スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひぐらしのなく頃に 第20話 『目明し編 其の伍 冷たい手』

?アニメ ひぐらしのなく頃に 第20話 『目明し編 其の伍 冷たい手』 について?
※一部、原作を基に記していますので原作未プレイの人はご注意下さい。
でも、ほとんど自分の考えた言葉で書いています。(今までの記事もね☆)


【 そこに居たんだね… 】
悟史くん…井戸の奥底で眠っていたんだね。
私は必ず、その哀しみの闇から貴方を救う。
私は必ず、貴方を闇に葬った犯人たちを倒す。
私は必ず、貴方という光の存在を永遠に糧とする。

私は…貴方の為なら…なんでもする…。 そう…なんだって…。

【 梨花 VS 詩音 ?悪い姉猫退治・梨花の隠れた想い? 】
私は圭一に救いを求められた。
私は彼の期待に応える為、悪い姉猫を退治しに行くことを決意した。
だが、これはあまりにもリスクを伴うことだった。
私と悪い姉猫とは体格差が天と地ほど違うからだ。
でも、私は闘う…圭一の為に…そして、私自身の運命の為に…。

私は醤油を分けて貰うという理由を利用し、悪い姉猫の元を訪れた。
悪い姉猫と二人きりになりたいが為に、私は自分で瓶に醤油を入れたいと主張し、
彼女と共に台所まで行くことに成功した。
その廊下の途中、私は悪い姉猫を弄ぶように、ヒタヒタ、ペタペタと彼女の歩く足音に合わせていた。
そして、台所へ辿り着いた私たち…。
悪い姉猫が私に油断して、私に振り向いた瞬間…この時にしか私に分がない。
だが、今まさにその瞬間が訪れたのだ…。
私はポケットにしまっておいた催涙スプレーを手に取り出し、悪い姉猫にかけてやった。
何とか悪い姉猫の動きを封じることが出来た為、私は彼女の身体に馬乗りになり、
もう一つポケットにしまっておいた?注射器?を取り出し、彼女に刺そうとした。
しかし、悪い姉猫が予想外にも早く体勢を立て直した為、私は彼女に隙を見せてしまい、スタンガンをくらってしまった。
スタンガンでくらっても私は絶対に注射器だけは手を放さなかった。
もはや、悪い姉猫の顔は鬼の形相…もう何を言ったって、聞いてはくれないだろう。
今度は悪い鬼が私の身体に馬乗りになって、注射器をも奪い、それを私に刺した。
もう…これまでか…私の運命は…。 圭一…ごめんなさいなのです…。 ボクは彼女を治せなかったのです…。
私は悪い鬼(拷問狂)の拷問で殺されてたまるかと思い、先にこの世界から退場することを決意した。
近くにあった包丁を手に取り、まるでカラスがゴミを漁っているかのように自分の喉を包丁で何度も何度も突っついた。
?ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい?
こんな謝罪の言葉でさえ、今の私には滑稽に思えてくる。
あんたがどんなに謝っても、世界は変えられないのよ…。
そのように、私は何度も謝罪する彼女に言ってやった。


(このシーンは実は祭囃し編でさえも解明されていません。
なので、この梨花ちゃんの想いは私が勝手に考えて解釈させて頂きました。 祭囃し編以前に考えていたものです。)

【 沙都子に迫る狂鬼 ?勝利の飢えに? 】
悟史くん…やったよ!
これで、貴方を闇に葬った奴ら…園崎・公由・古手の御三家の奴らを全て葬ったよ!
やったやったやった…これで、貴方も安らかに眠れるよね…?
あ…まだ居たね…。 貴方をどん底の闇に追いやった全ての元凶が…。
梨花を倒した直後に、ちょうど、そいつから電話が掛かってきたのが幸いだったよ…。

そいつは醤油を分けて貰いに行った梨花がまだ家に帰って来ていないことを心配し、
私の所に電話を掛けてきたのだ。
これは使える…私の復讐劇の一部に組み込められる!
私はそいつに嘘をついた。
おかずを多く作りすぎてしまったから梨花にも夕食を振る舞っている…
だから、沙都子も来なよ…沙都子の分まであるから、と。
こうして、沙都子を私は地獄の拷問部屋へと招待することに成功したのである。

沙都子ぉ???????!!!!! 覚悟しなよぉ?????????????!!!!!!!!!
アッハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!!!!!!!!!!



