スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひぐらしのなく頃に 第23話 『罪滅し編 其の弐 還る処』

?アニメ ひぐらしのなく頃に 第23話 『罪滅し編 其の弐 還る処』 について?
※一部、原作を基に記していますので原作未プレイの人はご注意下さい。
でも、ほとんど自分の考えた言葉で書いています。


【 レナの道 ?過ちの努力?仲間の絆?儚い幸せ? 】
今の私に出来ること…。
それは、私とお父さんの幸せを邪魔する敵を倒すこと。

今の私に出来ること…。
それは、小さな…ほんの小さな幸せを掴み取ること…。

今の私に出来ること…。
だから、私は間宮 律子と北条 鉄平をこの手で…。

あと一歩…あと一歩という所で私の過ち、罪を圭一くんたちに知られてしまった。
そう、全ては私を抜いた部活メンバーたちがゴミ山へ行って、宝探しをしようと言い出したのが事の発端。
その日だけ、私は二人の死体をバラバラに解体した6つの部位をゴミ袋に詰め、谷河内の山奥に行って、
その袋を隠す場所を探していたのだ。

でも、何でかな…こんな展開になるなんて…夢にも思わなかった。
普通なら、私の罪を叱責し、早く警察に出頭するようにと促すはず…。
圭一くんは涙を流し、私に未来の在り処を示してくれたんだよ…。
「レナのやったことを受け入れる!!!」
圭一くんは、レナの心を解っててくれていた…哀しくて辛くて小さな幸せすら掴めない今の私の心境を…。
そして、梨花ちゃん、沙都子ちゃん、魅ぃちゃん…。
皆、私を支えてくれた。
皆、私の罪を受け入れて、胸の内に私の過ちを隠してくれた。
皆、死体の袋を谷河内の山奥に捨てる為に、一緒になって手伝ってくれた。
あぁ…私は初めて実感することが出来たかもしれない。
仲間の絆…信頼…。
レナは、今…ほんの小さな幸せを享受していた…。
それが、この先、どんな形の滑稽劇になろうとも…私は忘れないよ…この小さな幸せの享受を…絶対に!
努力する…忘れない努力を…! だけどね…だけど、努力しても成し遂げられなかった場合には…、その時はごめん…ね。
………みんな、ありがとう………。

もし、レナがまた誤った方向に行ってしまったならば、皆はまた私の罪を救ってくれるのかな? かな?



(終)


【 営林署便り ?次回 or 次々回予告? 】
※以下、反転すると見れます。 見たい人だけどうぞ。(TIPS 営林署便り より抜粋)

さて、××第4次森林施業計画に基づき、本年夏季に山林の伐採を行なうことになりました。
この伐採は、老齢木や枯木を伐採することにより山林の美観を守り、新たに植樹を行なうことで
山林の若返りを目的とするものです。
営林署では、この伐採作業に参加するボランティアを募集しております。
青空の下での林業体験を通じて、自然緒素晴らしさを満喫される貴重な経験をされてはいかがでしょうか?
時期はちょうど夏休みを挟み、お子様との親子での参加も可能です。
夏の野山での貴重なボランティア体験を通じて、お子様の健全な育成に貢献できればと思います。

なお、伐採予定地は高津戸の地区、谷河内地区の山林になります。

※谷河内地区の山林…レナが解体した死体を詰めた袋を、圭一たちが運んで隠した場所に含まれる。


<感想>
※罪滅し編はレナの言葉 (想い) で記事を綴っています。

もはや、楽しむ為には簡潔に書き記すしかないのです、みぃ?♪
これだけ放送が遅いと、記事も遅くなり、皆さんは興ざめして見てくれないかもしれませんが、私は信じていますよ^^

仲間の絆とは、さしずめ、良い方向にも悪い方向にも持っていってしまう副産物のようなもの。
でも、圭一たちの場合はある意味、中立的な立場でレナを支え、仲間の絆・家族という良くもなく悪くもない曖昧な選択肢を選んだ。
儚い幸せの享受とは、本当に儚い仲間との絆でもあります…;
でも、それを乗り越えてこその罪滅し編!!!

