スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひぐらしのなく頃に 解 ?祭囃し編 クイズ其の拾七?

【 ひぐらしのなく頃に 解 ?祭囃し編? ◇クイズ其の拾七◇ 】
※でっかいネタバレ要注意ですので、原作未プレイの方はご注意下さい!

今回はカケラ紡ぎ編の問題、第十四弾で其の十七(拾七)です!
一応、祭囃し編に沿った問題にしたいと思いますので、原作未プレイの方には本当にネタバレになります?、再度の警告です!
『 警告はした…。 あとは、貴方次第…。 』
難易度は警鐘。 万が一の時の事前対策と彼女の健気さをお楽しみ下さい。
(今回も復習問題がありますが、満点はやはり難しいでしょうw 今回は気合が入り過ぎ。)
※問2のcの問題は、原作では明らかにされていない仕様になっておりますが、考察問題として取り入れました。
 (問題文は事実ではありません。)

さぁ、 「ひぐらしのなく頃に ?祭?」 まで、あと僅か! 祭囃し編とは少し違う物語と結末、澪尽し編がでっかい楽しみです!
※答えは反転させると見ることが出来ます。

【カケラ紡ぎ Vol.14 ?谷河内の採石場?】
問1 以下の文章は鷹野 三四の祖父の論文の中の最重要部分について、鷹野 三四が心の中で
  語っているものである。 (昭和53?54年辺り)
  これを踏まえて、???までの各設問に答えなさい。

※以下の文章は、一部、管理人のオリジナルものとなっている。
※心の中とは別として、実際に今、鷹野 三四は祖父の論文を手に、東京のクライアントの関係者
 たちにプレゼンテーションしている。

  『 ( A ) を研究する上で、一番最初に協議しておかなければならなかったのは、
  ( B ) に万が一のことがあった場合に発生する、村の大崩壊についてだった。
  これは、 a祖父も論文の中で最も危惧している最重要項目だった。
  祖父によるならば、もしも ( B ) が死亡することがあった場合は、急性発症の平均的時間から
  見て、 ( C ) 時間以内に一般感染者全員が ( D ) するものと考えられていた。
  この考えは一般論からすると危険な思想、机上の空論であると囁かれるかもしれないが、
  世界の怪事件を例にすると実に綺麗な程に浮き彫りにされてくる。
  例えば、怪しい宗教団体の壊滅や集団自殺などを見ると、 ( A ) に酷似したコミュニティを
  支配する ( E ) による仕業であるという事件がいくつも確認できる。
  殆どのケースは、教祖やリーダーの死亡を引き金をきっかけに、コミュニティが暴走し、
  その結果、全滅しているのであるのだから。
  そして、教祖やリーダーの死亡から彼らが全滅するまでの平均時間が ( C ) 時間以内で
  あることが解明された。
  実際、村の一般感染者は ( B ) の健康状態で何らかの影響を及ぼしているのは、統計的事実
  から実証されている。
  ( F ) が体調を崩し、通院した週は、普段の通院する患者数と比べると明らかに高いということ
  が既に統計で解っているのである。
  風邪程度の症状でこれだけ顕著な結果が出るということは、もし彼女の身に何かが起これば、
  ( C ) 時間以内に異常な事態が起こるという考えは、もはや逸脱した話ではなかった。
  その為、入江機関は ( A ) を研究する上での重要任務として、 ( B ) である ( F ) の
  身柄の保護を掲げる必要があった。
   ( B ) の研究協力は既に受諾されたが、彼女の命を最優先事項とみなし、村人二千人の命を
  救うのが研究の上での当然の義務である。
  だが、 b我々の手でも防げなかった場合、つまり何かの間違いが発生し、彼女の死亡を
  許してしまった場合、我々、入江機関はその事態についても対応策を用意しておく必要があった。
  その為、入江機関設立の初期に、私が ( G ) の草案を作成した。
  文書の簡単な内容は以下の通り。
  万が一、 ( B ) が死んだり、あるいはその他の理由により、一般感染者全員に急性発症が
  起こるような事態が発生した場合、 ( H ) 。
  そう、これは被害を近隣に拡大しない為の最終手段。 それが、 ( I ) なのである…。
  実際の作戦詳細については、私のクライアントである ( J ) が全面的に担当してくれた。
   ( K ) や ( L ) などを研究する物騒なプロジェクトだけあって、実に手馴れたもので、私如き
  の素人が提案するに値しない効率の良いものだったので、大変助かった。
  陸上自衛隊は、雛見沢の上流にある c谷河内地区にて、ダミー会社を経由して、閉鎖された
  採石場を取得。
  そこを、 ( M ) 作戦用機材の秘密備蓄基地とした。
   ( G ) の発動時には、これらを使用して、陸上自衛隊の特殊部隊が ( M ) するという
  手はずになっていた。
  だが、これは当然のことだが、 ( N ) 的な危険が伴うのは明白である。
  だからこそ、我々、いや私はクライアントたちに ( A ) がどれほど危険な側面を持つか、
  ( M ) 作戦の必要性を資料で、祖父の論文で理解させなくてはならなかった。
  彼らクライアントたちは祖父の論文のコピーを読むと、結末の大惨事に衝撃を受けているよう
  だった。 』


