スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひぐらしのなく頃に 解 ?祭囃し編 クイズ其の拾八?

【 ひぐらしのなく頃に 解 ?祭囃し編? ◇クイズ其の拾八◇ 】
※でっかいネタバレ要注意ですので、原作未プレイの方はご注意下さい!

今回はカケラ紡ぎ編の問題、第十五弾で其の十八(拾八)です!
一応、祭囃し編に沿った問題にしたいと思いますので、原作未プレイの方には本当にネタバレになります?、再度の警告です!
『 警告はした…。 あとは、貴方次第…。 』
難易度はご高説。 彼女の嗤いと彼の決意をお楽しみ下さい。
※答えは反転させると見ることが出来ます。

【カケラ紡ぎ Vol.15 ?研究快調?】
問1 治療の研究協力をすることになった娘 (古手 梨花) の様子を見る為に、父親である神主は
  入江診療所に赴く。 (既に何回か訪れている) (昭和55年辺り)
  以下の会話は、神主と入江 京介、鷹野 三四とのやり取りの一部を示したものである。
  これを踏まえて、???の各設問に答えなさい。

※以下の会話は、一部、管理人のオリジナルものとなっている。
※一部なので、途中、会話部分を大幅に省いた箇所がある。

 入江 『 ‥‥‥本当に、梨花さんの協力のお陰です。 彼女が献身的に協力に応じてくれなけ
      れば、これほどまでに雛見沢症候群の研究が進むことはありませんでした。 』

 神主 『 梨花は自分の a友達も、その病気にかかっているということを気にしていて、
      友達の為にも協力したいと常に言っていました。
      …どうか先生方、梨花の心意気を汲んでやって下さい。 』

 入江 『 もちろんです。 毎週、日曜日に貴重な時間を割いて頂いているのですから、
      必ずや成果にして見せます。
      …今後も梨花さんに過酷な実験を強いることがあると思いますが、どうかお許し頂ければ
      と思います。 』

 鷹野 『 彼女は ( A ) の生まれ変わりなんですから、大切な彼女の身に絶対に危害を加える
      ことはありません。 』

 入江 『 ‥‥‥それで、実はまた辛いご協力をお願いしなくてはなりません…。
      …彼女の b( B ) の採取のご許可を頂きたいのです。
      また、場合によっては彼女の頭蓋に穿孔を空け、直接、頭部の中を検査させて頂くことに
      なるかもしれません…。 』

 神主 『 ず、頭蓋骨に穴…ですか………。 』


 ?.( A )、( B ) に適切な語句を入れ、答えなさい。
  【答え】
    A.( オヤシロさま )  B.( 脳脊髄液 )  

 ?.傍線部aの?友達?に当てはまる人物をフルネームで答えなさい。
  【答え】
    :( 北条 沙都子

 ?.傍線部bについて、この採取内容を詳しく、入江 京介らから説明を受けた、
   当事者でもある古手 梨花は、どのような反応を示したか。
   以下の選択肢の中から最も適切なものを選び、記号で答えなさい。

  【選択肢】
   ?戸惑いながらも、渋々、承諾した
   ?説明の内容に質問し、納得した時点で承諾した
   ?何も疑わず訊かずに、素直に承諾した
   ?家族の同意がなければ承諾できない、と決めあぐねた

  【答え】
    :( ?


問2.上記の会話の後、入江 京介は傍線部bの?事前承諾?を古手 梨花の父親に求める。
   神主は家内と相談してから決めると言い、入江の成功意志表示の姿を見て、帰宅する。
   以下の会話は、その後の入江と鷹野 三四のやり取りの一部を示したものである。
   これを踏まえて、???までの各設問に答えなさい。

※以下の会話は、一部、管理人のオリジナルものとなっている。
※一部抜粋している箇所もある。

 鷹野 『 くすくすくす、あっはははははははははは…。 』

 入江 『 どうしましたか? 何か愉快なことでも…? 』

 鷹野 『 くすくす、いえいえ。 ‥‥‥患者とご家族に律儀に事前承諾を取られていたのが、
      何だか可笑しくって。 』

 入江 『 梨花ちゃんには本来無用の苦痛を強いられています。
      それくらいは最低限の礼儀だと思いまして。
      ‥‥‥ a去年の男も、正常な状態であれば、事前承諾を取りたかった所です。 』