(終)


<感想>
※今回は詩音の想いと梨花ちゃんの隠れた想いで記事を綴ってみました。

簡潔に書かせて頂きました。
やっぱり、梨花ちゃんと詩音の対決はいつ見ても哀しいですね…。(良い意味で)
次回は沙都子???;
梨花ちゃんと沙都子…彼女たち二人が非業の死を遂げる目明し編が次回で幕を下ろします。
詩音自身のあの不可解な結末の謎が少しは解ると思いますよ…。
アニメじゃ解るか保証は出来ませんがねw

<次回予告>
血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血
血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血
血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血
血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血
血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血血


次回タイトルは、 『 目明し編 其の六 断罪 』 です。
ついに目明し編 (真の綿流し編) 最後の物語。
『 君は…刻の涙を見る…。 』 (ぇw

スポンサーサイト

初めまして!!

>異界少女さん
どうも、初めまして~。
こんな昔の記事にコメントありがとうございます!!!

 >梨花の約束
  なるほど、やはり圭一との約束を守れなかったことに対して、己の無力さを梨花ちゃんは強く嘆いていたのですね。
  あの時の彼女はまた異質・・・。
  仲間との約束は、絶対に守りたいという彼女の想いに天晴れなのですよ。 
[ 2007/08/04 19:27 ] [ 編集 ]

古手梨花の切なさ

初めまして こんにちわ 古手梨花は、約束を守れなかった 己の無力を嘆いていた と思います。
そして、今、書いている時は、ひぐらしのなく頃に解 始まっていますから でも、予告のテロップ・・・良かったな と思います。では!
にぱぁー♡
[ 2007/07/28 14:48 ] [ 編集 ]

でっかいありがとうございます!

>なっきーさん

レス遅れて、すみませんです。

どうも、なっきーさん!
いつも楽しんで読んで下さり、感謝しております♪

いやぁ~、なっきーさんも私と一緒の梨花ちゃんの隠れた想いの記事を綴っていたので、さすがだなぁ~と思いましたよ!
被るかな~と思ったので、やめとこうかなと思いましたが、やはり載せたかったので載せました~w
梨花ちゃんの想いが少しでも伝わったようで、何だか自分としてはかなり嬉しいですよ!
あ~、奇跡は一人じゃ起こせないんですよね…はぅ;

圭一の後悔という言葉は、何も知らないからこそ、つい口走ってしまった罪なのでしょうね。
しかし、この時は圭一は自分の心配しかしていませんでしたからね…。
梨花ちゃんはここでは結局、報われないのも同然だったのでしょうね;
まぁ、次の編、罪滅し編で圭一の罪を許してあげるとしますか!(ぇw

次回、断罪…。
詩音の想いが詩のメロディのように果たして、こちらに届くのだろうか…。
非常にアニメの出来に心配ですが、楽しみですね。
もう、なっきーさん記事にしていますね、さすが視聴早い組!
いつもながら、素晴らしい記事で、楽しくいつも拝見させて頂いておりますよ^^
[ 2006/08/23 22:03 ] [ 編集 ]

でっかいコメントどうもです!

>arurururuさん

レス遅れて、すみませんです。

どうも、arurururuさん!
こちらこそ、改めまして今後ともよろしくですよ♪

詩音は怖いですね~、これが重要なんですけどね。(ぇ
梨花ちゃんの非業の死にはああいう理由が含まれていたわけですよw
ここで、暇潰し編の彼女を思い浮かべられれば上出来ですよ!(T▽T)

次回は沙都子…。
彼女の隠れた想いにも注目ですねぇ~、詩音には負けない気持ちに注目です!

詩音の謎の自殺についてですが、これはもうアニメでどう描かれるかで大きな分かれ目になりますw
原作は曖昧な表現でその描写を表していましたので、どうなることやら。
誰かと争った形跡…さぁさぁ、これがひぐらし世界の重要な要素になります。
これで、何かが閃けば、もう解への扉はもうすぐでしょうねw
ううむ、全ては次回のアニメの出来次第ですよ…やはり;
[ 2006/08/23 21:51 ] [ 編集 ]

梨花の想い

 無限さん、こんばんは。月の静寂、星の歌の なっきーです。
 いつも楽しみに読ませていただいていますよ。


 梨花の想い、私もほとんど同じように捉えていました。
 形にしていただいて、何だか嬉しかったです。
 私も、梨花自身勝ち目がとても薄いことを自覚しての、しかし圭一が追いつめられているのなら他に方法がないと思っての決死の突撃だと思っています。

 しかし体格差・能力差・喧嘩慣れの度合い、全てで負けていては奇跡さえも起きず……。
 (´・ω・`)ショボーン


 そしてちょうどこの頃。

圭一 『梨花ちゃんに話してしまったことを後悔し始めていた』
(♯アニメ綿流し編より)