 ?.( A )、( B ) に適切な語句を入れ、答えなさい。
  【答え】
    A.( 雛見沢症候群 )  B.( 女王感染者 )  

 ?.( C ) に入る適切な数字を以下の選択肢の中から選び、記号で答えなさい。
  【選択肢】
    ?12 ?24 ?48 ?60

  【答え】
    :( ?

 ?.( D )、( E ) に適切な語句を入れ、答えなさい。
  【答え】
    D.( 末期発症 )  E.( 寄生虫症

 ?.( F ) には人名が入る。 適切な人名をフルネームで答えなさい。
  【答え】
    F:( 古手 梨花
 
 ?.( G ) に適切な語句を入れ、答えなさい。
  【答え】
    G:( 緊急マニュアル

 ?.( H ) に前後の文章が適切になるような言葉を入れ、答えなさい。
   なお、文末は?緊急措置?という言葉にすること。
  【答え】
    H:( 一斉に急性発症が起こる48時間以内に執行しなくてはならない緊急措置 ) 

 ?.( I ) に適切な言葉を入れ、答えなさい。
   なお、必ず?自然災害?と?作戦?という言葉を使うこと。
  【答え】
    I:( 自然災害を偽装したガスによる抹殺 (滅菌) 作戦

 ?.( J ) に入る適切な語句を以下の選択肢の中から選び、記号で答えなさい。
  【選択肢】
    ?アルファプロジェクト ?アルファベットプロジェクト ?ベータプロジェクト 
    ?アルファベータプロジェクト ?アルファイータプロジェクト

  【答え】
    :( ?

 ?.( K ) ? ( N ) に適切な語句を入れ、答えなさい。
   ※ ( K ) と ( L ) は順不同。
  【答え】
    K.(  核  )  L.( 細菌兵器 )  M.( 封殺 )  N.( 政治

 ?.傍線部a?cについて、以下のA?Dの問いに答えなさい。
   A.傍線部aに当てはまる人名をフルネームで答えなさい。
    【答え】
    :( 高野 一二三

   B.傍線部bについて、この?何かの間違い?が起こってしまった物語はどの編に値するか。
    以下の選択肢の中から、当てはまる物語を全て選び、記号で答えなさい。

    【選択肢】
    ?暇潰し編 ?鬼隠し編 ?罪滅し編 ?綿流し編 ?目明し編 ?祟殺し編 ?皆殺し編

    【答え】
    :(  ? 、 ?  

