スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひぐらし解の記事について

少しだけ書いてみましたが、こんな感じでいこうかなぁ?と思ってます!
といっても、第一期のようにキャラクターに感情移入したようなオリジナル文になるといった感じです。(笑)
以下は、先んじて視聴した第一話の内容を少し書いてみました。
記事の例だと思って下されば幸いです。 (恥ずかしい台詞、禁止!)
【 雛見沢大災害と少女A ?運命の再会? 】
※赤坂 衛が視点。

私の名は赤坂 衛。 東京の警視庁に勤める刑事である。
月日の流れというものは早く、私が初めて雛見沢を訪れてから、もう30年は経つ。
あの頃の大自然に溢れる豊かな土地や風景などは、今でも健在であった。
だが、一つだけ決定的な違いがそこにはあった。
そう、雛見沢という??は存在していても、??は存在しない、ということだ。
全ての発端は雛見沢大災害という自然災害。
それは、インターネット上で騒がれた少女Aこと竜宮レナによる学校篭城事件後の一瞬の出来事であった。
そして・・・、私が初めて来訪した時に知り合った少女、古手 梨花が何者かに殺された後に起こった出来事でもあった・・・。
・・・彼女が言っていたように、彼女が予言していたように・・・。
私は、とんでもない過ちを犯してしまったのかもしれない。
ただ、今ではそう思っても・・・、もう後戻りは出来ないのだ・・・。
?出来るなら・・・、あの輝いていた雛見沢に・・・戻りたい・・・。?
まるで、そんな少女Aの想いが、現在の雛見沢に漂う切なくて空しい無感触の風によって吹き消されていったかのように・・・。
私は・・・、ただただ、後悔という念にうなだれる以外できなかった・・・。


(ううむ、記事は遅くなりますが、こんな感じで!)

スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。