スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひぐらしのなく頃に 第28話 『皆殺し編 其の壱 サイコロの世界』

?アニメ ひぐらしのなく頃に 第28話 『皆殺し編 其の壱 サイコロの世界』 について?
※完全にネタバレですので、原作未プレイの人は出来るだけ続きを閲覧しないで下さい。
私が勝手に創ったオリジナルアニメ風記事のつもりです。
まだ記事自体、完成していません…いずれ完成させます;


【 サイコロの世界 ?人生ゲーム? 】
例えば、そう…、双六すごろくというゲームに置き換えてみるといい。
それは、サイコロという1?6までの限られた数字を使い、アガリと呼ばれるゴール地点まで
早く辿り着ければ勝ちという単純なゲーム。
そのゲームの中で、貴方は続けてサイコロの6の目を出したとする。

すると、どう? アガリと呼ばれるゴールに、より早く近づけるわよね?

でも、6を続けて出していくには相当の運が必要ね。
たとえ、6だけ出すという強運な展開を貴方が起こしたとしても、その道のりの途中にある、振り出しまで戻るとか、
現在の地点から?マス戻るという風な??が必ず潜んでいるわよね。
逆に、1だけ続く弱運な展開だってあるのだから、それも一つの罠に嵌る要素よね。

つまり、双六は人生のようなものと言っても過言ではない。
貴方は今まで、この双六のような人生を客観的に見てきたはずよね。
そう、古手 梨花たちの物語を…。

罪滅し編をサイコロの数で簡単に表してみると、こうなる。

レナの過ち(1の目) ⇒ 圭一たちによるレナの救い(6の目) ⇒ レナの大石と鷹野との接触(1の目)
⇒ レナ豹変(1の目) ⇒ 圭一による罪の自覚(6の目以上の奇跡) ⇒ 圭一たちVSレナ(6の目)
⇒ レナによる罪の自覚(6の目以上の奇跡) ⇒ 雛見沢大災害(1の目以下の悲劇な祟り)


こうしてみると、人生って面白いわよね。
最初は上手く行かない最低な展開(1の目)があっても、途中からそれとは一転して
最高な展開(6の目)が起こる時もある。
そのまま最高な展開が持続すればいいのだけれど、また最低な展開が待っている可能性だってある。

そんな双六のような人生が繰り広げられている世界…、ここ雛見沢。
貴方たちの世界だって、そうよね。
私たちも貴方たちも常に同じ世界の下で生きている。
喜劇、悲劇、惨劇…。
この三種の人器(あえて人の器と記す)がある限り、世の中は変わり続ける。
だからこその人の世界。
変わらない世界だなんて、ちっとも面白くないわよね。

でも…、人生の中には決して変わらない?モノ?だって必ずあって欲しいわよね。
梨花たちが、いや、梨花が望む変わらないモノ…。
それは、無事に昭和58年6月以降の世界に辿り着き、いつもの仲間と共に、村人たちと共に楽しく過ごして行きたい…
そんな当たり前の願い。

雛見沢に存在する三つの錠前を外すには、ただ祈っているだけでは意味が無い。
まず最初に、常に一生懸命で前向きな姿勢で、たった一人だけ世界の終わりの時が解る梨花が、
惨劇を回避するような行動を少なからずも起こさなければならない。
奇跡は起きるものではなく、起こすものだと貴方は既にご存知よね?

サイコロの世界…。
梨花たちが振るサイコロの目…。
今回はどのように展開されていくのでしょうね、くすくすくす…。


―――Frederica Bernkastel―――

【 昭和58年6月からの物語 ?二週間の猶予? 】
気付いたら、私は崖から転げ落ちていた。
それにより、レナ、魅音、沙都子、そして圭一が私の身の心配をするように、皆が一斉に声を上げていた。
私は皆の声が聴こえたので、全身は痛かったが起き上がろうとした。
『 いたたた…これは、一体何事なの…? 』
『 あぅあぅ…、梨花は皆と遊んでて、崖から転げ落ちたのです。 だ、大丈夫なのですか…!? 』

あぁ、もう一人だけ私の身を心配してくれた奴が居た。

この、あぅあぅ口調である彼女の名前は…、羽入はにゅう
彼女は、私以外は彼女の姿を誰も視ることが出来ない、私だけが視ることの出来る不可視の存在。
『 羽入…、そんなことより今日は昭和何年の何月何日なの? 』
『 えぇっと…、来週が綿流しのお祭なのですから…、えぇっとえぇっと……… 』
顔面蒼白になるくらい、私はそのあまりにも短い猶予に悔やんだ。
もはや、残された時間は限られている…つまりは…。
『 ………もう、僕たちの力も、これが限界なのです…。 』
羽入は謝罪の想いを含んだ言い方で、私に告げてくれた。
そう…、羽入の力もだんだんと弱まってきているのだ。
これはもう、どうにもならない、嘆いても仕方のないこと…。
『 別に謝らなくてもいいわ…。 …そっか、私はまた…殺されたのね…。 』
ぼんやりとした記憶が少しずつ私の脳裏に蘇ってきた。

あのレナによる学校占拠事件後、レナは警察に投降し、それからクラス全員は入江診療所で診察を受けた…。
幸い、私には怪我は無かったので、問診票には怪我をしていないと書いて、帰宅を許されたのだが…。
…そこからだ…いつもの最期の瞬間を迎える前に、必ず記憶がノイズ混じりとなって意識朦朧になる現象…。
いわゆる、乱暴な死に方により発生する瞬間的な記憶障害である。
だから解るのは、私が帰宅する途中か帰宅後かに誰かに襲われて、あっという間に殺されたということだけ。
私が記憶を整理していると、いつもの大切な友人たちが私の傍へと駆けつけてくれていた。
『 はぅ…、梨花ちゃん、大丈夫!? 』
『 どこが痛い? おじさんに見せてみて! 』
『 みぃ?…、大丈夫なのです。 頭の上にタンコブが出来ただけなのですよ…。 』
『 駄目ですのよ。 頭を打ったのなら、後遺症にもなっているかもしれませんし…、
 一度、診療所で診てもらった方がいいですわ! 』

『 そうだな…。 念の為、監督に診てもらった方がいいな。 』
皆が心配をしてくれる…こんなにも………あぁ、何て幸せだろう。
そんな仲間たちといつまでも一緒に遊んで暮らしていきたい…、それだけなのに…。


(記事切の為、ここまでです。短っ!)

スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://infinite3cosmos.blog66.fc2.com/tb.php/151-40b4c12b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。