スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

.hack//Roots 第2話 『Twilight Brigade』

?アニメ .hack//Roots 第2話 『Twilight Brigade』 について?

黄昏たそがれの旅団 ?新たなメンバー? 】
ロストグラウンド (失われた場所) にて、
志乃はタビーを呼び、黄昏の旅団のギルドマスターであるオーヴァンと対面させる。
そして、タビーはオーヴァンに 『 初めまして! よろしくお願いしま?す! 』 と言い、
黄昏の旅団のギルドメンバーになる。
その後、オーヴァンはタビーをホーム(本拠地)に連れて行き、志乃はハセヲに会いに行くのであった。
【 志乃 と ハセヲ ?現実 と ゲーム? 】
志乃はログインしてきたハセヲに再び、出会う。
そして、二人は少し歩きながら、お互いに話をすることになった。
その中で、志乃はハセヲの心に影響させるようなことを言っていく。
志乃は、自分のことは?アンタ?ではなく、?志乃?と呼ぶようにとハセヲに促した。
それから、彼女は自分たちのギルド、黄昏の旅団に入らないかとハセヲに勧誘する。
だが、最初にハセヲが志乃のことについて疑問を抱いた?アンタは一体、オーヴァンの何なんだ??
という質問をその前にしてもらうようにと彼は言った。
志乃は、自分はオーヴァンが居ない時の代理のマスターであると答えた。
次にハセヲはどんなギルドかを訊き、黄昏の旅団という名を聞いた途端、
『 何かを探しているとか…。 』 と自然と呟いた。
そして、志乃は答えた。
?Key of the twilight?
これを探す為、黄昏の旅団が存在しているとハセヲに指し示し、その他にも何かを探していると志乃は言った。
その後、志乃は先程のギルドへの勧誘の質問の答えをハセヲに求めた。
すると、ハセヲは 『 オーヴァンは? 』 と志乃に訊くと、志乃は、 『 今? 新しく入ったメンバーと一緒。 』 と答えた。
ハセヲはその新しいメンバーを志乃が誘ったことを知ると、 『 断る。 』 と言って、ギルドに入ることを拒んだ。
ハセヲは自分だけが黄昏の旅団ギルドに必要なのではないかと強く思っていた為、そのように拒絶したのである。
つまり、自分以外に必要としている人間が居たことを知ったハセヲは、?じゃあ別に自分はギルドに居ても居なくても
同じか?と思っていたのである。
志乃は、そんなハセヲに 『 そっか、仕方ないね…。 解った。 ?必要?だけど、無理に入ってもらうことは
出来ないでしょ? 』
と言って、メンバーアドレスを渡し、メンバー登録させた。
そして、必要な時は、そのアドレスを使って、呼ぶようにと志乃は言って、その場から立ち去ろうとする。
しかし、志乃は急に立ち止まり、再び、ハセヲの心に影響させるようなことを言う。

志乃 『 それと、人と話す時は、??、見なきゃ駄目だよ。 』
ハセヲ 『 ……目って…?ゲーム?じゃん、これ。 CGの目、見たってしょうがなくね? 』
志乃 『 ゲームでも、ゲームだからこそ…かな。 そっぽ向いている人となんか、話したくないじゃない? 』
ハセヲ 『 意味、解んねぇ…。 』
志乃 『 ?赤ちゃん?はねぇ。 言葉が話せないから、母親の顔、ちゃんと見るんだよ? 』
ハセヲ 『 はっ? 』
志乃 『 赤ちゃんでも出来ること、君は出来ないの? 』
ハセヲ 『 なっ…。 』
志乃 『 それじゃあね! うふふ! 』


※ハセヲは赤ちゃん以下。 つまり、ハセヲは自分の本当の心を閉ざしていることを表している。

【 タビー と 匂坂さきさか ?パートナー? 】
「The World」の初心者のタビーは、オーヴァンの指示により、匂坂とパートナーを組むことになった。
そして、タビーは匂坂のサポートで、レベル上げをしていく。
パートナーといっても、今のタビーにとって、匂坂は良い意味での?レベル上げの為のパートナー?であった。
タビーは匂坂に、 『 匂坂さんしか居ないじゃん? 』 と自分のレベル上げを手伝ってくれるように、
元気で明るい声で懇願したのだ。
匂坂は、そんな彼女の頼み方に崩れ落ち、仕方なく、彼女の面倒を看ることになった。

【 フィロ と ハセヲ ?黄昏の旅団について? 】
フィロはハセヲに?黄昏の旅団?について、教えていく。

<黄昏の旅団>
・?Key of the twilight?という伝説のアイテムが 「The World」 内にあるものとして探している。
・小さいギルドで、人数は数人しかいない。
・ギルドメンバーの全員が、伝説のアイテムを信じているかは定かではない。

そして、フィロはハセヲに黄昏の旅団にかつて属していたという元メンバーに会わせてやると言った。
ハセヲは渋々、お願いするのであった。

<元メンバーの一人 ?興味?>
・オーヴァンという存在に興味を持って、黄昏の旅団に入団したが、それでも、彼のことは何も解らなかった。
・黄昏の旅団に入っても、利用されるだけである。

<元メンバーの一人 ?疑惑?>
・オーヴァンの左腕の武器のようなモノは、どうみても?チート(ゲームを改ざんした違法行為)?である。

【 巨大ギルド?TaN? ?直毘なおび? 】
TaNという巨大ギルドに所属するエンダーは?Key of the twilight?という存在を信じてはいないものの、
その未知なる力を欲していた。
そして、TaNのギルドマスターの直毘は、常に?オーヴァン?が興味を持ったモノに興味を持つという。
※黄昏の旅団と敵対するTaNの目的とは一体…!?

【 オーヴァン と ハセヲ ?伝説のアイテム? 】
オーヴァンは直に再び、ハセヲと出会う。
そして、彼はハセヲに?一緒に伝説のアイテム(Key of the twilight)を探さないか??と訊ねた。
ハセヲは、 『 …考えてみる。 』 と返事をし、オーヴァンは 『 それでいい。 』 と微笑みながら言った。
それから、ハセヲはオーヴァンの元を立ち去っていった。
※オーヴァンの企みは善か悪か…!?

【 フィロ と 直毘 ?謎の関係? 】
フィロと直毘は知り合いだった。
※一体、彼らの関係はどのようなものなのだろうか…!?


(終)

<感想>
リアルでの志乃は、もしかして家庭持ちの母親!?(ぇ
?赤ちゃん?というキーワードが出てきたので、何か想像してしまいました。( ̄ー ̄;
実際は、どうなのだろう…気になる?。
いずれは、ハセヲたちのリアルでの人間の実態が明らかにされるでしょうね。
いや、してもらわないと困りますので!(T▽T)
オーヴァンと直毘の関係も気になりますね。

スポンサーサイト
[ 2006/06/10 ] .hack//Roots 【終】 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://infinite3cosmos.blog66.fc2.com/tb.php/10-65c1a5aa


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。