スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひぐらしのなく頃に 解 第1話 『サイカイ』

?アニメ ひぐらしのなく頃に 解 第1話 『サイカイ』 について?
※アニメ展開に沿ったオリジナル文章での記事です。
ただし、一部だけ原作の内容に関連させた部分もありますので、原作未プレイの人はご注意下さい。


【 あの頃に還して・・・ ?無? 】
私の存在はあまりにも無意味です。
だって、私が生きる中の世界は決まっているから。

私の存在はあまりにも無慈悲です。
だって、私が死んだ後の世界は無いのだから。

私の存在はあまりにも無明です。
だって、私は自らの生死の理由が全く解らない存在なのだから。


―――Frederica Bernkastel―――

【 雛見沢大災害と少女A ?後悔という名の再会? 】
※赤坂 衛が視点。


私の名は赤坂 衛。 東京の警視庁に勤める刑事である。
月日の流れというものは早く、私が初めて雛見沢を訪れてから、もう30年は経つ。
あの頃の大自然に溢れる豊かな土地や風景などは、今でも健在であった。
だが、一つだけ決定的な違いがそこにはあった。
そう、雛見沢という??は存在していても、??は存在しない、ということだ。
全ての発端は雛見沢大災害という自然災害。
それは、インターネット上で騒がれた少女Aこと竜宮 礼奈による学校人質篭城事件後の一瞬の出来事であった。
そして・・・、私が初めて来訪した時に知り合った少女、古手 梨花が何者かに殺された後に起こった出来事でもあった・・・。
・・・彼女が言っていたように、彼女が予言していたように・・・。
私は、とんでもない過ちを犯してしまったのかもしれない。
ただ、今ではそう思っても・・・、もう後戻りは出来ないのだ・・・。
?出来るなら・・・、あの輝いていた雛見沢に・・・戻りたい・・・。?
まるで、そんな少女Aの想いが、現在の雛見沢に漂う切なくて空しい無感触の風によって
吹き消されていったかのように・・・。
私は・・・、ただただ、後悔という念にうなだれる以外できなかった・・・。

いずれにせよ、私は古手 梨花の無念を晴らす為、あの真相を突き止めるべく、
後輩の沢田と今では警察を引退なされた大石さんと一緒に?封鎖が解除?された雛見沢を調査していった。
もちろん、それだけの用事ではない。
あの少女Aとも会う約束をしているのだ。
あれから時は経ったというもの、心身共々、憔悴しきっている彼女にもまた、酷な巡り合わせだったかもしれない。
だが、彼女はそれでも我々の協力に応じてくれたのだ。
そんな健気な彼女の為にも、我々は大災害という真相を、いや?事件?の真相を解明しなければいけない・・・、
そう心の中で決意した。

私には、どうしても自然災害とは考えられない。
ネット上で縦横無尽に噂されている幾つかの説を、上手くまとめていった結果、そうではないかと確信の手前まで
至ったのだから。
誰もが信憑性のない説であると非難する声もあるが、私はあえてそういった?ブラフ(嘘)?の中にこそ、真実が隠れて
いるのではないかと考えたのだ。
何にしても、数十年もの間、封鎖し続けた意味が私には理解できなかった。
近年に見られる、あの三宅島の火山ガス災害では4,5年で立入禁止を解除しているのだし・・・。
雛見沢での封鎖期間と比較すれば、明らかに尋常ではない差が見てとれるだろう。
単に、雛見沢に帰る人間が居なかったから、安全面を優先的に考えて行った長期に渡る封鎖だったのかもしれないが・・・。


【 34号文書 ?諸説の中の真実? 】
※赤坂 衛が視点。

入江診療所の看護婦、鷹野 三四が自ら手記し、最期に残してくれた?34号文書?という名の書物に
収められた数々の説にも、それは言えることだった。
34号文書の由来は、彼女の名前の?三四?からもじったものである。
これがネット上で深く浸透した理由は、?国家陰謀?を想起させる部分が強かったからである。
名前だけでも、伝わってくる印象は大いに違うのだ。
その簡潔な内容は以下の通りである。

