スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エル・カザド 第16話 『怒る女』

?アニメ エル・カザド 第16話 『怒る女』 について?

【 エリスに目覚めた新たな感情 ?宿した怒り? 】

ナディから教わった怒りの感情。
私はその感情の意味を知らないまま、ナディから教わったことだけを思い出し、自然と実行していた。

感情的に?嫌い?の対象であるL・Aを殴り飛ばし、蹴り飛ばしたこと。
でも、それはナディが教えてくれた?怒りの感情?とは違った。

やっぱり、私は造られた魔女だった。
人間の感情を生まれた時から持っていないのだから。

【 エリスの怒気 ?タコス店での決闘? 】
ブルーアイズとの契約を破棄され、契約金として定期的に支払われていた銀行口座が凍結された為、
ナディとエリスは無一文となる。
人間に必要な衣食住は世の中に定められた金銭により、確保されるのが通常である。
その為、ナディたちは偶然、見つけたアミーゴタコス店でバイトをすることになった。
採用の条件は、その支店の店長がオリジナルアレンジで作ったタコスを美味しいとナディたちが褒めたから、であった。
何とも軽い店長に、彼女たちは救われるのであった・・・。

途中、ナディは店長からの指示で外で支店の宣伝をする羽目になった。
エリスは一人だけ店内の仕事を任せられることになったが、心強い味方が居た。
リリオである。
偶然は偶然を呼ぶというのか、リカルドとリリオがナディたちが働いている時に、その支店に訪れたのだ。
リカルドもまた、クライアントからの契約が途切れ、無一文の生活に突入していた。
彼はナディとは違い、賞金稼ぎとしての仕事に戻り、賞金首を刈り取って、衣食住を確保しようとしていた。
こういう経緯があり、エリスは手伝いをしてくれたリリオと一緒に店長もナディも居ない店内で懸命に働いていた。

途中、エリスの大嫌いな存在であるL・Aがタコス店に入ってくる。
エリスは仕事として彼を否が応でも歓迎するが、L・Aはそんな彼女の懸命な姿にお構いなしに、いつも通りの
振る舞いをした。
エリスは彼の姿も見たくはない、声も聴きたくない状態であったが、他のお客に迷惑にならないよう、最低限のマナーで
彼をもてなす。
何とか、問題を起こさずに他のお客たちは、無事にタコス店から帰って行った。
L・Aだけがお客として佇む、夕暮れ時の静かなタコス店。
それが、始まりだった。


見つめ合うエリスとL・A。
だが、その中で容赦なく続くL・Aからの執拗な妄言にエリスは耐え切れなかった。
それも影響し、L・Aが取った傍若無人ぶりに、堪忍袋の緒が切れてしまった。
・・・エリスの大切な宝物であるウイニャイ・マルカを示すインカローズの原石を盗り、握りつぶそうとしたのだから・・・。
そこで、ふとエリスはナディから教えられた?自分がやだと思った時には、ビシッとやんなきゃ駄目なの!?という言葉を
思い出し、その行動までも想起した。
そして、エリスはナディの見たまんまの行動を実行し、L・Aを好き放題にいたぶっていた。
幸いにも駆けつけたナディがそのエリスの暴虐的な行為を止めに入り、それは?本来の怒り?とは違う行為だと態度で
そっと示してあげるのであった。
ナディは倒れたL・Aに銃口を向け、彼女の口癖である?遺言があったら、どうぞぉ?♪?という言葉で最期の決断を
彼に差し出した。
だが、L・Aは動揺する微塵もなく、奇妙な面持ちで謎の言葉を告げ始めた。
?ウイニャイ・マルカの場所を知っている、僕が死んだら、君(エリス)は永遠にそこへは辿り着けない。?
エリスはその言葉に少しばかり動揺した為、ナディにも隙が出来てしまった。
それを狙って、L・Aは身軽な動きでその場から逃げようとした。
再び、銃口を逃げるL・Aに向けるナディであったが、その前にはエリスがL・Aを庇う形で佇んでいた。
エリスはL・Aの言葉を信じた為に、自然とL・Aをカバーしていたのだ。

逃げ出したL・Aは、見知らぬ場所のタンクらしきものの上に乗り、浮かんでいる夕日に向かって、叫んでいた。
?いんだよぉ?、これも僕らの形だぁ?♪ 愛とは・・・・・・素晴らしい!!!?
L・Aはエリスに殴られたことを快感に思い、それも?愛の形?であると勝手に定言的な言葉を言い放っていた・・・。
これはまた、偶然なのか・・・?
L・Aの上記の言葉を言い放った後、タイミングの良いことに、ローゼンバーグが外国の辺境の地にある別荘から
?夕日に向かって?呟いていた。
?・・・・・・・・・でしょ??
その言葉は、L・Aに向けられたのか、別荘にローゼンバーグと一緒に居る謎の女性に向けられたものなのか。
真実は、夕日だけが知っている・・・。



