スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハチミツとクローバー? chapter.5

?アニメ ハチミツとクローバー? 第5話 『そう、彼は……優しくしあうことを許されたのだ……』 について?

【 山田 あゆみ ?私も優しくし合いたい? 】
『 理花さんは先週、スペインに旅立った。 真山は一緒に行かなかった。
 旅立つ間際、二人に何があったのかは解らない。 でも、私には解る。
 時折、理花さんから入る電話に応じる声に、今までと微かに違う落ち着いた深い声が混ざる。
 そう、彼は優しくしあうことを許されたのだ…。 』
スポンサーサイト

ハチミツとクローバー? chapter.4

?アニメ ハチミツとクローバー? 第4話 『先に耐えきれなくなったのは俺だった。 気付いてはいたんだ……』 について?

【 花本 修司の願い ?過去を未来へと繋げて…? 】
『 (事故で亡くなった原田の)遺体を掻き集めて、何とか小さな葬儀を出した。
 理花は原田を送ることさえ、かなわなかった。
 目覚めた理花に残されたのは、一生付きまとう半身の苦痛と…
 小さな包み (原田の遺骨) だけ…。
 苦痛から逃れようと、彼女は何も食べなくなってしまった…。
 (死んだら、本当の意味で二度と原田に逢えなくなる!)
 理花は俺の言葉に呪われて、原田の後を追うことも出来なくなり、
 吐いても吐いても一生懸命、食べようとし、痛む身を引きずって、
 原田の残した仕事にのめり込んで行った。
 でも、俺には聴こえていたんだ。 彼女の背中からは常に声無き悲鳴が響いていた。
 先に耐えきれなくなったのは俺だった…。 気付いてはいたんだ…。

ハチミツとクローバー? chapter.3

?アニメ ハチミツとクローバー? 第3話 『信じらんねぇ・・・・・・9時間かかんだぞ・・・・・・!』 について?

【 In case of 野宮 & 山崎 ?傷付けることは恋愛じゃない? 】

鳥取での仕事先で働いている野宮と山崎。
彼らは砂丘にて、あゆみの話をする。
そこで、山崎に野宮は痛感させられる言葉を突きつけられた。

山崎 『 解んないなぁ…。 何で、お前の恋愛ってさぁ、傷付けるのが前提なの? 』
野宮 『 !? 』
山崎 『 俺は好きな子が出来たら、うんと大事にしようってずっと思ってきたぜ。
    普通、そうじゃないのか? 』
野宮 『 !?!?!? 』


その後、砂丘に突風が吹き荒れ、野宮の目に砂が入った。
まるで、それは野宮に?恋愛というモノを大事にしろ!?と砂丘が唸っているかの様子であった。

ハチミツとクローバー? chapter.2

?アニメ ハチミツとクローバー? 第2話 『……でも、そうでもしなきゃ思い知れないんなら、行くがいいさ……』 について?
【 In case of 竹本 & はぐ ?あの時の告白から? 】

シャックリが止まらなくなったはぐの元へ森田 忍がやって来て、?シャックリが100回続くと死ぬ?という
嘘の噂を彼女に吹き込んだ。 当然、はぐはその偽りの噂を実際に信じ込んでしまう。
そして、忍ははぐをいつものようにからかいながら、100回からカウントダウンを唱え始めると、
はぐはあまりの怖さから逃げ出し、忍は逃げ出す彼女を追いかけ回す。
途中、竹本が彼らのやり取りを垣間見ると、竹本はやれやれと言いながら、忍にラリアットをくらわした。
その後、竹本ははぐにシャックリの正統な止め方…二本の割り箸を水の入ったコップの上で交錯させ、
4箇所出来た扇形の部分から水を一箇所ずつ飲むという方法を教え、それを実践させた。
その方法により、はぐのしゃっくりは止まり、はぐは竹本に頬を赤らめながら、 『 ぁ、ありがとう 』 と言って、
すぐに立ち去って行った。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。