   C.傍線部cについて、昭和58年6月の夏季に第4次森林施業計画に基づいて、この地区と
    高津戸地区にて森林伐採が行なわれることになる事象が明白になった物語は、
    どの編だったか。 答えなさい。
    なお、これは雛見沢村の営林署がある会社へと委託した事象でもある。
    【答え】
    :( 罪滅し )編

   D.上記の設問Cの委託された会社の正式名称を答えなさい。
    【答え】
    :( 小此木造園株式会社


問2 設問1を受けて、鷹野 三四はクライアントの人たちに自分の資料を納得させ、
  プレゼンテーションを成功させる。
  以下の文章は、そんな彼女の心の中を描いたものである。
  これを踏まえて、?と?の各設問に答えなさい。

 ※以下の文章は、一部、管理人のオリジナルものとなっている。

 『 説明は丸一日かかることになったが、異論は僅かしかなかった。
  誰も祖父の論文を馬鹿にはせず、批判もせず、彼らは認めてくれたのだ。
  ‥‥‥今日、彼らに読ませている資料の中には、‥‥‥あの日、偉そうな権威たちが、
  祖父の心と一緒に踏みにじり、足跡を残した屈辱の論文も含まれている…。
  それが、今では誰もが手に持って読んでくれている…。 私は、そんなとても小さな光景でさえ、
  心の中が満たされていくのを感じる。
  そして、彼らがしっかりと資料を読んで、議論している光景も、である。
  「天国のおじいちゃん、‥‥‥この光景、見えてますか?
  ようやく、貴方の論文が、研究の成果が認められました。
  貴方の努力と私の努力が生んだ永遠の結晶です。
  あぁ…、届いていますか? …おじいちゃん…。」 』


 ?.このプレゼンテーションが成功した理由には、鷹野 三四に大きな後ろ盾が存在していた
   からだが、その後ろ盾とは誰のことか。 苗字で答えなさい。
  【答え】
    :(  小泉  

 ?.a.以下の文章は鷹野 三四の祖父自身が研究中に記した?色褪せたノート?の一部を
    示したものである。 これは、鷹野 三四にとっての大切な宝物で、彼女の祖父に対する
    後継者としての原点の想いがここにあり、上記の彼女の心の中の原点でもある。
    A?Oのそれぞれの空欄に当てはまる語句を選択肢の中から選び、記号で答えなさい。

   ※( F ) と ( G ) の答えは順不同。

   『 ( A ) がいつ降臨されるのかは誰も知りません。 だから、不信心であったことを
    悔いぬよう、常に目を醒ましていなさい。
    その日がいつなのか、( A ) さえも知り得ないのです。
    ( A ) はいつ、その時が訪れてもいいように、常に目を醒ましているでしょう。
    常に自分の中の ( A ) を信じよ。 いつ、日の光を浴びるかは、その ( A ) すらも
    知り得ないのだから。
   
    ( B ) を惜しむな。 常に ( C ) であれ。 探求に ( D ) を。
   
    報われる日は ( A ) でも知り得ないが、その日は ( E ) されているのだ。
    ( E )の日まで、私は自らの ( D ) の炎を潰えさせることはない。

    
    神の子は、自らが三日の後に復活すると予言しました。
    罪人たちは兵を以って墓を封じ、その体が蘇ることがないよう監視しましたが、
    それはとても愚かな行為でした。
    復活とは、肉体が蘇ることではなく、その ( F ) と ( G ) が蘇ることだからです。

    肉体の死を恐れるな。
    自らの ( H ) が揺るぎ無いなら、必ず自分は蘇る。
    その時、自分は ( I ) を超越し、永遠の ( J ) を得るのである。

    そして、 ( K ) は ( A ) の子を断崖に連れて行き、飛び降りるように言いました。
    自らが ( A ) の子を名乗るなら、 ( A ) は ( L ) にて、その身を守るはずだと
    言うのです。
    それを試すことは即ち、 ( A ) を試すということです。
    ( A ) は ( M ) を試しますが、 ( M ) が ( A ) を試してはなりません。

