スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひぐらしのなく頃に 解 第6?8話 『皆殺し編 其の壱?其の参』

?アニメ ひぐらしのなく頃に 解 第6話 『皆殺し編 其の壱 迷路の法則』 について?
?アニメ ひぐらしのなく頃に 解 第7話 『皆殺し編 其の弐 運命の変え方』 について?
?アニメ ひぐらしのなく頃に 解 第8話 『皆殺し編 其の参 揺らぎ』 について?
※Frederica風による語り (オリジナル文章) で書き記しています。
※管理人はでっかい原作既読者です。
※6・7・8話のまとめ記事です。 が、まだ途中までの作成ですので、完成するまでしばしお待ちを。

【 皆殺し編 】
※原作より抜粋。

井戸の外の世界が知りたくて。
私は井戸の底から這い上がろうとしました。

井戸の外の世界が知りたくて。
何度、滑り落ちて全身を打ち付けても上り続けました。

でも気付きました。
上れば上るほどに落ちる時の高さと痛みは増すのです。

外の世界への興味と全身の痛みが同じくらいになった時、
私は初めて?蛙の王さま?の言葉の意味が解りました。


―――Frederica Bernkastel―――
【 皆殺し編 其の壱 迷路の法則 】
ふふ、いよいよ私の出番のようね。
では、カケラとはどういうものか・・・、そんな単純で当たり前のお話をするわね。

カケラとは即ち、雛見沢の様々な世界・在り様を示す水晶玉と思ってくれればいいわ。
その水晶玉を私は外から視ているのだけれど・・・ね。
最も、古手 梨花の歩む人生しか視れないのだけれど・・・ね。
つまり、彼女が死ねば私も死ぬ。
そんなことはどうでもいいわね、くすくす。

さて、次に雛見沢に存在するルールを簡単に示しておきましょうか。
誰でも理解できる単純明快な三つのルールを提示するわ。

?前原 圭一、園崎 詩音、竜宮 レナのように、特定されないランダムな人物が極度の疑心暗鬼に陥り、
様々な凶行に走っていく。
?富竹 ジロウが喉を掻き毟るという奇怪な死を遂げ、鷹野 三四が岐阜県山中にて絞殺された後に焼死体で
発見されるという、昭和58年の綿流しの祭における必然的犠牲者たち。
?大石 蔵人や鷹野 三四のように、黒幕で在り続けるというブラフの存在でもある園崎家が本当に黒幕であると
信じている土壌の存在。

一個一個、整理してみましょう。
まず、?のルール。
悩みがあるなら誰かに相談する、こんな簡単なことが出来なくて、ただただ孤独で在り続けた悲劇な者たち。
最初に考えて欲しいのは、何故、仲間に相談することが出来なかったか?・・・ということね。
もう解ると思うけど、彼らは孤独でありたかった訳じゃない・・・、孤独になるように・・・本能的にそうなって
しまった訳なの。
いいえ、もっとはっきり言いましょう。
彼らの妄想、極度の疑心暗鬼が??に宿ってしまい、各々は通常の人間的な行動を全うすることが出来なかった。
罪滅し編での竜宮 レナが鷹野 三四のスクラップ帖に感化されて導き出された?寄生虫説?が、最もなヒントね。
自分を制御し切れなかった、哀れな結末。
そう、彼らは?本来の自分?を見失っていただけ・・・。
入江 京介が?北条 沙都子の症状?について、?L3(レベル・3)?と口にしていたけれども、
それが一つの答えなのでしょう。
これも、雛見沢特有の事象ということね。

次に、ルール?。
初めて、喉を掻き毟るという奇怪な事件が起きた訳だけれども・・・。
富竹 ジロウは自発的に喉を掻き毟ったものではないと、誰もが気付く。
鬼隠し編での前原 圭一が良い例ね。
彼の最期も、喉を掻き毟るという、ある意味、自殺的な意味も込められた死に方だったけれども、奇怪な死に方だった。
でも、彼は自殺でなかったのは当然よね?
ここで導き出される答えは、鬼隠し編の前原 圭一と富竹 ジロウの死に方が同じであること。
前原 圭一もそうであったように、富竹 ジロウもまた、?自殺?ではないことは明白。
喉を掻き毟る・・・喉・・・リンパ腺・・・痒み・・・。
それは、痒みが原因である皮膚病の一つ・・・?アトピー性皮膚炎のような症状?が強まったものに値するわね。
まぁ、その病気とは全然、違うのでしょうけど。
ここまで来ると、?医学的な要素?が必要となってくる。
そう、雛見沢特有の要素が・・・ね。

