スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エル・カザド 第13話 『隠す女』

?アニメ エル・カザド 第13話 『隠す女』 について?

【 失われた廃墟 ?人工魔女の生誕地? 】

一つの真実を知る者と一つの過去を知る者。
前者は嘆きの詩を、後者は拒絶の詩を詠みあげる。

ここは、人が踏み入ってはいけない開かずの世界の扉。
ここは、意味の在る世界と意味の無い世界が混同した混沌地。
ここは、運命を易々と変えてしまう人ならざる所業の散在地。

苦しみ、怒り、哀しみ、ねたみ、むさぼり・・・、様々な?負の感情?が存在する世界。
その中で、少女たちは?一つの選択肢?を掴み取り、?聖の感情と正の感情?をそれぞれ宿すことになる・・・。

【 エリスとL・A ?拒絶と秘密と? 】
再びの邂逅は、一つの過去を少女に与える指針。
少女は同じような生命を宿す者へと、嫌悪感の抱きと拒絶の意志を指し示す。
時期尚早と焦燥感を抱く彼は、それでも自身が信じる?絶対的な運命?に従う冷静さを向ける。

ここは、?人工魔女?が生まれた場所。
一千年前に絶滅した魔女、風や炎の操作が出来る存在。
絶滅という名の特異な存在が、人工魔女が生み出された意味の無いきっかけ。
今、この世には?エリスとL・A?しか人工という名の生命体は存在しない。
魔女は女性、人工魔女はエリスだけであり、L・Aは人間を超越した人工生命体。
エリスは?無意識的な能力?を発動させ、?意識的な能力?を未だ発動していない。
いずれは、エリスは?意識的?に能力を発動させる時がくる。
そのように、彼は彼女に告げた。


拒絶と秘密。
少女は自身の目的、真なる?ウイニャイマルカ(永遠の場所)?を目指す決意をする。
彼から秘密を知った少女は、最も身近に居る?女神?を受け入れたのだった。



【 ローゼンバーグとリトゲン上院議員 ?陰謀と信頼と? 】

二人が語るは、未来の英雄譚物語。
現在は幻想、されど、未来は現実に。
プロジェクト・リヴァイアサンという名の人工魔女再生計画は、闇の世界では別の意味を為していく。
人の強欲、貪欲。
それがある限り、闇の世界は存在し続ける。
だが、闇の中の闇というモノも存在する。
・・・この二人の闇には偽りの信頼で繋がる闇である可能性もある・・・。


ローゼンバーグはブルーアイズの行動を予測した上で、自らの計画を遂行していた。
わざわざ、エリスを襲わせるような集団を手配し、?研究所跡の廃墟?へと配置させた。
これは、ナディとエリスが??へ向かっていることを視野に入れ、その廃墟を必ず通る場所であったが為に
仕組んだ罠ともいえよう。
全てはエリスを?覚醒?させる為のもの。
無意識的に能力を駆使している現在の彼女だが、危機迫るナニカを感じた時、彼女は?意識的?に能力を駆使することが
あるのかもしれない・・・。
そんな考えをローゼンバーグは抱いているのだろう。
目的によるカモフラージュ作戦が、彼にとっての最大の武器ともいえる。
彼はリトゲン上院議員に兵士たちを撤退するようにお願いをし、エリスを護る形に導いた・・・。


『 ?国家?の為、この言葉に偽りは無いな? ローゼンバーグ君。 』 (リトゲン上院議員)
『 はい。 全てが終わった時、閣下は?英雄?です・・・。 』 (ローゼンバーグ)
『 うむ・・・。 ・・・ゲルマン魂を信じよう・・・。 』 (リトゲン上院議員)
『 ありがとうございます。
 我々の?未来?に・・・。 (祝杯用のワインで乾杯する二人) 』
(ローゼンバーグ)

【 ナディ&エリス ?お互いの秘密? 】

ローゼンバーグが放ったとされる魔の手から策を講じて逃れた二人の少女。
お互いに離れ離れとなった時に生じた、秘密という名の真実。
その真実を互いに語れず、内に秘めた想いをそれぞれ自分たちの心に残していく。
一人は、?彼女を護る?と。
一人は、?彼女に付いて行く?と。
前者は?命を懸けて臨む覚悟?を、後者は?運命を委ねる信頼?を、そっと心の中に仕舞い、?生きる炎?を燃やす。
二人の??は穏やかなる心を以って、築かれていた。
全ては哀しみの廃墟で得た?事実?そのものから生じた想いだった。
だが、その絆がいつまでも続くとは・・・限らない。
この世は全て、双六すごろくのような世界で成り立ち、繰り出す?サイコロの目?によって一つ一つの単一世界は常に変化し
続けるのだから・・・。


『 この日、二人は互いに?新たな秘密?を・・・持った・・・・・・・・・。 』 (ブルーアイズ)

【 運命の絆は永遠の場所まで?永遠?なモノとなりうるのか。 それとも・・・。 】

(終)