<次回予告>
「帰巣性」と「ホームシック」について
鬼ヶ淵村の沼より 鬼が湧き出し 
連続怪死事件
狂信的団体
太古からずっと隠してきた重大な秘密
「うじ虫」と「オヤシロ様の祟り」について
神が貶められる


次回タイトルは、 『 罪滅し編 其の参 34号文書 』 です。
次回で最も重要なモノは、「帰巣性」 と 「ホームシック」 について ・ 「うじ虫」 と 「オヤシロ様の祟り」 についてという項目です。
ちなみに、34号文書とは即ち、鷹野 三四の?スクラップ帖?を示す。
さて、ここで触れておきたい共通点は、目明し編のお話の一部。
詩音もまた、オカルト好きな彼女から受け取った物がありましたよね。

以下、少しだけ次回・次々回あたりのネタバレです。
原作を既読済みの方、もしくは未読だけどネタバレ歓迎という方は反転させて閲覧することを許可いたします。


次回、綿流しの祭の日に今回も起きてしまった連続怪死事件についての調査で大石が登場。
レナは以前 (綿流しの祭の少し前、リナ・鉄平殺害の件を圭一たちに知られてから何日かした後) に図書館で
鷹野 三四に渡された、いや、託されたスクラップ帖の中身を一読する…。
スクラップ帖には、レナの過去の?体験?と酷似したそのものが書き記されていた…。
それを見たレナに、心身に影響を与える異変が起きる…!


【34号文書とレナ】
いよいよ、宇宙人のお話…。
レナは、未知なる宇宙人が雛見沢を監視し潜んでいることを妄想し、やつらを敵とみなし、仮想の雛見沢を守ろうとする。
そして、レナはそれが原因で仲間を疑い、独りで暴走し、学校を占拠し、
そこに時限発火装置を仕掛ける行為までに走ってしまう…。
どうでもいいですが、34号文書は現代で噂とされているアメリカの9.11テロ陰謀説と酷似していますね。(違)


<ひぐらし内放送CM ?サントラ2?>


<ひぐらし内放送CM ?DVD第3巻?>
※全巻集めてしまう可能性があるのですが、どうしましょw
第三巻は詩音と悟史のコンビ?!


<ひぐらし内放送CM ?dwango関連 沙都子&梨花Ver.?>

沙都子 『 ついに、わたくしの着信ボイスが出ましたわぁ?♪ 』
梨花 『 みぃ?♪ 』
沙都子 『 を?っほっほっほっほ! わたくしの魅力が満載ですのよ! 』
梨花 『 ボクのもあるのですよ、にぱ?☆ 』


沙都子 『 やっぱり、わたくしの待ち受け画像は素敵ですわ♪ 』
梨花 『 着うたやムービーもあるのですぅ?♪ 』
梨花 『 オヤシロさまが、その着うたを欲しがっていますのですぅ?♪ 』
沙都子 『 ぅ!? 携帯…使えますの…!? 』

スポンサーサイト

34号文書と謝罪と

>アスさん

どうも、アスさん!
レス遅くなって、毎度すみません。
コメント、ありがとうございます!

>仲間の絆
でっかい最高ですね!
私は夢を見ているのでしょうか…。
自分の記事で更に仲間の絆はかけがえのないものだと感じてくれたなんて…でっかい感激です!
しかも、レナの言葉そのものまで褒めて下さるとは~、詩音(鬼Ver)になるしかないじゃないか!(駄目駄目)

>原作
原作は文章で語り、アニメは描写で語る…。
これはもう仕方の無いことなのかもですね;

>34号文書
ええ、これは早すぎかなと思いました。
何たって、罪滅し編の最後の所でようやく出る名称ですからね。
それも、昭和58年より後のお話で…。
まぁ、ただの名称ですから、仕方ありませんよね!