最後に、ルール?
綿流し編・祟殺し編・目明し編を全て繋いでみると、園崎家が黒幕であることは無いと推測できるわよね?
綿流し編・目明し編では、園崎家現頭首の園崎 おりょうが、疑心暗鬼に囚われた園崎 詩音に殺される。
祟殺し編では、園崎家は愚か、雛見沢の住人が全員、死ぬという悲惨な結末を迎える。
これらから導き出される答えは、園崎家は黒幕ではないということ。
つまり、彼らは黒幕をあくまでも雛見沢において演じ続けていたということ。
それは、数百年にも及ぶ?伝統的なブラフ?が存在していたから。
ある意味、園崎家のしきたりのようなものを感じるわね。
それと、もう一つ。
大石 蔵人と鷹野 三四の二人の存在だけど、この二人はあくまでも園崎家が何かしらの暗躍を働いていると
勝手に?思い込まされてしまっている環境?に囚われた存在なの。
それだけの役目だった筈の二人なんだけど、雛見沢村においての?コマ的役割?を果たしてしまっていることに気付いた?
答えは簡単。
彼らはルール?の人物たちに、更なる疑心暗鬼を植え付けてしまっているということよ。

今までの経緯をまとめると、ルール?とルール?は個人と環境の面において、共通的な?悪意?の繋がりがあること。
そして、大石 蔵人と鷹野 三四の存在(ルール?)は、二乗の疑心暗鬼を生み出しているという、ルール?の?温床?と
なっていること。

こんな私の説明で理解できた人は少ないでしょう。
だからこそ、惨劇を回避するにはどうしたらいいのか、貴方自身も考えて欲しい訳だけれどもね、くすくす・・・。


【 皆殺し編 其の弐 運命の変え方 】

前原 圭一、竜宮 レナ、園崎 詩音・・・。
疑心暗鬼に誘われ、凶行に至ってしまったランダムな者たち。(ルール?)
彼らはその記憶の一部を覚えていたわね。
それが吉と出たのか、彼らは・・・?自らの意思?で凶行を繰り返すという過ちを回避させた。
確実に・・・、サイコロの目は?奇跡の目?を紡いでいる。
でも、所詮はサイコロだということに気付いて欲しいわね。
奇跡は存在しない、奇跡は信じることから現れ始める。
全ての事柄を理解し、全ての者たちが信じ合わなければ、奇跡は生まれない。

だから、自らの結末を知っている古手 梨花が真っ先に動いたわね。
これは、梨花が罪滅し編での前原 圭一から諭されたことが発端。
そこから、梨花は前原 圭一の意志を感じ取り、自らの?生きる希望?を抱き、?運命に抗おうとする意思?を培った、
ということね。
絶対的運命に殺される二人の存在・・・、富竹 ジロウと鷹野 三四。
彼らを救う為に、彼女は動いた。
鷹野 三四のご機嫌を良くしようと開かずの祭具殿の中を無断で通し、それを口実に?約束?をさせた訳よね。
そう、富竹 ジロウと鷹野 三四の二人に、必然的犠牲者となってもらわない為に、自らの身の危機管理を委ねさせ、
警告したのよ。
だけど、彼らは・・・それを?唯の子供の戯言?として取り扱い、忠告を一切、聞かずに?単なる妄想の類?と断定し、梨花を?病気扱い?した。

?中断&作成中?