 これですよ!?
 なんて罰当たりな……。
 この時点では「梨花の身が危険に」とかいう意味の「後悔」ではありませんし、あまりに報われません。

 村長が消える前に詩音が打ち明けていたと聞き、梨花が行方不明になったと聞いて初めて、その「後悔」の方向が変わるわけですけれど。
 その時点では、もう何もかも手遅れ……。


 来週は「断罪」。
 とうとう来るべきものが来るわけで、楽しみ(?)です。
[ 2006/08/21 01:07 ] [ 編集 ]

続きです

途中でコメントが切れてしまったので続きです。


詩音の投身自殺(?)の謎、
誰かと争ったという目撃情報から、
既に死んでいる魅音や梨花・沙都子でもない誰と争ったのか…。
対象となる人物は2人くらいしかいないと思うのですが、
今のところ確証が無いので、
その謎が解明されると信じて見逃せないところです。
でも沙都子にどんな拷問が待っているのかと思うと…。
[ 2006/08/20 22:22 ] [ 編集 ]

TBありがとうございます

いつもTBありがとうございます。
私の方からもTBをお返ししましたので、
今後ともよろしくお願いします。

詩音の暴走には前回・今回と見ているのがキツイです(汗)
綿流し編から、前回・今回・次回と被害者はわかってましたが、
まさか梨花があのような行為に走って返り討ちに会うとは想いませんでした。

次は何の覚悟もない沙都子が
鬼の巣へ迷い込むのかと思うと
恐くて恐くてたまりません。
詩音の投身自殺(?)の謎の解明
[ 2006/08/20 22:13 ] [ 編集 ]

どうもどうも、んっふっふ!

>一歩さん

どうも、一歩さん!
コメントありがとうございます。

梨花ちゃんと詩音の闘い…少しだけ描写が弱かった気がしますが、はっきりと観れて良かったです!
はい…このシーンは見事なまでに悲惨です…。 よく観れましたのです、にぱ~☆

>拷問狂
今の詩音は鬼隠し編の圭一、そして、祟殺し編の圭一、さらに目明し編の悟史と同じ狂気に駆られています。
でも、詩音だけは特別ですね…もはや、悟史の為と一つの事柄だけにしか目が行き届いていませんから。
そう、一歩さんがいう狂気の愛すらも、彼女は今、超えている状況なのです!

>次回予告
今までで一番、解りやすかったですよ^^
おかげで解読する手間が省けましたぁ~w
目明し編の最後…アニメの出来次第では、感動すると思います。
詩音の結末に注目ですねぇ~♪
[ 2006/08/20 21:40 ] [ 編集 ]

こんにちはw

なんといっても今回は梨花ちゃんと詩音の戦いはもう強烈過ぎました。
綿流し編の冒頭シーンは、ちょっと暗くしていたのでよく見えなかったのですが、今回ははっきりと・・・
あまりにも惨すぎます、あのシーンは。

何よりも詩音の冷酷さには恐怖を感じざるをえません。
「人を殺める」ことに対して、もはや何も感じていないかのような感じになってます。
さらに梨花ちゃんの言い放った「拷問狂」の一言。まさにその通りだと思います。
自分がケジメとして苦しんだ拷問を、今は相手に与えることで快感に近いものを感じてますからね。
「狂気の愛」も度を越しちゃってますね・・・(;・∀・)

そして予告のテロップ。
今までで一番はっきりしてましたね。
目明し編も最後みたいなので、心して見たいと思います。

それではw
[ 2006/08/20 19:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://infinite3cosmos.blog66.fc2.com/tb.php/102-b53148db


ひぐらしのなく頃に 第20話

■ひぐらしのなく頃に■
[2006/08/21 02:12] URL King Of ヘタレ日記

ひぐらしのなく頃に 第20話 冷たい手 感想

目明し編・其の五「冷たい手」の感想です。 今回はいつものように「楽しみました」…と気軽に言えない重たい内容でした。
[2006/08/21 00:27] URL 水平思考の果ての果て

ひぐらしのなく頃に 「第20話 目明かし編 其の伍 冷たい手」

嫉妬と怒りに燃えた詩音は、とても怖い。気になっていたシーンの結果。梨花は、自ら詩音を退治しようとして失敗したのですね。うぅぅ。
[2006/08/20 23:53] URL ゼロから

ひぐらしのなく頃に 第20話

「目明し編 其の伍 冷たい手」今週もゆきのん節が炸裂。先週スタンガンで気絶させた...
[2006/08/20 21:22] URL アニメは声優 しゃっふる

ひぐらしのなく頃に 第20話

目明し編 其の伍「冷たい手」 圭一に富竹と鷹野が死亡したことを告げ、その心理を呷...
[2006/08/20 17:26] URL Todasoft Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。