スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うみねこのなく頃に ?真里亞?

※ネタバレの内容を含むので、未プレイの人はご注意下さい。

第二弾です。(ぇ
まだ、私は途中経過で最後まで読み終えていません・・・。
さて、今回は・・・ひぐらしで言えば・・・、くけけけけ?(笑) な話題。
いずれ、鷹野さんの研究ノートのようにまとめたいと思います。(出来たら)
あ、エル・カザドの記事は明日、出来たら・・・書く予定です。

きひひひひひひひひひ・・・は怖すぎる。



真里亞の人格が変わる時がある。
それは、彼女の好きなオカルト系の話になる時だ。
人は言う。
普段から素直に憧れるモノを演じたい無邪気さ。
そう、誰にでもある、尊敬すべき存在を真似したいという純真な想い。
誰だって、?二重人格?になる時がある。
だから、真里亞は純真無垢な二重人格なだけなのだ・・・、と。
真里亞は、?魔女的人格?になる癖があるのだ・・・。
彼女は・・・実感がないのだろうか・・・母の楼座 (ろーざ) が殺された (亡くなった) ことを戦人 (ばとら) たちから聞かされたが・・・
何も悲しむ仕草はしなかった・・・。
・・・彼女は黄金の魔女、ベアトリーチェを心から尊敬している。
ベアトリーチェとの邂逅もあると言い、居るはずのない19人目がベアトリーチェであると・・・あたかも当然のように言うのだから。

二度目の惨劇です・・・。 あぁ・・・、今度はあの夫婦が・・・。

それぞれ、死体の?状態?が異なっています・・・顔面全体が耕されてたり、顔面の半分だけが耕されていたり、
眉間に円錐のナイフ状のモノが刺さっていたり・・・。
そして、謎の・・・赤い血で綴られたであろう黒魔術のような儀式用の図。
といっても、真里亞によると、それは旧約聖書にある詩篇であるという。(ヘブライ語で綴られている)
嵐は未だに続く・・・。
まだ・・・、うみねこは鳴かないのだから・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://infinite3cosmos.blog66.fc2.com/tb.php/302-ecc3d872


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。