ということで、アニメは早い早いw
次回の記事も皆さんとは大違いに遅いUPになりますが、楽しみにして下さるのですね。
嬉しい、でっかい嬉しい、感動^^
って、アスさんは祭囃し編のネタバレ記事も楽しみにして下さっていたのですよね…。
うぅ…どんなものにしようか悩んでいますw
そして、それを書く時間すらままならないので、もう少しお待ちを~、すみませんw
楽しみに待って下さる方、全てに謝罪を…;
[ 2006/09/13 23:43 ] [ 編集 ]

最悪じゃない、最高です♪

>arurururuさん

どうも、arurururuさん!
レス遅くなって、毎度すみません。
こちらこそ、いつもTB&コメント、ありがとうございます!

>最悪の方向
確かに圭一たちの行為は、本来、人間の罪としてやってはいけないことをしていますよね。
でも、この場合の選択肢は合っていたと思います。
あのままレナが独りで行なっていれば、彼女自身は〝詩音〟と同じ運命を辿っていたかもしれないのですから!
実は、この罪は警察にはばれません…。
何といっても、リナと鉄平を良く知っている園崎家が少し絡むのですから!(ぇw

ところで、現代の世界では、いや我々が住んでいる星では、圭一たちの行為はしてはいけませんよね。
しかし、このひぐらしの罪滅し編の世界では、これは正しい…圭一たちは正しいのです。
これも、祭囃し編で明らかになるのですがね…;(何かネタバレ的なことを言って申し訳ないです)

今までの編で気付いたでしょうか。
アレは本当に自分の罪なのか? アレは本当に自分が望んでいたことなのか…?
これに気付けば大したものですよ~! 最後の一部の真相への道はすぐそこに!

(追伸)
不愉快だなんて、とんでもないです!
私は相手のコメント・意見を尊重します。
だって、私と違う意見を必ず皆さんはお持ちなのだから、それを受け入れなければコミュニケーションは出来ませんよ^^(ぁ
じゃんじゃん、言いたいことは言って下さい! それも、個人の自由に入るのですから!
[ 2006/09/13 23:38 ] [ 編集 ]

祭を楽しむのですよ、にぱ~☆

>ノイシュさん

どうも、ノイシュさん!
レス遅くなって、毎度すみません。
コメント、ありがとうございます!

あらあら、今回も反転しちゃったのね、ノイシュさん♪(By 鷹野 三四!?)
いやはや、読んで下さり、ありがとうございます!w (いいのかな?かな?w)

>ハッピーエンド
望むのは難しい、されど、惨劇を見届けるのなら、それはきっと…!
コンシューマー版で、それを味わって下さい!(ぇ

>今週のひぐらし
レナの痛々しい場面…一部、あるかもしれません。
三四と出会った図書館にて、過去の症状が…。
ここからは、真面目に見たほうが面白いです。
特に彼が過去のカケラを思い出す時は…!
あぁ~、土曜日まで待ち遠しいです;

>祭
確かに、あのCMでは恐怖が表れていましたね~。
「萌え」と「恐怖」のバランスですかぁ~、上手いこといいますねぇ、んっふっふw
私も買いですよ~。 でも、もう少しキャラデザを変えて欲しいなぁ~なんて…。
特にレナと梨花ちゃん!w
[ 2006/09/13 23:35 ] [ 編集 ]

ファイト、お~なのです、にぱ~☆

>一歩さん

どうも、一歩さん!
レス遅くなって、毎度すみません。
コメント、ありがとうございます!

