スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

.hack//Roots 第9話 『Melle』

?アニメ .hack//Roots 第9話 『Melle』 について?

【 フィロ & Bセット ?冷静な監視者? 】
ついに、Key of the Twilightへの道に辿り着いた黄昏の旅団。
緑、赤、黄、青、紫…計五つのウイルスコアが揃うことで、その道は開かれる。
竜の眠る湖底フィールドへと赴いたオーヴァン、志乃、ハセヲ、タビー、匂坂。
その頃、Bセットは街の橋の上に居るフィロの元を訪れ、黄昏の旅団の動向を心配していた。
そう、Key of the Twilightが無事に見つけられるかという心配を。

フィロ 『 Key of the Twilightの争奪戦が始まった・・・・・・か。 』
Bセット 『 ん…。 』
フィロ 『 そんなに気になるなら、行けばいいだろうがぁ? 』
Bセット 『 でもぉ…。 』
フィロ 『 たまには考える前に動くのも、悪くないと思うぞぉ? 』
Bセット 『 んっ…。 』
フィロ 『 手遅れになる前に動け! ?後悔、先に立たず?だ…。 』


フィロはThe Worldの世界に左右されない趣で、Bセットに助言を与えた。
彼はまるで、冷静な監視者とも言えるべき存在を呈していた。
【 匂坂 VS 俵屋 ?五千年前? 】
匂坂は信頼という絆を教えてくれた仲間の為、俵屋から黄色のウイルスコアを奪いに行った。
だが、俵屋は強かった…彼は奇妙な本を取り出すと、まるで匂坂は手も足も出ない唯の木偶の棒と化した。
あえなく未知なる力の前に平伏す匂坂だったが、回復アイテムが底を尽きるまで何度も何度も仲間の為にと
言って立ち上がった。
そんな姿を見て、俵屋は呆れたような表情をし、逆に観念させられたような立場に立たされた。
それにより、俵屋は匂坂に黄色のウイルスコアを放り投げ、お前の勝ちだと言わんばかりの仕草をした。

俵屋 『 熱くなるのは苦手でね…。 』
匂坂 『 ぁ…ぁぇ…おぉい!? 』
俵屋 『 ―――人間の考えることなんて、?五千年前?から変わんねぇかも。 』


呟いた俵屋は独り、孤高の雰囲気を漂わせながら、黄昏の夕暮れに染まる草原を静かに歩いて、立ち去って行った。

【 黄昏の旅団 VS TaN ?結集…そして、黄昏開く鍵へ? 】
Bセット、ゴードも仲間という信頼に気付き始め、黄昏の旅団に協力することになった。
ゴードが青のウイルスコアを持って、竜の湖底フィールドへやって来ることはオーヴァンにとって
それは至極、当然のことだった。
つまり、オーヴァンは全てを視野に入れた上で、Key of the Twilightへの道の段取りをしていた訳である。
だが、それはTaNの直毘にとっても同じ考えを視野に入れた上に行動していた。
だからこそ、お互いにKey of the Twilightを巡っての争奪戦の本番が今、繰り広げられようとしているのである。
オーヴァンたちは何とかエンダーら、PK集団を払い除けることに成功し、全てのウイルスコアをそれぞれが湖底の
ウイルスコアに反応する五つの石柱場にてかざした。
すると、五つの石柱がそれぞれのウイルスコアの色と同じ輝きを放ち、オーヴァンが最後の緑色のウイルスコアを
かざすと辺りは緑色のオーラに包まれた。
そして、緑色の光のオーラによって、Key of the Twilightへの道が開かれ、オーヴァンたちは何処かへと転送された。
その様子を影から窺っていたエンダーたちPK集団もエンダーの掛け声と共に入り、転送された。
エンダーは直毘の計画を遂行する為に、わざとやられた振りをして、好機を狙っていたのである。
再び、転送されたフィールドにて睨み合う、オーヴァン率いる黄昏の旅団とエンダー率いるTaN。
志乃はオーヴァンに先に行くようにと促し、オーヴァンは 『 任せた。 』 とKey of the Twilightの真実へと
近づいていった…。


(終)

<感想>
前回の話はお休みして申し訳ございませんでした。
簡潔ですが、今回は書けました。
ということで俵屋…強し。
まるで、旅団クモのクロロ・ルシルフルのようだったです。(ぇ
それにしても、哲学的なようなものを言った俵屋は一体、何者なのか…。
五千年前という単語が興味をそそられますね?。
最後のシーンでは 「Silly-Go-Round」 が流れたので、ノリノリな気分で締め括られて良かったです。
そして、オーヴァンが神に視えてしまった…。( ̄ー ̄;
さて、次回は 『 Missing 』 (行方不明?)
むぅ…否定系の英語がまた登場ですね?。
ゲーム未帰還者と関連した事柄の予感がしますが、これだけでは何のことやら解りませんね;
まさか、オーヴァンが行方不明になるのだろうか。(ぇ?

<.hack//Roots 第一巻DVD>


スポンサーサイト
[ 2006/06/10 ] .hack//Roots 【終】 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://infinite3cosmos.blog66.fc2.com/tb.php/17-04db24a5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。