【 皆殺し編 其の参 揺らぎ 】
梨花による北条 沙都子への救済。
ここから始まった・・・、梨花たちの・・・沙都子を助けるという?闘い?が・・・。
入江と鷹野への協力を仰ぎ、?山狗?を動かすように頼んだけれども、それは滑稽に終わってしまったのね。
沙都子を狂わす全ての原因である北条 鉄平には警察のマークが付いていて、山狗を無闇には動かせない・・・。
そんな単純な答えが・・・、梨花を苦しめるのよ・・・。
梨花は入江たちに?研究協力?を今までしてきたのだから・・・。
雛見沢で・・・、梨花という存在は沙都子にとっては無くてはならない存在なのだから・・・。

児童相談所への連絡・・・。
圭一たちの学校の校長のその一言で、状況は一変するのよ。
だけど、その前に担任の知恵 留美子の闘いがあった。
北条家へと彼女は赴き、沙都子の安否を確かめに・・・鉄平自身を問い詰めて・・・。
でも、無駄だった・・・鉄平という男はそんな甘い男じゃない・・・、たかだか一人の女が何を言ったって・・・ね。
ふふ・・・、どうせ無駄無駄無駄・・・、こんな言葉をあの校長が否定してくれたのよね。
だからこそ、圭一たちは正しく闘う道を見出せることが出来た。
過ちを繰り広げたカケラを乗り越え、圭一たちは?一致団結?で沙都子を救う為に反撃の狼煙を上げる。

受け継がれる意志を大切に抱いて、受け継いだ意志を無駄にせず、古手 梨花は自ずと?闘う力?を築いていく・・・。


(終)


※今後は時間的都合により感想というコーナーは書かないことにします。
 記事に書かれたことが私の言いたいことを表すものだと思って下さい。(苦笑)

<おまけ ?皆殺し編 第二話 『 豹変アリシア姉さん 』 >

はい、鷹野さんことアリシア姉さん (ARIAのアリシアさんの姉という意味=管理人が決めた) がコミカルになっちゃいましたね。
原作では、こんなことまで言っちゃってます。 (原作を知らない人などで、見たい方はどうぞ)
⇒ 『 ご主人様のミルクを飲ませて下さいだって言ってみせる!!!
姉を見たアリシアさんの反応は間違いなく・・・、 『 あらあら、姉さんったら♪ 』 に違いない!(笑)

<次回タイトル>
皆殺し編 其の四 交渉 』 です!
いよいよ、児童相談所との対決・・・!

スポンサーサイト

哲学の伝道師

>ディープインパクトマグロ機関長
マグロさん、コメントどうもです~!!

 >「ひぐらし」に関しては、哲学っぽい台詞を書くようにしました。w
  いやぁ、ジャンルに合わせた台詞をありがとうございます!w
  「複雑な混沌の道を照らし出すのは、シンプルな光である」
  まさに、その通りだと思います。
  何事も、複雑さの中には単純さが潜んでいますからね。
  今回の記事が単純なものであったことを切に願いますw
  っと、非常に解り易いって・・・いきなりお褒めの言葉を下さり、光栄です!
  
  さて、解も中々の見応えがありそうですが、やはり原作の量には劣ります。(ぁ
  ARIAみたいに、オリジナリティたっぷりの内容のように、仕上がっていたら、もっともっと最高でしたよ!(ぇ
  まぁ、厄醒し編を除いてのことですがね!(あははw)
  とにかく、ワクワクは止まりませんね、ARIAもあることだし。(ぁ
[ 2007/09/08 21:39 ] [ 編集 ]

そこにあなたがいる限り

「複雑な混沌の道を照らし出すのは、シンプルな光である」

どうもマグロ機関長です。ということで、「ひぐらし」に関しては、哲学っぽい台詞を書くようにしました。w

というか、なかなかの推理の整理だったかと想います。非常に分かりやすいです。w

さて、このシリーズは、かなり面白いなと思ってしまう私ですが、この結果、今でもワクワクしてしまいますね。www
[ 2007/09/06 23:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://infinite3cosmos.blog66.fc2.com/tb.php/309-ceb33356


ひぐらしのなく頃に解 第8話 「皆殺し編 其の参 揺らぎ」

あの男が帰ってきた。酒を飲むと暴\れ、ちゃぶ台をひっくり返し会社の宴会では、裸踊りする男が。
[2007/09/04 00:06] URL ゼロから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。