周辺の作画が崩壊してて残念。
ED見ると、作画監督、作監協力あわせて5人も居たのが気に成りました。
現場は切羽詰ってるんでしょうかね。
この作品は雰囲気重視だから、作画崩壊は命取りですよ。
ではでは。
[ 2006/07/15 04:37 ] [ 編集 ]

それまた嬉しいですよw

>観鳥さん

どうも~、観鳥さん。
ARIAコメント、でっかい感謝です!

おっといきなり、恥ずかしい台詞ですか!!(T▽T)

>『想いは巡る、くるくる回る。そしていつか、私たちの所に、還ってくるんですよ~』
『巡り会い、線延ばし、輪を結ぶ。わっかを通して手をつなぎ、重なり合わせ、繋がり合う。そうして幾重にも、輪は拡がってゆくんです。』
⇒ これは、クラナドの台詞を使った観鳥さん独自の台詞なんですねw
 しかしながら、クラナドはやったことがありません…ごめんなさい;
 Kanonならアニメは観たので、少しは解るのですがね…。(ぇ~
 でも…多分、忘れていますw
 
 想いは巡って、いずれは輪となって、自分たちの元へと還ってくる。
 だからこそ、星と星とを結ぶ巡り会わせが起きる訳ですね!
 ここでまた、深く考えさせられましたよ~。(T▽T)
[ 2006/07/14 23:07 ] [ 編集 ]

成り行きでARIAから

『想いは巡る、くるくる回る。そしていつか、私たちの所に、還ってくるんですよ~』
『巡り会い、線延ばし、輪を結ぶ。わっかを通して手をつなぎ、重なり合わせ、繋がり合う。そうして幾重にも、輪は拡がってゆくんです。』

クラナドのゆきねぇの台詞アレンジ+自分でお送りします。
ちゃんと『台詞』になってるか、余り自信はないないが、ここらで。では
[ 2006/07/14 02:25 ] [ 編集 ]

良い癖ですね♪(ぇ

>有閑人さん

どうも~、有閑人さん。
またまた、ありがとうございます!

>有閑人さんのお土産
あはは、そんなに褒められるとは…でっかい嬉しいですねぇ~w
行間読みのプロとまで言って下さるとは…これで、一歩アイちゃんに近づけましたかね?(ぇw
という訳で、これからも深く読み取っていく努力をいたします!
力作を楽しみにしていますよ。(T▽T)

>ARIA的定量・定性分析
うわぁ~、素晴らしいですねぇ!w
これを見ると、高校時代や大学時代を思い出しますw
っと、まだ未完成のようですね。
しかし、親密度と信頼度という形で表すとは…でっかい難しそうですね;
数値だから、尚更…ですね。
無事に完成することを祈っておりますよ!
何か、こういう面で創ってみるというのも面白いですよね。
次回から、何かこういったことも取り入れてみようかなw
まぁ、時間が余っていたら・・・ですけど。
[ 2006/07/13 22:26 ] [ 編集 ]

悪い癖をば・・・(汗)

またまた、こんばんARIA♪

灯里の気持ちに寄り添うような晃さん、そして“内側”を思い起こさせてくれたやさしさ、気のおけない仲間たちにでっかい涙です!
晃さんというと、いつも怒っている感じなので(汗)
さすが! 鋭い! 無限さん!
行間読みのプロですね。最後のアリスちゃんの言葉に“喧嘩するほど仲がいい”の意味を込めてアレンジしてみました。

そして、無限さんのでっかい簡略図に対抗して・・・
親密度と信頼度という軸で、ARIA的定量・定性分析なるものを考えて見ました(汗)
図表→放射状のグラフとまでできたらいいなぁと・・・
まだ、でっかい未完(汗)、数値を入れてません(汗)
定量の方はいいのですが、定性の方はいかんとも・・・
でも、数値化はむりかなぁorz

図表(仮)⇒http://blog7.fc2.com/y/yuukansimin/file/20060712223248.jpg
※図表が小さくて、字がつぶれていたらすいません。ちなみに、1~5とか、1~10とかの指数でいこうかと・・・
[ 2006/07/12 22:41 ] [ 編集 ]

ほむ…(ぇ

>武流古さん

どうも~、恥ずかしい台詞伝道師のARIA武流古さん。(ぇ
っていきなり、攻撃されたw
だが、それは私への攻撃ではなく、コメントをして下さった人々の心を温める素敵ポイントだったのかぁ~~!?w
初っ端から、恥ずかしい台詞にやられました…ありがとうございますw