<感想>
せっかくの休日が疲労日となってしまうので、これからはこのような簡潔な記事にします。
といっても、考えるのに時間は掛かりますがね。(ぁ

ローゼンバーグはやはり、自室にてブルーアイズの動向を把握、盗撮していましたね。
それはさておき、人工魔女のサンプルは5人居たのですね・・・。
で、エリス以外 (L・Aも含む?) は?失敗作?だったので、?廃棄処分?したのですね・・・。
うぅ、哀しい世界だ。
けれど、哀しい世界を知ったナディは、新たな決意を胸に宿しましたね。
逆にエリスはナディを信じて、改めて南へ向かう決意をしましたね。
この?絆?が千切れないことを祈っています・・・が、何か千切れそうで怖いですな・・・。
それと、ローゼンバーグとリトゲン上院議員の関係も・・・。
あぁ、リリオは勇敢ですね・・・、やっぱりあの無邪気さには何か気にかかる。(笑)

次回タイトルは、 『 メイプルリーフ 』 です。
『 メイプルリーフ 』
ハインツ・シュナイダー博士とエリス、二人の過去。 その二人の世界を牛耳るは眼鏡を外したローゼンバーグ。
いよいよ、シュナイダー博士殺害の謎が・・・哀しみの陰謀が明らかに・・・。
・・・若かりしローゼンバーグの雰囲気が34歳のシャア (逆襲のシャア) に見えた・・・。

スポンサーサイト

光の護り神

>観鳥さん
コメントどうもです!!

まさに、ナディは母性本能の光を醸し出していましたね。
自らの過去も少しは関連していた決意でもあったのかもしれませんね。

 >無自覚から自覚へ
  想いが心に伝わった、そんな瞬間でした。
  それも、お互いに・・・。 ハインツとの関係のように変わっていきましたね。
  
 >リリオとの関わり
  リカルドとリリオのあの時の親子のような姿を見たナディは、そこで何かを学んだのでしょう。
  本当に護りたいモノは、自分の手で直接、触れ合い、共に生きていくことである、ということを。
  いやぁ、母性の女神が輝いていました。
[ 2007/07/08 20:45 ] [ 編集 ]

か あ さ ん

『私が護る』 そう決意した彼女はまるで、母親みたいに見えた。

親のいない きょうだい が 互いを想い合い、生きていこうとする姿のような
牢獄の様な場所から逃げだし、自分たちのチカラだけで、生きていこうとする姿のような
駆け落ちをし、後ろ盾を無くしても 二人幸せに、生きていこうとする姿のような
つがいが欠けていても、決して楽でなくても、強く、子供を育ててきた片親の姿のような

そんなモノが重なって映った。 母性かな? 母になる、か

気付いてなかった気持ちに気づいたか、無自覚に近かったモノがより自覚的に成ったか。
“大切な人を護りたい"そう、護りたいのは大切な人  ・・・・・貴方のことが大好き、か
日常として関わってたところを、相手の境遇を知り、誰でもない“自分がこの子を護る"そう決意
 
この作品における“母親"の位置が“ナディ"だと思わされた回 リリオと一緒の時に
気づいてよかたかな?  終い
[ 2007/07/07 20:30 ] [ 編集 ]

ナーグル、な~ぐる、殴る

>ふぇありぃさん
またまた、コメントどうもです!

ナーグル?
殴るですか?(爆)
って、ナンデスカ、その腐敗と疫病をつかさどる悪魔のマークってw
とにかく、この研究所にあるマークと同じようなのですね。
ううむ、どんなゲームか、興味が湧いてきたような気が・・・。(ぁ
[ 2007/06/28 22:50 ] [ 編集 ]

ナーグル様がこんな所に?

なんか子の3つの丸のマーク見てたら、別ゲームの腐敗と疫病をつかさどる悪魔のマークを思い出したなぁ
[ 2007/06/28 00:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://infinite3cosmos.blog66.fc2.com/tb.php/263-cbd6d98f


エル・カザド 第13話「隠す女」

語るL・A
[2007/06/28 22:29] URL Hiroy's Blog

エル・カザド 第13話「隠す女」

エル・カザド 第13話「隠す女」
[2007/06/27 17:27] URL 恋華(れんか)

エル・カザド 第13話

なんだかスルッと真相に近付いてるよな。でも魔女って本当だったんだ、ずっと壮大なネタだと思ってたよ←ヲイ
[2007/06/27 13:26] URL オイラの妄想感想日記

エル・カザド 第13話 「隠す女」

久しぶりにエリスと対面したせいか、いつになく饒舌な変態…もといLA。下手するとメイン二人よりも喋ってるかも。
[2007/06/26 22:08] URL 目立たなくてもいいよね

隠す女

「この娘は私が守る。命に代えても」
[2007/06/26 22:03] URL tune the rainbow

エル・カザド 第13話「隠す女」

「今、この世界に存在しているのは…君と僕だけだ……」
[2007/06/26 20:42] URL 反逆者を追え!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。