スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

指定ワードバトン

【 指定ワードバトン 】
一歩さんから頂いた 「指定ワードバトン」 でございます。
指定されたキーワードについて答えるバトンだそうです。
で、わしのキーワードは 「ひぐらしのなく頃に」 !(ありがとう、一歩さんw)
『 じゃあ、レナも答えてみようかな? かな? 』
最初の質問だけ、私の答えの内容を、ひぐなくキャラクターの会話で答えたいと思います。(ぁ
何だこれ?って感じです、ご了承下さい。(ぁ

余談です。
それにしても…、風月さんよ…。 「YAT安心!宇宙旅行」 は懐かしすぎるぜw
確かにOP曲と描写は神レベルでしたね?。 このアニメがきっかけで最初の燃え (萌え) を見つけたのかもしれない。(ぇ ⇒
◆最近思う 「ひぐらしのなく頃に」
圭一 『 う?ん、現実世界と重なっている事象が最近、発生していることかな…。』
梨花 『 みぃ?、そうなのです。 バラバラ殺人とかですね、圭一? 』
圭一 『 あ、あぁ…ってそんなにはっきりと言っちゃいけないことなんだけどな…。 』
レナ 『 レナが特注の鉈を持ってくれば解決することなのかな? 』
圭一 『 うぉぉい! 余計に印象が悪くなる、というより意味が分からん!!! そういうことは止めろ、レナ! 』
レナ 『 え?。 だって、ほら…梨花ちゃんだって特注の鍬を持っているよ? 』
梨花 『 レナと同じ特注なのですよ、にぱ?☆ 』
圭一 『 い、いつの間に!? あの、もしもし…? 二人は正気ですか…?
    何故、この場でそんな凶器を持っているんだ…? しかも俺に向かって…。 』
レナ 『 あはは! 圭一くんって意外と怖がりなんだねぇ?♪ どうする、梨花ちゃん? 』
梨花 『 そんな圭一には地獄を味わってもらうのですよ。 いくですよ、レナ! 』
レナ 『 うん、そうだね…。 やっぱり、それしか無いよね…。 圭一くんが悪いんだもの…仕方ないよね。 』
圭一 『 !? お、おい…冗談だろ…? 何だよ二人とも…、笑いながら鉈と鍬を持って俺に近づいてきたりなんかして…。 』
梨花 『 圭一…。 これは、もう決まっていることなのですよ…。
レナ 『 そう、何事も運命なの。 だから、ここで圭一くんは…。 』
圭一 『 まさか…、本気で殺すつもりか!? この俺を…? 』
梨花 『 それ以外、何があるというの? くすくす…、じゃあね、圭一。 最期まで愛でてあげるから安心してもいいわ。 』
レナ 『 あ?はっはっは! こんな圭一くんをあんな風にしちゃうと、ますます圭一くんをお持ち帰りしたくなるよ♪ 』
圭一 『 ふ、ふざけるな! 俺が一体、何をした? 殺される運命になることまでした原因って何だ?
    何がいけなかったくらい、教えろよ! 』
梨花 『 まだ、気付かないのですか…。 貴方は?現実世界と重なっている事象が最近、発生している?と言った…。
    これが、どういう意味か…、解る? 』
圭一 『 そのまんまの意味じゃないか! って、あれ…。 現実世界と重なる? 最近、発生? バラバラ殺人?
    む…。 どあ????????!? 現実世界じゃない、ひぐらし世界の間違いだ! 』
レナ 『 やっと、答えを見つけたんだ。 偉いよ、圭一くん。 でも、遅かったね。
    今から、その事象を発生させてあげるから、少しだけ待っててね、圭一くん♪ 』
圭一 『 あ…、あ…。 つまり、あれか…。
    実際、俺たちの世界でバラバラ殺人というものをたった今、起こそうとしているということか…。
    で、俺が、それを最近、思ってしまったから…俺が犠牲者ということになる寸法なのか…。 』
梨花 『 にぱ?☆ 正解なのです! (当然だけど)ご褒美にバラバラ事象のプレゼントなのですよ! 』
レナ 『 私からの?血のバレンタインチョコ?ということでもあるんだよ? だよ? だから、嬉しがってくれないと困るかな。 』
圭一 『 へへっ…、それでか…。 現実世界でも、もうすぐ2月14日だから…。 流石だな、レナ!
    前もって、梨花ちゃんと計画していたんだろう? 』
レナ 『 そこまで推理できるなら、大したものだよ、圭一くん。 なら、受け取ってくれるよね? 私からの?チョコ?を! 』
梨花 『 チョコはチョコでも、生血チョコなのですよ。 』
圭一 『 いいぜ、受け取ってやる! だがな、俺が食べなきゃ、受け取るという意味にはならないぜ?
    だから、俺を殺したら、それは無意味になるってことだ。 』
レナ 『 はぅ! それもそうだねぇ。 殺したら、口で味わえなくなるからね。 じゃあ、こうしようかな。
    圭一くんがバットで私を撲殺して、私の血を塗ったチョコを食べるの。 うん、それが一番かも。 』
圭一 『 なるほどな! じゃあ、そうしよう。 梨花ちゃんもいいよな? もし、断ったら、レナと同じ目に遭っちゃうぜぇ?
    くっくっく。 "俺如キニ祟リ殺サレルナ? あはははははははははははは…! 』
梨花 『 みぃ?…。 (そう、これも定められた運命…。 この世界も終わりね…。
    せっかく夏を迎えられたのに、2月で朽ち果てるなんて…。 バレンタインって、恐ろしい日ね…。) 』


