スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第9話 『11月22日 三年生と一年生 (ヒロ視点) / 5月21日 泣く女 (ゆの視点)』

アニメ ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第9話 『11月22日 三年生と一年生 (ヒロ視点) / 5月21日 泣く女 (ゆの視点)』

【 ゲルニカ ?呪いは合谷を押して治せ? 】
ピカソの代表作「ゲルニカ」。
この描写の中に「泣く女」が描かれている。
その天にも叫んでいるかのように見える「泣く女」は、作品『泣く女』に影響を与えた。
『泣く女』の描写には青・赤・黄・赤・緑・オレンジ等を使い、過剰表現をする為に狂った波調を
施したものだとされている。

〔ピカソの作風経緯〕
古典調 ⇒ 立体派 ⇒ 超現実派・抽象派 ⇒ 表現派

『泣く女』と酷似した石像に石を当てると、ピカソの非凡な天分を与えられるといわれる。
それは、ただの迷信。
与えられた者によって、受ける感覚は異なり、中には呪いと受け取る者も居る。
呪いとは、絵を描く時に手が震えてしまう症状のこと。
その呪いは?合谷ごうこく?と呼ばれる指のツボを押すことにより、解消される。
合谷は手の背面の親指と人差し指の間にあるツボのことである。
そのツボを押すと肩こり、歯痛、眼病、文字書きやパソコン操作による指の疲れや痛みなどに効果があるという。
だから、これは呪いではなく迷信。
迷信は人を惑わすが、個々の?感受性?によって克服することができる。

明日からいつも通り、絵が描けそう♪


第9話 (動画)
以前、ひだまり荘に住んでいた3年生二人の雰囲気や顔が、初代プリキュアの二人に似ていた。(ぇ

次回 第10話 『5月28日?6月2日 ひだまりパレット
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://infinite3cosmos.blog66.fc2.com/tb.php/574-d8259608


ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第9話「11月22日 三年生と一年生|5月21日 泣く女」

最初にこれを見た時、一瞬番組間違えたかと思いました・・・みさと先輩、存在忘れててゴメンよ・・・。
[2010/03/12 03:33] URL ボヘミアンな京都住まい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。