>鉄平
レナの殺意が迫力満点でしたねw
文句なしの殺害には驚かされました。

>仲間との絆
あのシーンは中々のものでしたね。
ただ、もう少し感情的な描写にして欲しかったと思っていたのは内緒ですw
苦しみを分かち合う…まさに、その通りです。
でも、それは決して良くもなく悪くもない一時の幸せであること。
幸い、この世界では警察には…ばれないのですがね…。
その分、レナは辛い孤独な運命を背負うことに…;

>大石
さて、この世界では、彼はまた一暴れ!でもないですが、何かを起こすでしょう。
それは、大事なカケラだったりします、彼女を救う為の大事な…。

>34号文書
実はこれ、罪滅し編の最後で登場する名称なのです…。
つまり、後に有名になる奇怪な文書として、皆に知れ渡ります。
レナたちはどうなるのか…今までの編のどれかの運命に…遭います。

>ガンガンパワード
おお、見ているのですか~それは、良きことかな~w
私は大抵、コミックスだけを買う派になっていますよ、今ではw
早く発売されないか、待ち遠しいです。

>アニメロミックス
早速、ダウンロードですか。
で、試したところ、機種が対応せず!?w
あぅあぅあぅ、それは哀しいことです;
私もですよ…だって、最新の携帯に触れたことがありませんから;
って…梨花ちゃんボイスで、「ふぁいと、おーなのです、にぱ~☆」ですかw
うっわ、欲しい…携帯変えないとwww
[ 2006/09/13 23:26 ] [ 編集 ]

それは、罪なき重さ

>寂漣さん

どうも、寂漣さん!
レス遅くなって、毎度すみません。
こちらこそ、TB&コメントありがとうございますです!

確かにテーマが重すぎですね~、それでもコメントしてくれたのは嬉しい限りです。

>アニメロのCM
10回もですかぁ~、やりますねぇ~w
私なんて、15回くらい・・・。(爆)
まぁ、画像を編集してた分も合わせていますがね。(ぇ
ふふふ、CMまでフォローするのが無限クオリティですよ♪(どっかで聞いたようなw)

>DVDのCM
そちらでは、まだ第二巻のCMがやっていましたか;
ううむ、地方によって、違うようですね。
さすが、神奈川…ひぐらしが放送されるのが遅いだけ、CMだけは…優先されている模様です。(ぇ
[ 2006/09/13 23:22 ] [ 編集 ]

34号文書!?

こんばんは~☆

いやぁ・・・仲間っていいですなぁ(´Д⊂
無限さんの記事を見ると、更にそう思ってしまいます^^
レナの言葉(想い)の文の内容の一つ一つが素晴らしかったです。

しかし、仲間の絆の話は良かったのですが・・・やはり原作ほどの内容とはいかないですねぇ(´・ω・`)
次回のタイトルが34号文書で驚きましたよwww
もう残り話数も少ないので、相当突っ走ってますねwww

では、次回の記事も楽しみにしてますです~♪
[ 2006/09/11 23:28 ] [ 編集 ]

TBありがとうございます。

いつもTBありがとうございます。
私のほうからもTBをお返ししましたので、
よろしければ今後とも宜しくお願いします。


仲間の絆の話となっていますが、
私見では、最悪の方向に向かっているように思いました。
圭一が受け入れる事によって、
他のメンバーに拒否権が事実上無くなり、
ここまでずっと被害者だった沙都子までもが共犯になってしまったのです。
死体遺棄に加担することの罪の重さに気がついていないかのような
魅音の「忘れる事がゴール」発言も痛いです。
年少者を巻き込む年長者というのは、最悪の人間で嫌悪感倍増です。
共犯者として同じ十字架を背負っている人間のコメントとして白々しいのです。
レナも沙都子と梨花を死体遺棄に参加させなければ、
まだ私も同情の余地があったのですが、
未成年の年少者を巻き込んでしまっては、そんな余地もありません。

あくまでも私見ですので、
あそこで感動できないやつはけしからん!
と、気に障るようでしたら削除しちゃってください。


(無限さんの意に沿わないようなコメントの気がしたので、書き込みを止めようか迷ったのですが…)
[ 2006/09/11 14:44 ] [ 編集 ]