>今回のテーマ 「昔と今をつなぐ人々の輪」
でっかい、その通りですね。
ARIA武流古さん 「くるくるメリーゴーランド。 それは人々をつなぐ、素敵なストーリー。」
うお…こりゃぁ、素敵にまとめてくれましたねw
メリーゴーランドの輪で今回の話を表現するとは…さすがは伝道師。
おっと、そんな伝道師が恥ずかしい台詞、禁止ですか?と私に訊ねるのは愚問ですw
そう、革命家の私には言うまでもありません!(ぇ
ARIA魂、ここに在り!!!(T▽T)
[ 2006/07/12 21:14 ] [ 編集 ]

アイちゃん=にぱ~☆?(ぇ

>きろうさん

どうも~、きろうさん。
コメント大感謝です!

>でっかい簡略図
はい、灯里は中心に位置していますねw
自分で作って言うのもなんですが、灯里は誰とでも気軽に仲良くなれる宇宙一の共感人なのかもしれませんねw
(恥ずかしい台詞、禁止ぃぃぃw)

>幼少の頃の暁
実はレントンの声だったのですw
きろうさん 「暁が滑り台で飛ぶ時、I can fly といって欲しかったですね~。」
でっかい同感ですw
パクリでもいいから、言って欲しかったですね。(ぇ

>アイちゃん
何だか、ひぐらしの梨花ちゃんみたいな台詞を次々とメールで言いますよねw
彼女の文章を書く力は…一体…どのくらいでしょうw
未知数!?w
きろうさん 「そんな素敵(恥ずかしい)セリフの天才に無限さんが勝つことを期待してます!w」
ということで、ありがとうございますw
いずれ、勝ってみせる!!!と思いつつ、最終回まで一度も勝てないんだろうなぁ…と弱気な意気込みです。( ̄ー ̄;
[ 2006/07/12 21:07 ] [ 編集 ]

こんばんは!

>おちゃつさん

どうも~、おちゃつさん。
コメント、でっかい嬉しいです!

>晃のケケケ
インパクトありすぎで、まるで世界がひぐらしのように感じられましたw
おちゃつさんは、最後のEND画面が気に入りましたか!
あはは、晃が超デフォルトな顔で飛んでいる所ですねw
今回の中吊り大賞に入る絵かもしれませんね。(ぇw

>TB
おお…そんなツールがあったのですか!
そうなんですよ…アメブロさんとココログさんなどには高確率で送れません;
という訳で、ツールの情報を提供して下さり、ありがとうございます!
次回から使ってみようかと思います!
でっかい感謝です!
[ 2006/07/12 20:54 ] [ 編集 ]

でっかい恋心!?w

>有閑人さん

どうも~、有閑人さん。
でっかいお土産、いつも感謝ですw

>今回の感想
おお…さすが、素晴らしい展開ぶりですw
灯里の思い出し笑いから現在の暁と晃との勝負へ。
しかも、その勝負はアームレスリングですかw
オチは、フライングして晃の勝ち!
でも、更にオチがあった…。
実は暁と晃は視えない糸で惹かれ合っている!?w
だからこそ、過去の出逢いを果たし、現在になってようやくあの時の想いを共有できた…。
小さな恋の輪っかが芽生えていたんですねwww
[ 2006/07/12 20:47 ] [ 編集 ]

うむ…

恥ずかしい台詞伝道師が現れた!
恥ずかしい台詞伝道師の攻撃!
「かがやく冷たい、されどその冷たさから奏でるオーロラは人の心を暖めるヒャダルコ」を唱えた。
ここにコメントを書いた人達に約52の素敵ポイントを与えた!

こんにちARIA武流古です。(苦笑)
今回のテーマは昔と今をつなぐ人々の輪のお話でした。

くるくるメリーゴーランド。
それは人々をつなぐ、素敵なストーリー。

恥ずかしい台詞禁止ですか?(苦笑)
[ 2006/07/12 16:48 ] [ 編集 ]

アイちゃん素敵過ぎ

無限さんの作った、でっかい簡略図をみると灯里はでっかい輪の中心にいますね。
社交性ありまくりですよw

暁の子供の声はどっかで聞いたことあるなぁと思ったらレントンでしたか!
なら、暁が滑り台で飛ぶ時、I can fly といって欲しかったですね~。

そして、いつもながら、アイちゃんは子供とは思えない素晴しい(恥ずかしい)セリフを残しますね。
彼女は詩人の才能がありますよ。
そんな素敵(恥ずかしい)セリフの天才に無限さんが勝つことを期待してます!w

[ 2006/07/11 23:08 ] [ 編集 ]