【 ナディからエリスへ ?教育という名の諭し? 】
アミーゴタコス店で働き、何とか移動するお金が手に入った為、ナディとエリスはその支店から旅立つ。
店長はナディたちに餞別に、自慢の蜂蜜入りのソースを二本、贈呈する。
ナディは使い道が無いと踏んだのか、苦笑いでそれを有難く頂戴したのであった。
かくして、ナディとエリスの旅は続いて行く。
車で走行中の時、ナディはエリスに?先のエリスの怒り?について示唆した。
?怒ってもいいけど、少しは手加減しなよぉ?!?
エリスは、その言葉で先の自分の行動が?本来の怒り?であることを自覚した。
?怒る・・・? そっか・・・私・・・怒ったんだ・・・。?
だから、エリスの先の行動は?本来の怒り?とは違う?唯の暴徒?のような存在だったのだ。
エリス本人の意思とは関係の無い、純粋で忠実に動く?人間兵器?として、存在していたも同然であるのだから・・・。


『 エリスはこの日、初めて怒りの感情を・・・自覚した・・・。 』 (ブルーアイズ)
一方、ブルーアイズの部下の一人であるBレディは、今もなお、ナディたちの行方を追い続ける・・・。


【 怒りの感情・・・それは負の感情に属し、
良い方向にも悪い方向にも導いていく魔性の感情である。 】


(終)

<感想>
やっぱり、自分で考えたオリジナル文章って駄目駄目?
ひぐらし解の一話目の記事作成で疲れきって憔悴しきっている無限です、どうも。
本当、今回はデスノートを観ているような気がしました。(笑)
夜神 月がミサに二人で世界を作ろう・・・とか言っているように、L・Aがエリスにそのようなことを自然と話してたし・・・。
ある意味、L・Aのキラぶりには笑ってしまいました。
そして、L・Aの名台詞?の後に続く、ローゼンバーグのタイミングの良い繋げ言葉。
もしかして、L・Aの言葉も・・・盗聴中ですか?(汗)
偶然か・・・。 (謎の女性に告げていただけなのかも?)

次回タイトルは、 『 追い詰める女 』 です。
『 追い詰める女 』

スポンサーサイト

自制心

>観鳥さん
コメントどうもです~!!

エリスは選んだんですよね、そう生きていくと。
全てはナディからの贈り物。
で、結果的にL・Aというエリスにとっては大嫌いな存在に対し、自分の在り様を示したけど、彼にとっては喜ばしいことだった・・・。
L・Aには何も通じない、何も伝えることが出来ないんでしょうねw
本当、恋は盲目ですよね・・・。

 >L・Aの意志
  尊重しますかぁ、なるほど。
  まぁ、彼の行為などは目に余る所が多すぎですが、何事にもポジティブに立ち向かっていくのは良いことですね。
  あぁ、自分もそういうポジティブな人間になりたいです。(ぇ~w

 >選べる
  選んだ結果は自身だけによるモノ。
  「責任は自分で持て! お前が選んだ道なのだから、後悔などするな!」
  そんな感じでしょうかw
  何か自分にも言い聞かせている気がしてなりませんw
[ 2007/08/04 19:19 ] [ 編集 ]

選びうること

己が誰を愛するか?それは自身で選びきれるモノではない。
願うことと、気づくことぐらいしかできない。選べると言えば対応ぐらいか。
そしてそれ以上に、選べないのが、誰が己を愛するか、どう愛されるか。

一方的な想いに対し、感情通りに対応することを覚えた少女。それでいい、と。
嬉しいことに、ありがとう。に加えて、イヤなときに怒るってか。
でも、喜ばれた。これも‘好きな人のことなら全て好き’な“恋は盲目”的心理なんだろうか

“感情に名付け”そして自覚させるーホントに子育てだな。両思いは見てて安心するな
なお、L Aの愛し方は個人的には“アリ"愛する人の“感情"に対する考慮は足りんが
“意志"は尊重しているから。 今のところは“良"とするに充る、かな
 
己がどう成るかはともかく、どう在るかは選べる。 
そう、その感情に従った結果、自分がどう成っていくとしても、そう在ることを選んだのは自身っと。終い
[ 2007/07/27 00:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://infinite3cosmos.blog66.fc2.com/tb.php/281-53d70e85


怒る女

「あんな金受け取ったら、100回生まれ変わっても後悔する」
[2007/07/18 23:30] URL tune the rainbow

エル・カザド 16話

ブルーアイズの兵糧攻めがきいて、アッと言う間に干上がっちゃったな(笑)しかし無一文に近くなる前にも手を打たないとね!
[2007/07/18 10:57] URL オイラの妄想感想日記

エル・カザド 第16話「怒る女」

「僕が食べたいのは…君だよ……」
[2007/07/17 23:41] URL 反逆者を追え!

エル・カザド 第16話 「怒る女」

資金が底を着いたので、エリスのペテンのトランプ手品。しかも、サクラのナディ。そんなものでは、稼げません。
[2007/07/17 23:29] URL ゼロから
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。