数百年前、鬼ヶ淵沼に墜落したUFOには、地球上には存在しない寄生細菌が漂い、村人たちが次々と感染していった。
そして、人々は??と化し、これが沼から湧きだした鬼の正体であるという。
慌てふためいた宇宙人たちは仕方なく、地求人の前に姿を現すことになったが、地求人にとって、
それは?オヤシロさまの降臨?であったことを意味していた。
宇宙人は高度な医療方法で村人たちを治療したが、それは対症療法にしかならなかった。
だからこそ、宇宙人はオヤシロさまとしての威厳を保つ為、症状を悪化させない為の?ルール(掟)?を作り、
村人たちに課した。
それこそが、村から離れず、雛見沢に隔離せよ、という鬼ヶ淵沼の伝説に繋がる規則であった。
細菌たちは、雛見沢の風土にのみ馴染んだ為、宿主が雛見沢を離れると症状を悪化させてしまうことから
生まれたルールでもあった。
やがて、長い時間が経過すると共に、人々に感染した細菌は非常に安定したものとなり、人体に無害なものとなった。
そして、宇宙人や細菌のことが人々の記憶から薄れていった。
だが、御三家に守られ、古手神社の神殿の中にある御神体として崇められながら、宇宙人は何百年もの間、生きてきた。
それは、御三家が雛見沢の村を実質上、支配してきたことを意味している。
そう、全ては?威厳あるオヤシロさま信仰心の復活?の為。
御三家は再び、当時の支配力を取り戻すべく、研究を再開したというのだ・・・。

こういった仮説がネット上で入り混じり、諸説が生み出されることになった訳だが、
要するに?宇宙人の地球侵略計画こそが雛見沢大災害の真実?である、という結論に至ったことになったようだ。

政府による捏造か? 御三家による陰謀か? はたまた、第三者の悪戯か?
どれをとっても、腑に落ちない点ばかりだが、私は様々な論説を?必然的?に考えていくことが解決への糸口で
あると確信した。
やはり、おかしいのだ・・・、少女Aによる凶行と34号文書、雛見沢大災害と34号文書との関連性など・・・。
偶然ではない・・・、何か必然的な関わり合いがあるのではないか・・・!?
34号文書を作成した本人、鷹野 三四が生きてさえいれば・・・、真実に近づけたのかもしれない。
だが、彼女は綿流しのお祭りの時に鬼隠しに遭い、焼死体で発見され、何者かによって消されてしまった・・・。
やはり・・・、世間から付けられた34号文書という書物は重要なモノなのかもしれない。
そう、鷹野 三四はその34号文書を少女Aこと竜宮 礼奈に手渡していたのだから・・・。
まるで、自分の死が近づいているのを感じ取り、研究の秘密が凝縮された?真相?を竜宮 礼奈に託したかのように・・・。
しかし、何故・・・彼女に渡したのか。 そして、何の為に渡したのか。
・・・これだけは言える・・・。
?34号文書は、周囲へと影響を与える未曾有の物語・脚本?である・・・と。


【 古手 梨花と竜宮 レナ ?努力と努力の狭間? 】
※竜宮 レナが視点。

そう、私が警察に探られていた時のこと。
運が良かったのか、警察の捜査隊は突然に立ち去り、ひとまず安堵した中での邂逅だった。
突然、梨花ちゃんではない梨花ちゃんが私の秘密の隠れ家に気配も音も無く現れたのだ。
私は驚愕し、恐怖した。
何よりも、あの梨花ちゃんではない言動に・・・。
?貴方を助けに来たの。?
なっ・・・、注射器!?
私は愕然とし、今までの私の推測の中での事柄が確信へと至った。
あれは・・・、古手 梨花ではない、もう一つの彼女、つまり・・・宇宙人なのだ。
そして、あの宇宙人は私を今度は標的にして、私の??を乗っ取り、地球侵略する段階へと移行しているのだ。
ごまかされない、何が助けに来た・・・だ?
私は彼女を拒絶すると、彼女は抵抗する意思表示を見せず、そのまま謎の言葉を残して去って行った。
?もう、この雛見沢には興味は無い。 次の雛見沢を探しに行くわ・・・。?
次・・・? 何のこと・・・? 世界が終わる・・・!?
当時の私には、精神的におかしかったこともあり、ただの妄想を起こして錯覚していただけかもしれない。
しかしながら、あの梨花ちゃんとの邂逅は・・・、何か核心めいた真実を宿していたに違いない・・・。
いずれにせよ、今の私にも解らない。 あの大災害でさえも。 梨花ちゃんの死の謎も・・・。
ただ、一つだけ・・・心の奥にしまってきたことがあった。
?出来るなら、あの頃の雛見沢に戻りたい?
それが、どんなに幻想で、理想郷であったとしても、その想いだけは決して捨てれなかった・・・。


【 償いきれない罪 ?暇潰しのようなもの? 】
※赤坂 衛が視点。

少女A、竜宮 礼奈との邂逅。
そこで私が知ったことは、とても貴重なものだったのかもしれない。
そう、彼女もまた、普段とは違う古手 梨花との出逢いを経験していたのだから・・・。

