スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最終考察 ひぐらしのなく頃に

最終考察ひぐらしのなく頃に 』 (著 KEIYA  発行 メディアワークス)
これは、 「ひぐらしのなく頃に」 が大好きで堪らない人にとってはかなりのお薦め本だと言えます。
だから、私は購入してみたのですが・・・。
中身を見たら、予想以上に細かい考察がなされていて、現在、感服中です。
原作での疑問点が次々と?エンターテイメント?として語られているので、誰にでも楽しめることでしょう。
もちろん、原作の出題編&解答編&礼の全てをプレイした方、アニメを最後まで視聴した方やPS2の祭を最後までプレイした方などが
推奨とされていますがね。
まぁ、ひぐらしという世界観を理解していないと、この本を買う意味がありませんよねw
いずれ、この本を参考にまたクイズなど出していけたらなぁ?と思っています。 (誰もやらないと思うが)
やっぱり、自分は最後の?母上…?という言葉が、ひぐらしの原点の原点を表しているものだと今でも信じています。
アニメでは全然、描写されなかった気がしますが・・・ね。 (多分、ひぐらし礼の原作+αを今度、アニメ化して描写するのかな・・・。)
原作者の竜騎士07先生も推薦のこの書籍は、ファンにとっては最愛の娯楽書となるに違いありません。
カラーイラストも見応えあり! 若干、価格は高いですが、それほどの価値はあると考察します。

そういえば、アニメ 『 true tears 』 が最終回を迎えました。
最後は・・・あの人と結ばれる訳となったのですが、少し悲しいですね。
まぁ、演出的にも最後のシーンは良かったんじゃないかなぁと、いささか思っています。

あの禁宝・・・鬼狩柳桜のTIPSの考察までもあります。 感無量。
スポンサーサイト

どうもです!

>laxumi's blogさん
訪問&でっかいコメントありがとうございます。

いやはや、素敵なブログと言って下さるとは嬉しい限りです。
できれば、ジャンルが一緒だったら良かったですね。

とにかく、種類は違えど、ブログ運営頑張って下さい。
訪問ありがとうございました~。
[ 2008/03/31 23:11 ] [ 編集 ]

素敵なブログですね^^

たまたま通りかかったので
コメントさせていただきます

私のブログの方も
ランキング状況だけでも
見ていただければ 御の字 ですw

失礼しました


[ 2008/03/31 14:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://infinite3cosmos.blog66.fc2.com/tb.php/382-aab53d8c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。