    試すことは、疑うことです。
    疑いは ( K ) の囁きに耳を貸し、貴方を堕落させるでしょう。

    自らの ( N ) を疑うな。
    自らの人生を疑うな。
    自らの ( H ) を疑うな。

    そして、自分の ( O ) を人が評価することを試してはならない。
    それを試すということは、自らの人生を疑うのと同じことなのだ。 』


  【選択肢】
    ?教え ?勤勉 ?悪魔 ?成果 ?神 ?生 ?人 ?努力
    ?貢献 ?死 ?情熱 ?心 ?約束 ?実績 ?奇跡

  【答え】
    A:( ? ) B:( ? ) C:( ? ) D:( ? ) E:( ? ) F:( ? or ? ) G:( ? or ?
    H:( ? ) I:( ? ) J:( ? ) K:( ? ) L:( ? ) M:( ? ) N:( ? ) O:( ?

   b.上記の?色褪せたノート?の中にある傍線部の?神の子?に当てはまる世界の
    歴史上の人物名を答えなさい。
  【答え】
    :( イエス・キリスト )  

   c.上記の?色褪せたノート?の真意を祖父を想うが故に読み取れなかった鷹野 三四は、
    現在、ある過ちを既に犯してしまっていた。 その過ちの内容を簡潔に答えなさい。
    なお、このノートを基に後に犯してしまう過ちと逆に利用してしまう過ちもあるが、
    それらも一緒に簡潔に答えなさい。 (考察問題)

   ※全て?色褪せたノート?に起因する事柄である。
    (事実だと明らかにされていないが、考察問題として採用する)
   ※?色褪せたノート?の言葉と関連性があるような答えを導きなさい。
   ※逆に利用してしまう過ちは、本編の皆殺し編までが対象である。

  【答え ?過ち?】
    :( プロジェクト開始前に、お遊び程度の気持ちで赴いた古手神社の賽銭箱前にて、
     神を試す行為をしてしまったこと。〔神に対し、宣戦布告してしまったこと〕


  【答え ?後に犯してしまう過ち?】
    :( 後に祖父の親友でもあった唯一の支援者の小泉の死により、自分を支援してくれる
     一切の後ろ盾がなくなった彼女は絶望の淵に立たされる。
     そんな時、東京のクライアントの野村という小泉派の女性に声をかけられ、彼女はその
     野村という悪魔との契約を交わしてしまったこと。
      〔自らの復讐を成就させる為に契約を交わしてしまったこと=自らの人生を易々と
       試して (疑って) しまったこと。〕


  【答え ?後に逆に利用してしまう過ち?】
    :( 肉体の死をダミーの焼死体に結び付け、自分の存在を死をも超越した永遠の生、つまり、
     歴史に刻まれ、世に永遠と語り続けられる神の存在へと祖父と共になろうとしたこと。



(終)




…今回は、緊急マニュアル草案のカケラでした。
本当、こんな問題しか出せなくて、すみませんです。 ( ̄ー ̄;
今回の問題は、2問中1問正解で合格です!(ぉ
なかなか、満点は取れませんよね…あはは…。(^^;)
今回も難しいなぁ、と自分でも言っています。(ぁ

スポンサーサイト

次のカケラはアレにしよう。

>アスさん
コメントどうもです!

はい~、難しいでしょう?w
しかし、問2のcが二つも出来ましたか!
考察問題だけに、お見事です。
本当、原作では語られていないので…、真相は解りません。(ぇ
あ…、あっちのTIPSを出せば良かったか…。(○○○へ)
まぁ、これは後に出す予定で組み込みました。(ぁ

さて、次回のカケラ紡ぎ問題は…、あれに決めました。(何)
ヒントは、嗤いかな。
さてさて、何が来るかお楽しみに。
[ 2007/02/21 21:07 ] [ 編集 ]

こ、これは難しいですね^^;
問2のcは「後に犯してしまう過ち」だけ間違えました。
あとの二つはバッチリなのですよ♪

とはいえ、これは満点無理ですwww
ではでは、次回も期待してます^^
[ 2007/02/18 22:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。