スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エル・カザド 第19話 『守る男』

?アニメ エル・カザド 第19話 『守る男』 について?

【 知り得ない過去 ?築かれた文明? 】

どれくらい過去の出来事か、それを?正確?に語れる者は誰も居ない。
文明が築かれ始めた頃、世界は?魔女?の力を必要としていた。

しかし、いつしか魔女たちは必要とされていた人々に疎まれ、迫害される存在へと姿を変えられていった。
その結末が?魔女狩り(ウィッチハント)?と呼ばれる悪夢の歴史である。

力ある者は力なき者に妬まれ、力なき者は力ある者に憧れる。
その当然のことが度を過ぎたモノへと変化すると、不幸なモノへと転じてしまう。
だからこそ、魔女たちは?絶対的な力?を宿した想像を絶するほどの異端者だったに違いない・・・。

【 議長とブルーアイズ ?一族の総意? 】
これ以上、エリスを放置するのは危険であり、あの地・・・?ウイニャイマルカ?に足を踏み入れさせることは規格外。
?伝説が伝説で失くなれば、我々一族全体に危険が及ぶ。?
?十年前の事件 (人工魔女の誕生? ナディの故郷が全焼した出来事?)?を繰り返さない為にも・・・、
エリスを一刻も早く保護しなければならない。
それこそが?一族の総意?であり、議長の想いであった。
ブルーアイズもまた、その一族の一人だが・・・、彼女は運命めいたものに複雑さを感じていた。
たとえ、それが強制的な任務であったとしても・・・。


【 ナディとブルーアイズ ?相反する想い? 】
ナディとエリスは、もはや運命的な出逢いを果たし続けていた。
リカルドとリリオとのペアと一緒に行動することが多いからだ。
諸事情により、ホテルにて豪華メニューを堪能できる券を車修理屋の主人から頂いたナディとリカルド。
それが、彼らの企みの始まりだった。

豪華メニューを堪能するナディとリカルドたちだったが、突然の停電と突然のリリオの席移動により、状況は一変した。
次の停電の時、企みの引き金は引かれた。
エリスを保護するというブルーアイズたちの任務の始まりが・・・。
必死に攫われたエリスを単車で追跡するナディとリカルド。
ブルーアイズたちの単車に追いついた時、ナディとブルーアイズは互いに視線を見つめ続け、互いの想いの内を露にする。
ナディはエリスを渡さない、ブルーアイズはエリスを預かるというナディの意思を断絶させようとする。
だが、ナディは一つの意志に従い、一度決めたことはやり遂げる想いを胸に秘めていた。
その証拠として、右腕に握られていた拳銃が全てを物語っていたのは確かである。

突然、エリスが息を荒げて、以前のような無意識的な発作が起こった。
それと呼応して、彼女の持つ?インカローズの原石?が光り輝き始め、ブルーアイズの持つ?原石のペンダント?に
反応したのである。
眩い光に遮られたブルーアイズは視界が見えなくなり、エリスは共鳴反応による衝撃で車から弾き出されるように
車道へと飛び出されてしまった。
その光景を一分一秒も見逃さなかったナディは、飛び出したエリスを間一髪の所で受け止めた。
奇跡とも言える顛末を見届けたリカルドは、ブルーアイズの乗る単車のフロント部分に銃弾を撃ち込み、
メイン機関部分をオーバーヒートさせ、故障させた。
それはさながら、リカルドの単車と同じような故障の表れだったのかもしれない。
こうして、ナディは無事にエリスを奪還した。
もし、このような奇跡が起こらなかったとしたら、彼女はブルーアイズを躊躇なく撃っていたのかもしれない・・・。
そして、ブルーアイズもまた・・・ナディを躊躇なく撃っていたのかもしれない・・・。



【 危険を呼ぶ歴史 ?時の流れに変化あり? 】
エリスはリカルドと一緒に居たナディの様子を酷く妬んでいた。
だが、エリスはそのことをナディに悟られると??を付き、ナディを安心させた。
既にエリスは人間としての感情を持っていた。
?いつものナディがそこに居たから。?
そのようにエリスは受け止めていたのだから。
ましてや、彼女はナディに懐くように接していたのだから・・・。


【 精霊が示してくれたナディの過去。 】
【 幻想の中で繰り広げられた二人の無邪気な世界。 】
【 『 私は・・・昔からナディを知っていた・・・? 』 】
【 その歴史を語れる者は・・・まだ存在している・・・。 】



『 造られたエリスに感情は無い・・・。
その報告は既に・・・?過去?のものである。 』
(ブルーアイズ)

(終)


※前回の記事 (あらそう女=精霊のお話) は都合により書けませんでした、ごめんなさい。
 今後は時間的都合により感想というコーナーは書かないことにします。
 記事に書かれたことが私の言いたいことを表すものだと思って下さい。(苦笑)

※おまけ

これは・・・ 『 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ 』 のキャラが頬を赤らめる時のお決まりのパターンなんですが・・・。
まさか、ネタとして採用された!?(ぇ