 鷹野 『 入江所長は、この研究の始点から罪の意識に苛まれている…。
      この研究は、生きた検体でしか捌くことでしか進められない…。
      それを理解しているにも拘らず、貴方はこの研究を進めることに罪の意識を感じている。 』
 
 入江 『 …罪の意識は必要です。 私たちは、その死を無駄にしない為に最大限の努力と研究を
      重ねなくてはなりません。 』

 鷹野 『 ご高説ですわね。 くすくす…。
      …では、入江所長? 貴方はこれまでに人の脳を切り取ることに
      何度の事前承諾を取られたというんですの?
      貴方の、人の罪は脳の ( A ) によるものという独り善がりの持説で、
      一体、何人の患者が事前承諾なく切除されたんですの? くすくす…。 』

 入江 『 ぅ…。 そ、それは・・・。 』

 鷹野 『 今は倫理上、問題があっても当時は問題が無かった。 でも、そのことに罪を感じているか
      らこそ、梨花ちゃんや、あの男にさえも、事前承諾を取りたかった…、でしょう? 』

 入江 『 そ、それは誤解です…。 そもそもですね、治療と解剖では患者の… 』

 鷹野 『 ねぇ、坊や? 貴方が欲しいのは事前承諾という名の免罪符でしょう?
      自らの過去の贖罪心を満たすだけの欺瞞、免罪符。
      後悔するならば脳に二度と関わらず、あの時、所長就任の話を断れば良かったはず…。
      そうでしょう、坊や? 』

 入江 『 ‥‥‥非常に不快です。 私は先に失礼させて頂きます。 』

 鷹野 『 聞きなさい! 医学は常に、その時代の倫理や ( B ) との闘いから勝ち取られるの。
      かつて、 b高野先生が雛見沢症候群の存在を予見した時、その時代の権威たちは自分た
      ちの無知を棚に上げ、その先見性を嘲笑った。
      でも、病に倒れる直前まで研究を捨てなかったわ。 c必ず自分がいつか評価される日が
      来ると信じて。 そして、その日が自分の死後であったとしても、必ず来ると信じて!
      それは強い信念と揺らぎのない鉄の意志があるから成し遂げられること。 そうでなければ、
      時代の無理解に高野先生は屈していたはず。
      …研究はね、意志の力で成し遂げるのよ! ( C ) 的に強固な意志だけが、結果を紡ぎ
      出す! でも、貴方にはそれが無い。
      貴方は自分の実績を、誇るべきか恥じるべきかすら自分で決めあぐねている臆病者よ!
      そんな中途半端な覚悟で、よくも研究の所長を引き受けられたものね…!
      血塗られた両手を、更に血に浸すことでしか明かせぬ研究だと、
      最初から解っていた筈なのに!!! 』

 入江 『 ‥‥‥‥‥‥‥否定はしません。 私は、中途半端なのかもしれない。 』

 鷹野 『 ならば、所長を辞任なさっては? ( D ) 義務は残るでしょうが、貴方はこれ以上、
      罪の意識には苛まれなくて済むでしょう? 私にとって、貴方はパートナーである以前に、
      クライアントが要求した人事上の駒でしかない。
      こうして、研究機関が成立した今、貴方の存在はもう重要ではないの。
      …しかもその上、研究に対する覚悟が足りず、研究のパートナーとしても役立たずなら、
      貴方は無能の用無しよ。 私は独りでも研究をやめない。
      どんな罪も後悔も恐れない。 強固な意志だけが未来を紡ぐ。 …かつて、高野先生が
      高潔な精神で成し遂げたように、私もたった独りでも成し遂げてみせる…!!! 』