こんばんは~!
ブランコのときの過去晃の顔は凄かったですね。インパクトありすぎです。
僕は今回の最後のEND画面がとっても気に入りましたw

あとFC2のせいでTBがうまく行かないときはぶろっぐぴんぴんっていうツール使うといいですよ
うちもアメブロとかココログにTB送れなかったのがこれだと送れるようになりました。
これ使ってもダメなところはありますけど。
[ 2006/07/11 22:55 ] [ 編集 ]

“勝手にARIA” 「その リベンジの行方は・・・」

灯里:「あっ、藍華ちゃん、お買い物どうだった?」(笑)
藍華:「うん、まあね。それにしてもやけにご機嫌ねぇ」
灯里:「私はね、うふふふ・・・ ネオ・ヴェネツィアを独り占めできたし、それと輪っかの中ww」
藍華:「いやーねぇ、思い出し笑い? なぞなぞなわけ?」
何気に横にいるアリスちゃん。
アリス:「灯里先輩、でっかい壊れてます」
・・・・・
暁:「しかしなんだなぁ、何で少年だったんだ? 趣味か?」
晃:「いいだろ、別に!(怒)」
暁:「ふ~ん」(疑念の目)
晃:「サー!! 何か文句あんのか! それともまた勝負すっかー!!」
暁:「おう、受けて立とうじゃないか!!」
ということで、アームレスリングが・・・
アリシア:「二人とも、準備はいい?」
晃:「こっちはいつでもいいぞ」
暁:「もちろんですよ、アリシアさ~ん」
アリシア:「じゃあ、レディー・・・ゴー!! がんばれ! 二人とも!ww」
晃:「よっしゃ! 勝った!!」
暁:「おい、フライングだ! ずるいぞ、こら!!(怒) 子供の頃から変わらんな!!」
晃:「なにー!! 鼻の下伸ばしてるお前が悪いんだろ!!(怒)」
・・・・・
灯里:「何でこの二人は、血の気が多いんだろう?orz」
藍華:「まったく。何があったか知らないけど、仲がいいんだか悪いんだか?」
アリス:「ですね・・・(二人はもしや、恋の予感?)」(ちょっぴり赤面)
灯里:「とんだ輪っかだぁ。二人とも仲良くしてくださいよ~(汗)」
[ 2006/07/11 19:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://infinite3cosmos.blog66.fc2.com/tb.php/60-8800e1a0


ARIA The NATURAL 第15話『その 広い輪っかの中で…』

 「灯里さんは、?二つの星の輪っか?を繋いでいるんだね」  1人でお昼を食べる灯
[2006/07/19 09:45] URL スリングの雑記帳

「ARIA The NATURAL」第15話を見た。

 こんばんは。だんちです。「ARIA The NATURAL」第15話をテレビ東
[2006/07/17 19:58] URL 妄想界の住人は生きている。

ARIA The NATURAL 第15話 その 広い輪っかの中で…

そぶ心の俳句 もみあげは そっと掴んで あげましょう え?もみあげじゃない?
[2006/07/12 22:51] URL SOBUCCOLI

ARIA The NATURAL 「その 広い輪っかの中で・・・」

Italy世界制覇おめでとうネオベネツィアの本家があるItalyお祝いと一緒にARIAの感想
[2006/07/12 12:59] URL 自由で気ままに ~L'ala di liberte&agravei~

ARIA The NATURAL 第15話 その 広い輪っかの中で・・・

今週の話は、なんかいいなぁぁ~今までの話の中でも一番スキかも。。。
[2006/07/12 08:05] URL 木下クラブlog

★ARIA The NATURAL 第15話「その 広い輪っかの中で…」

【公式】珍しく午後、一人の灯里。晶さんとバッタリ。晶さん久しぶりに登場♪一緒にラ
[2006/07/12 02:12] URL 48億の個人的な妄想

ARIA NATURAL・第15話

「その 広い輪っかの中で…」 皆に用事があり、珍しく一人で昼食を取る灯里。と、そ
[2006/07/12 00:11] URL たこの感想文

ARIA The NATURAL 第15話「その 広い輪っかの中で・・・」

ARIA The NATURAL 第15話「その 広い輪っかの中で・・・」アクアの平和を守るために日々修行する暁。
[2006/07/11 23:04] URL 恋華(れんか)

ARIA The NATURAL 「その 広い輪っかの中で…」

晃や暁の子供の頃に登場してくるということは、アルは童顔だったのですね。
[2006/07/11 06:54] URL ゼロから

ARIA The NATURAL 第15話

第15話「その 広い輪っかの中で…」 珍しく一人きりでランチしているという灯里。...
[2006/07/11 00:58] URL Todasoft Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。