<次回タイトル>
囚われた女 』 です。
『 囚われた女 』
うおっ、本日のPM10時からの 「ガイアの夜明け」 (TV東京) の放送でエル・カザドのBGMが使われていましたよ!
今回は不正を働いたコムスンのお話。
使われたのが早いなぁ・・・まぁ、それだけのことです。(ぇ

スポンサーサイト

陰謀

>観鳥さん
二つ目のコメントレスです。

 >魔女
  現代は科学へ、伝説は過去のものへと昇華していく。
  科学による伝説復活というのは面白いですね。
  それを操っている奴らが居るとしたら・・・ますます・・・。
  って、実際には〝人工魔女〟のことを指しているのでしょうが。
  もはや、伝説の力は現代には存在しない。
  では、伝説の力とは一体・・・?
  一族と名乗る連中の狙いは伝説を維持し続けること・・・!?
  その伝説が・・・ブラフ(嘘)だったら・・・どうなるんでしょうw 
  まさに、そうだったら、一族は飼われる側に・・・。
[ 2007/08/14 20:37 ] [ 編集 ]

人だから。

>観鳥さん
コメント連続、ありがとうございます~!!

 >当然
  今回は詩のように綴って下さりましたか~。
  綺麗にまとまっていて、感動しましたよ!
  ナディの当然という言葉・・・。
  彼女は人として、理解しているんですね。
  昔に何があったかは知らないけど、今日まで一生懸命に生き抜いて来た彼女。
  だから、当然という言葉が彼女には〝当然〟なんでしょうね。(ぇ

 >リカルド
  ナディはまたしても、人として理解していましたね。
  生きている限り、会える限り・・・。
  〝人生ってそんなもんでしょ?〟
  その当然なまでの言葉が、ひしひしと伝わってきました!
[ 2007/08/14 20:27 ] [ 編集 ]

制御

《いさかう女》:見逃した身としては調度よいかも 勝手ながら
《力の移譲》嘗て魔女が担いし役割。今は徒人や、科学と、より制御の効くものへ
《伝説が現実に》なぜ、その力を以って、再び自分たちの時代を!といかない?
“いまや我らの中にも力持つものは居ない”手に負えないからか。それ故に死を望む、と。

飼っているのは誰なのか・飼われてるのは誰なのか 操りビトはどこに? 終い
[ 2007/08/12 15:35 ] [ 編集 ]

間に合ったね

ゆらゆら ゆれる 灯りが点る あの子はいない  “きてよ” お姫様は不満げ
くらくら 沈む また影の中 来たのは隣 “お願い”溜まるコエ 点る光 届かぬ心
きらきら 消える 影が覆う 光の後に 私の意識も 消えてゆく

ここに来て! 溢れる想い 溢れる光  届いた手のひら  ‘・・・来てくれた’‘当然でしょ?’

‘生きるのに必要なのは銃じゃない 俺は それに気づくのが遅すぎた’
'遅かない あんた 私と夫婦に見られるぐらいなんだから 十分若いよ ・・・それに 
 生きてる限り また会える限り 手遅れなんて ないんだから’
[ 2007/08/12 15:19 ] [ 編集 ]

鋭いですねぇ!

>アスさん
コメントどうもです~!!

 >十年前の事件
  もし、ナディの故郷が全焼した出来事と関係があるのなら、確かにブルーアイズが依頼した件とも関わりがありそうですよね。
  ずっと気になってましたが、ブルーアイズの瞳はコードネーム名?通りに青い瞳をしていますが、ナディも同じなんですよね。
  何か、この共通点が・・・深く関わっていそうで・・・ナディの過去が焦点になりそうです。(ぇ

 >一族
  何の一族かは明確にされませんでしたね。
  もしかしたら・・・魔女を排除する集団・・・!?
  昔から行われてきた魔女狩りの主導者の一族なのか・・・と予想したりしますが、外れますw
  最初は普通に、魔女の血筋である一族なのかなぁと安易に考えましたが・・・。(汗)
  いやはや、そういう所に着目するとは、アスさんは素晴らしい!
[ 2007/08/11 20:11 ] [ 編集 ]

>十年前の事件=ナディの故郷が全焼した出来事
だとすると、ブルーアイズが何故ナディに依頼をしていたのかというのも少しは納得できるんですよね。
二人が出会ったことも運命の一つであると言えますし。

そういえば、今回出てきた「一族」という言葉。
これがどんなものなのか早く知りたいものです^^
[ 2007/08/11 00:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://infinite3cosmos.blog66.fc2.com/tb.php/296-e3f89bc0


守る男

「来てくれた・・・・」
[2007/08/07 23:14] URL tune the rainbow

エル・カザド 第19話『守る男』

ってなワケで今週放映分デス。 『守る男』はリカルドでしたさ。 まぁL.Aも間接的に守ったとも言えなくもないのか??
[2007/08/07 22:52] URL 風庫~カゼクラ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。