昭和53年の犬養建設大臣孫の誘拐事件・・・。 ⇒ 参照
あの時の梨花ちゃんとの邂逅は、私の心に深い謎を刻まれたものとなった。
普段の梨花ちゃんは非常に可愛くて、お茶目で抱きしめたくなるような愛想のある子だった。
だが、時々、彼女は大人びた様相を帯び、傍目から見れば誰もが一歩下がりたくなるような恐怖に満ちた顔へと
豹変させる・・・。
その時の彼女が言う言葉は、どれもこれも意味の解らない?梨花言語?で、何を求め、何の為に語っているのかさえ
解らない。
だが、最後の言葉だけは、何となく私には伝わっていた。
?死にたくない・・・?
誰だって、死というものは恐怖するものだ。
だが、常人の死への恐怖と、彼女の死を恐怖する態度・意味は全く違う。
始まりから終わりまで、全ての結末を知っていて、自分の運命を既に?事実?として受け取っていたからだ。
?もう、決まっていることなのです・・・?
私には、その二つの言葉が印象に残り、今でもその言葉を忘れてはいない。
そう、それは私へと?SOS?を発信していたのだ。
・・・50半ばにもなっても私は、彼女を救えなかった想いを??として捉えながら、晩年まで苛まれることだろう。
だが、それも至極当然のことであって、だからこそ、私はあの事件を忘れずに真相解明だけを視野に入れてきた。
そうは言うものの、今ではそんな言葉でさえ、皮肉に聞こえてくるのは何故だろう・・・?
真相解明だけ・・・?
ははっ・・・、何を言っているんだか・・・。
そこは、?梨花ちゃんを救うことだけ?だろうが!!!!!
私は、そっと償いきれない罪を心の涙で流そうと必死だった・・・。
竜宮 礼奈も・・・また・・・私と同じような涙を流していた・・・。



(終)


【補足?:古手 梨花が持つ注射器について】

そうね、目明し編での梨花の行動を思い出して欲しいわね。 ⇒ 参照
園崎 詩音に注射器を武器に挑んで行った時のことをね。
気付いたと思うけど、共通することは園崎 詩音も竜宮 レナも同じ?立場?、つまり?狂気?に取り憑かれていたってこと。
ということは、梨花は何の為に、危険なその二人に接近したのか・・・?
ふふっ、色々と推測できるものだけれど、答えは一つなのよ。
梨花は?何か?を知った上で、狂気に満ちた二人に注射しようとしたの。
罪滅し編で竜宮 レナに注射を拒絶されると、あっさりと梨花は諦めたわね。
あれは、目明し編での教訓を物語っている、とでも言うのかしら。
園崎 詩音に挑んだ結果、自分が自殺にまで追い込まれてしまった…という教訓。
つまり、体格差がある分、一人では何も出来ないことを悟ったのも同然ね。
だからこそ、罪滅し編では梨花は言葉で通じないのなら、もはや諦めるしかない、と踏んだのかもしれないわね。
結果、竜宮 レナによる学校人質篭城事件が起こるのだけれども・・・。
その時に梨花は、前原 圭一に?あの時の努力を怠った?と謝るのよね。

とりあえず、あの注射器の中身には何の成分が入っているのか。
そこが、真相への扉を開く為の一つの鍵であるのかもしれない。
さぁ、始めましょう? 真相という現実を掴む為に・・・ね。

【補足?:罪滅し編の結末 (雛見沢大災害が起こる前の出来事)】
※原作を基に記してあるので、原作未プレイの人はご注意下さい。 簡潔な文章です。
※反転させると、御覧になれます。

昭和58年6月25日正午頃に発生した、竜宮 礼奈による学校人質篭城事件。
人質からの協力もあり、彼らの活躍により、同日19時10分頃、彼女は警官隊に投降した。
同時刻に緊急逮捕し、身柄を興宮署に移し事情聴取をした結果、彼女は犯行を大筋で認めた。
負傷者は、園崎 魅音、古手 梨花、北条 沙都子、前原 圭一の4名であった。

(ここから先は、雛見沢大災害後かと思われる=レナ生存?)
容疑者の責任能力問題を巡り、激しい議論が行われたが、検察は慎重に精神鑑定を行った結果、
犯行時には責任能力はあったとして、起訴に踏み切った。
弁護側はこれに真っ向から対立し、責任能力を否定する精神鑑定書を提出した。
裁判所にて現在、審判中である。