次回も覚悟して

無限さん、こんばんは~。

今回も反転のネタバレを読ませて頂きました。
ん~、ひぐらしにハッピーエンドを望むのは酷ということがよく分かりましたよ(苦笑)
ひぐらしのヒロインは皆とことん追い詰められて最後は暴走する運命にようですね・・・。
来週もきっとレナの痛々しい描写を見させられることになるんでしょう。何とか耐えられるよう覚悟して視聴に臨みたいと思います。

ちなみにCMとえば、今回流れた「祭」のCMがなかなか恐かったのを覚えています。
キャラクター面でも「萌え」と「恐怖」のバランスがよく取れてたと思いますし、これは一気に購買意欲が高まりましたよw
[ 2006/09/11 00:30 ] [ 編集 ]

こんにちはw

今回はとうとうレナが行動に出ちゃいましたね。
どちらの殺害シーンも、すごく恐ろしかったです。
特に鉄平殺害のシーンは、頭ばっくり割れてましたからね・・・また、いつの間にか鉄平の背後に立っていたレナが怖かったです(;・∀・)

なんだか仲間の絆を確かめ合うシーンはよかったですw
ひぐらしを見てきた中で、個人的には一番いいシーンだと思いましたwww
"殺人"という罪を隠すのはあまりいいこととは思えませんが、それでも仲間の苦しみを皆で分かち合えることは素晴らしいことだと思います。

そして大石さん、不気味でした・・・祟殺し編の大石さんを思い出しました。

34号文書、まったく意味がわからなかったのですが、鷹野さんのスクラップ帖だったんですねw

「帰巣性」 と 「ホームシック」 ・ 「うじ虫」 と 「オヤシロ様の祟り」 は本誌連載中の罪滅し編を読んでいるのでなんとなく予想がつきましたw
うじ虫のシーンはどの程度まで表現されるかわかりませんが、あんまり気持ち悪いと困ります・・・(ぁ

( ゚д゚)ハッ!そういえば、アニメロミックスで着ボイスが配信でしたか・・・w
登録しているので、早速ダウンロードしてきます。
・・・
(;゚д゚)ァ....機種が対応していませんでした・・・orz(ぁ
「ふぁいと、おーなのです、にぱ~☆」があったのに・・・悔しいです・゚・(つД`)・゚・

それではw
[ 2006/09/10 21:06 ] [ 編集 ]

無限さま

毎回、TBどうもです~
今回はテーマが重く、コメントするのが難しい回ですよね。

ところで、アニメロのCM、
梨花ちゃま可愛さにおもわず10回くらい繰り返し視聴したわけですが(ぉ
つい見返すたびにそこで思わず早送りを緩めてしまうんですよw
しかし、CMまでフォローしてあるのには、頭が下がりますm(_ _)m

こっちだと「ひぐらし祭」のCMが入っていたんですが、地方で違うのかな?
DVDはまだ2巻のCMしてます_| ̄|○
[ 2006/09/10 21:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://infinite3cosmos.blog66.fc2.com/tb.php/123-a691c4e9


ひぐらしのなく頃に 第23話

「罪滅し編 其の弐 還る処」レナはいつも幸せそうだな。何気ない一言がレナにとって...
[2006/09/11 23:47] URL アニメは声優 しゃっふる

ひぐらしのなく頃に 23話「罪滅し編 其の弐 還る処」

少女は、自分ががんばらなければと決意した。
[2006/09/11 22:23] URL こころに いつも しばいぬ

ひぐらしのなく頃に 第23話「罪滅し編 其の弐 還る処」

ひぐらしのなく頃に 第23話「罪滅し編 其の弐 還る処」わたしね、妊娠しているの…
[2006/09/10 22:36] URL 恋華(れんか)

ひぐらしのなく頃に・第23話

「罪滅ぼし編 其の弐 還る処」 父と付き合っている女性・リナ。彼女の目的は、父の
[2006/09/10 22:11] URL たこの感想文

ひぐらしのなく頃に 第23話

罪滅し編 其の弐「還る処」 レナの父の交際相手・間宮リナ。本名、間宮律子。 沙都...
[2006/09/10 18:50] URL Todasoft Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。