そして、ひぐらしの鳴き声は…、静かに静かに…、安らかに安らかに…、眠るように消えていった。
この事件をきっかけに雛見沢村での2月14日という日は?血のバレンタインデー?と名づけられることになるのだった…。
『 良い子は真似しないでね? でね? 』

◆直感的 「ひぐらしのなく頃に」
キュピ?ン! まさに、惨劇と悲劇と喜劇の三大ショー、と直感的に思いました!
『 嘘だッッ!!! 』
という台詞も、ある意味、直感的ですよね?w
だって、その台詞を聞けば、大抵は?ひぐらしのなく頃に?を直感的に連想してしまうから…。

◆「ひぐらしのなく頃に」 のここが好き
日常の何気ないキャラたちのやり取りが和やかで好きです。
いや、あまりにも楽しすぎて、実際の世界でもそうでありたい、と願うばかりです。
ただ、リスクとして?惨劇?があるのは頂けませんがねぇw
まぁ、とにかく、ひぐらし世界では?日常の様々な風景?・?キャラたちが触れ合う時の穏やかさ?という点が私は一番、好きですよ。
また、惨劇と悲劇と喜劇が現実世界と酷似している点でも、何か惹かれる点があって好きです。
そして、その三大ショーが交互に展開されていくという点も好きですよ。

◆「ひぐらしのなく頃に」 のここが嫌い
嫌いなモノは無いのですが、あえて言うなら…あれですか。
?年齢不詳?という点ですよw
圭一とレナは16歳くらい? 魅音と詩音は17歳か? 梨花と沙都子は12歳か? などなど…。
あらゆる年齢不詳に疑惑が浮上しておりますw
具体的な疑惑は、北条義父や叔父からの沙都子の虐待で…、あの年齢でピ?虐待があったのなら…、
もう…、涙が…、止まらなくなるよ!
まぁ、実際にあったんでしょうがね…; くそっ、最初の頃の義父や叔父の鉄平に腹が立つ!w
う?ん、そんな所です。(ぁ

反転すると見れます。
※ピ?虐待… (性的虐待) のことです

◆この世に 「ひぐらしのなく頃に」 がなかったら
まず、最高の惨劇というものを客観的に味わえなかったことでしょう。
無いということは、触れることが出来ないという意味ですからね。
そして、あんなに推理して楽しかったゲームは逆転裁判以来でしたから、推理の面白さも味わえなかったでしょう。
無かったら、このブログは?只のブログ?になっていたことでしょう。(ぇ
「ひぐらしのなく頃に」 は人生の中であらゆる面から楽しめる唯一の傑作だと、私は思っています!(ぉ
だから、触れておいて、本当に良かったと思っています。

◆次に回す人、いっぱい指定つきで
う?ん、どうしようかなぁ。
じゃあ、回してみるかな?w

アスさん ⇒ 「Kanon ?カノン?」
風月さん ⇒ 「アニソン」

ということで、よろしくお願いしまっす^^(ぇ
あ、強制じゃないですので?ご安心を。(ぁ


最後に一歩さん、私の一番好きな指定ワードでバトンを渡して下さり、ありがとうございましたぁ!
おかげさまで、楽しく答えられましたよ!
さぁて、今宵は人間関係力テストで自分は惨劇の結果が待っている予感…。(何)

スポンサーサイト
[ 2007/02/12 ] その他 | TB(0) | CM(2)

いっえいっえ!

>一歩さん
コメントどももです!

いやぁ、バトン改めて回して下さり、感謝していますよ。(ぁ
血のバレンタインなんて話も出来たことですし、自分で作って更に楽しめましたから。(ぇ
やっぱり、ひぐなくは素晴らしいです。
一歩さん、未だ踏まない原作をいずれ堪能して下さいまし!
まぁ、強制ではないですが、楽しさの深部を追い求めるなら必須ですw
っと、一歩さんの推理が合っているか、見物です。
まずはアニメですねぇ! 自分なりに答え合わせする機会でもあるでしょうね、第二期アニメは。
さぁて、どれだけ描写されるか…w
[ 2007/02/14 21:32 ] [ 編集 ]

ありがとうございましたw

こんばんはw
バトンにお答えいただき、ありがとうございましたw

>血のバレンタインデー
((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル(ぁ
恐ろしいですね・・・かわいそうな圭一なのです。
でも、もし本当にバレンタインデーを迎えられたら、圭一はチョコの期待が持てますよねw

>『 嘘だッッ!!! 』
この言葉を聞くと、本当に直感的にひぐらしを思い出しますよ。
結構トラウマになってたりもします・・・(´・ω・`)(ぁ

>そして、あんなに推理して楽しかったゲームは逆転裁判以来でしたから、推理の面白さも味わえなかったでしょう。
たしかにここまで推理にハマったのは、自分も逆転裁判以来ですよw
ただ、ここまで難しい推理は初めてです。
ここまでハマって推理したからこそ、やっぱり解答編の皆殺し編・祭囃し編が楽しみですw

それではw
[ 2007/02/12 23:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://infinite3cosmos.blog66.fc2.com/tb.php/195-e7d94540


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。