なお、大災害後、雛見沢出身者に対しての?魔女狩り?が巷で行われた。
なぜなら、奇行や自殺などを繰り返す雛見沢出身者が居たからである。
そして魔女狩りの為、雛見沢出身者は自分の身元を隠した。
このような経緯になり、彼らの身元を探るのには困難を要するようになった。



<感想>
やっと、公開!
ということで、いよいよ始まりました、ひぐらし第二期! かっこtvkで・・・。(汗)
第一話目は、原作で言えば、TIPSの 『 悪魔の脚本 』 オリジナルバージョンの話でした。
この話は意外と馬鹿には出来ません。
とにかく、宇宙人とかUFOとか大袈裟な所がありますが、罪滅し編の内容そのものは大変、意義のあるものが詰まっていますから。
赤坂だって、少しはネット上で噂になった説をいくつか信じていますからね、大丈夫です。(何)

とまぁ、こんな具合にアニメと原作を連動させながら、キャラクター視点でのオリジナル記事にしていきますので、よろしくです。(ぁ
要するに、皆さんが楽しんで下されば幸いなのです。
祝日も出勤・・・。 願わくば、拍手で癒しを!

次回タイトルは、 『 厄醒し編 其の壱 鬼ごっこ 』 です!

<OP曲 「奈落の花」 ED曲 「対象a」 8月22日発売 ?CM?>


スポンサーサイト

ありがたいお言葉!

>きろうさん
こんばんは~、コメントどうもです!!

いやはや、遅い記事でいつも申し訳ないです。
ということで、ひぐらし解が始まりましたね!
もう、元気爆発で書いていこうと思っていますが、いまいち反応がなかった (不評) ので意気消沈中です。(ぇ
でも、きろうさんが励ましてくれた! ありがとうございます!

 >赤坂の梨花を救えなかったことを後悔してるところを描写
  これは捨てられませんねぇ。
  確かに祭囃し編との絡み合わせもありますが、何よりも赤坂の悲痛な叫びを書きたくて書きたくてしょうもありませんでした。(ぇw
  ひぐらし魂が燃え上がりますよw

 >二期
  期待する以外ないですね!
  一期で描けなかった構成力に期待しましょうかw

 >『給料いくらだ』
  名台詞の一つですね!
  ふむ~、生で聴いたら心地よいのでしょうね~。
  あとは描かれていることを祈るばかりです!
[ 2007/07/16 21:36 ] [ 編集 ]

無限さんのターン!

こんばんわ~。

とうとう始まりましたね。ひぐらし。
今回の悪魔の脚本を元に話を進めて、赤坂の梨花を救えなかったことを後悔してるところを描写してくれたので、祭囃し編での赤坂を期待したいところですね。
あとは、一期の反省を生かしてどう二期で上手く作ってくれるのかスタッフに期待したいです。

今から、『給料いくらだ』が楽しみでしかたないですw
[ 2007/07/16 00:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://infinite3cosmos.blog66.fc2.com/tb.php/280-2931b39b


ひぐらしのなく頃に解1「サイカイ」

発言者:どちらもゲーム未プレイ、アニメ「ひぐらしのなく頃に」26話まで視聴済み。
[2007/07/17 19:19] URL kasumidokiの日記

ひぐらしのなく頃に解厄醒し編 其の壱「鬼ごっこ」+第1話サイカイ感想

前作終盤のチープな演出にならない事を願う↑クリックで画質良・オリジナルサイズがご覧になれます→ひぐらしのなく頃に解公式*//
[2007/07/17 19:16] URL 腐麗蝶の柩~全力でオレンジ卿とCC万歳!コードギアス 反乱のルルーシュファンサイト~

ひぐらしのなく頃に解 第一話

 最速地域から周回遅れ。既に第二話が放送されている中、ようやくの第一話。放送され
[2007/07/15 22:35] URL ぶろーくん・こんぱす

ひぐらしのなく頃に解 第1話「サイカイ」

ひぐらしのなく頃に解 第1話「サイカイ」夏の新番組第10弾
[2007/07/15 22:29] URL 恋華(れんか)

ひぐらしのなく頃に 解 第1話 「厄晒し編 サイカイ」

雛見沢は、埋め立てられ巷ではUFOの着陸場との噂\。火山ガスの仕業に見せかけた、細菌兵器の実験との噂\もちらほら。
[2007/07/15 21:56] URL ゼロから

ひぐらしのなく頃に解 第1話「サイカイ」

まず。オープニング良すぎ!島みやえい子さんグッジョブ!! 第1話はオッサン3人が...
[2007/07/15 21:45] URL Todasoft Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。