スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

謝意

最近、ひぐらし問題を出題せずに申し訳ありませんw
来週からは、やっていこうと思いますので、よろしくです。
さぁ、まったり行こう!

(追伸)
オタクのカレンダーに、クリスマスは無い!」 (くじアン第6話予告より)
やっぱり、斑目さんは面白い!w
スポンサーサイト
[ 2006/11/26 ] その他 | TB(-) | CM(-)

ひぐらしのなく頃に 解 ?祭囃し編 クイズ其の弐?

【 ひぐらしのなく頃に 解 ?祭囃し編? ◇クイズ其の弐◇ 】
※でっかいネタバレ要注意ですので、原作未プレイの方はご注意下さい!

毎週、祭囃し編5問とお遊び問題5問を出題する予定。
一応、祭囃し編に沿った問題にしたいと思いますので、原作未プレイの方には本当にネタバレになります?、再度の警告です!
『 警告はした…。 あとは、貴方次第…。 』

<Web拍手関連>
(質問内容)
ひぐらしの鬼隠し編の主人公が掛け時計の裏に物的証拠として残した妄想?の注射器ですが、
本当に油性ペンだったのならどうして警察が発見した時には既に持ち去られていたのでしょうか?
ペンならそのまま放っておいても問題無いですよね?

(私的解答)⇒ 以下、反転して下さい。
これは、大石による操作撹乱を防ぐ一種の偽装工作でしょうね。
つまり、証拠の注射器が油性ペンだなんて知られたら、ますます圭一が残したメモが謎になりますよね。
大石はそういった謎を最小限に抑える為に、あえて油性ペンを持ち去っていったのでしょうね。
この厄介な事件を圭一が狂気犯人であると一つの結論に結び付けたかったのでしょうね。
(これは大石単独による行動?かもしれません)
こんな簡潔な私的解答でよろしいでしょうか?w
わざわざ拍手にて質問ありがとうございました♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。