 入江 『 ‥‥‥‥‥‥‥とても立派な決意だと思います。 …ですが、私にも貴方には及ばないに
      しても、僅かの決意があって、ここへ来ています。
      そして、貴方の言う通り、私の手は既に血塗られて、さらに雛見沢に来て、血に浸しました。
      …だから、その責任を全うするまでは、私は逃げることは出来ません。
      ‥‥‥相変わらず、私は罪を清算できず苛まれ続けるでしょう…。 でも、逃げない。
      …必ず、雛見沢症候群の研究を決着させます。
      それだけが、この研究に命を捧げて下さった方々、 dそして、これから捧げることになるかも
      しれない方々への最後の誠意だと思っています。 』

 --------入江の表情には、ある種の決意が浮かんでいた。
 ほんの少し前まで、鷹野に思い出したくない過去を指摘されていた時のうろたえた様子とは違う。
 暫くの間、その意志の強さを目で示した後、入江は踵を返す。--------


 入江 『 ‥‥‥おそらく、梨花ちゃんの検査は承諾が取れるでしょう…。 準備をお願いします。 』
 
 鷹野 『 えぇ、心得ましたわ。 ‥‥‥‥‥‥‥‥所長。 』

 --------翌週、その承諾は得られた。--------


 ?.傍線部aの?去年の男?とは誰のことか。 以下の選択肢の中から最も適切なものを選び、
   記号で答えなさい。

  【選択肢】
    ?ダム現場監督 ?執行猶予中の男 ?麻薬常習者の男 ?ダム推進派のリーダー格
  
  【答え】
    :( ?

 ?.( A ) ? ( D ) に適切な語句をそれぞれ入れ、答えなさい。
   【答え】
    A:( 疾患 )  B:( 価値観 )  C:( 絶対 )  D:( 守秘

 ?.傍線部bについて、ここで鷹野 三四が入江 京介に対し、?高野先生?とあえて呼称してい
   るが、何故、そうしているのか。 その理由を簡潔に答えなさい。
   【答え】
    :( 入江には自分の過去、つまり、高野 一二三との素性関係を打ち明けていないから。

 ?.傍線部cについて、このことが示された?高野先生?のノートが実在するが、
   そのノートの名称をTIPS名で答えなさい。
   【答え】
    :( 色褪せたノート

 ?.傍線部dについて、後にこれに当てはまる犠牲者と呼べるに値する4人の人物名を挙げなさい。
   なお、名前が分からない人物の場合は、誰だか分かるような名称で答えなさい。
   ※古手 梨花は対象外とする。   
   【答え】
    :( 北条 沙都子、古手家頭首 (古手梨花の父親・神主)、古手 梨花の母親、北条 悟史


(終)




…今回は、入江 京介の決意のカケラでした。
本当、こんな問題しか出せなくて、すみませんです。 ( ̄ー ̄;
今回の問題は、2問中1問正解で合格です!(ぉ
なかなか、満点は取れませんよね…あはは…。(^^;)
今回は易しい問題ばかりなので、誰でもいけるかもです!(ぁ

スポンサーサイト

あぅ、惜しい!

>アスさん
コメントどうもです!

お、惜しい!
まさか、そこを間違えるなんて…、惜しすぎますw
そこは、出来て欲しかったのが本音ですがね。(ぇ
まぁ、満点はやはり…;
って、問題の出し方が下手なんですよね…、私。
~的だなんて、何でもいけますからねw
でも、まぁ、彼女の偉大な言葉だったので、出来るかなぁと思って出しました。
かなり、彼女はその言葉を強調して口走ってますからぁ!(ぁ

・・・次回の問題作成、頑張ります、色々と。(ぇ…
[ 2007/03/06 21:52 ] [ 編集 ]

問2のⅡのC以外は全問正解でした^^
しかし、無限さんの言うとおり、なかなか満点は取れませんねw
とはいえ、もう少しな感じです!

今回のミスですが、~的という言葉が頭の中にいっぱい浮かんだんですが間違えてしまいましたw
今度からはもっと細かいところまで勉強しなければ!
[ 2007/03/05 23:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。